谷 好通コラム

2015年11月12日(木)

11.12.当事者だけの局所的C.C.では牽制にならない。

内部牽制とは、一つの流れの仕事に対して、
一つの立場からだけの人で完結せず、
違う立場の人と人が、
一つの流れの仕事を違う立場、違う角度で見て、実行し、
お互いに間違いがないように、牽制しながら仕事を間違いなく成すことです。

たとえば、仕入れに関しては、
何をどれだけ仕入れるのかを決めるのは、
東西の事業本部と開発であり、
実際にどこかに発注するのは経営企画本部の出荷事務所の購買課であり、
請求に対して支払いをするのは、財務部の経理課です。
お互いが違う立場で、この仕入れに関り、
万が一にも、公私混同や不正が入り込まないように成っています。

これと同じような牽制が、
IRに関ることにもなければならない。と、気が付きました。

開示の内容、決算などについては、必ず私も見るようになっていますが、
“発表の日時”のこととか、
その資料が出来る過程については、
IRに関る「当事者」だけがC.C.に入ったメールのやり取りで実行されていたのです。
つまり同じ視点、同じ方向からの視点だけで、
途中まで実行されていたのです。

開示される内容については、すべての役員が、
それぞれの視点から確認しますから、まず間違いは出ないはずなのですが、
その資料の作成途中を知らずでは、
最終的に間違いが発生する恐れがあります。

また、開示の予定日についてのメールのやり取りは、
直接のIR当事者だけがC.C.に入っているだけのメールでやり取りされ、
ひょっとしたら電話で、
当事者同士にしか聞こえない”会話”で進められたりします。

だから、今回のように”誤”記載が発生していても、
それが記載された記事そのものを見た者は掲載した者だけであり、
それが間違っているとしても、”当事者”たちは気が付かずだったのです。

それで、
発表予定日と記載された日の夕方になっても決算が発表されずに
株主の皆様からの抗議の言葉を見た私が騒ぎ出すまで、
当事者はもちろん、誰も気が付かなかったという情けない事態になったのです。

“たら”、”れば”ではありますが、
間違って記載されているその記事を、
間違ったその人とは違う立場の人が見てい”れば”、見"たら”
その間違いにすぐ気が付いたでしょう。

インターネットのコミュニケーションの優位性は、
一つのコミュニケーションを、
違う立場の人がC.C.とかMLで同時に持つことが出来て、共有して、
一つの視点からだけでは見えない間違いや弱点を、
違う立場の人のC.C.とかMLの多方向からの視点で、
一瞬のうちに見つけられるという強みです。
これこそ有効な内部牽制です。
当社でも、非常に多く利用します。
上の役職の者が下の役職の者からの視点で間違いを発見されていることもざらです。

そんなに便利で有用なC.C.とMLでのコミュニケーションを使わず、
ちょっと”専門的な部分”があるからといって、
みんなに見せても分らないかもしれないので、
「分る」当事者だけにC.C.を入れればいいという、
おごりを伴った「分っている人達」「当事者」意識で、
閉鎖的にしたコミュニケーションから出ずに、
一方向からの視点の当事者たちが、
幼稚な間違いにも気が付かないまま、重大な間違いを犯したのです。

その結果、
自分で稼いだお金でこの会社に投資してくれた
膨大な数の株主さんたちを裏切ってしまったのです。
悔しくも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

当然ですが、
この当事者たちには、
閉鎖的な会話である電話などで何かを決定することを禁止し、
案件などメールを送る場合、当事者以外の者が参加の社内MLを、
“例外なく”付けて発信することを約束してもらいました。

この種の間違いを根絶させるには、
多方向からの視点を確保するための、
当事者以外の部署の人を含むMLを例外なく使う約束と、
当事者の監査をすることとしました。
元々、営業もLABOスタッフも、誰も、
必ずC.C.や社内MLを使ったメールの発信を行っているので、
特別にこの当事者たちに罰を与える訳ではありません。
社内ルールの徹底を図るだけです。

当事者間に出来ている当事者内の閉鎖されたコミュニケーションを、
こじ開けることにしただけです。

行動を変えるしかありません。出来なければ変えるだけです。

Posted   パーマリンク

2015年11月11日(水)

11.11.きのうは、しっかりお灸を据えられた一日でした。

最初は、
東京証券取引所の「決算発表予定会社一覧」に
第一四半期決算発表の開示予定日を11月10日と記載しました。
しかし色々な都合があって、
一旦、11月9日に開示予定日を移動したのですが、
その後また、予定を11月10日に戻したことがありました。
しかし、
発表予定日の掲載だけを11月9日にしたままで、
11月10日に変更するのを忘れてしまったのです。

これは単純なうっかりでは済まされないことで、
多くの方からお叱りを受けました。
株価も一時は188円下げまで急落して、終値でも129円落ちで、
東証マザーズ市場での値下がり率が一時は1位、最終的にも3位と、
しっかりとお灸を据えられた感がありました。

私は、約束したことは何があっても守ることを信条としているはずなのに、
発表予定日を公の場で約束をして、
それを”うっかり”などという情けない理由で破ってしまったことを、
大変恥じ入っております。

せっかく自信を持って出したはずの、
みんなで作り上げた第一四半期決算を
こんなつまらないミスで、市場の不信を買い、台無しにしたような結果は、
悔しくて、たまりません。
しかし、今後、どのような仕組みを作って防いで行くのかが肝心なのでしょう。
「もっと注意する。」とか
「もっときちんと複数の人で確認する。」とか、
そんな「もっと・・」などというアナログな改善では、全くダメでしょう。
残念なことですが、同じミスは、同じ人がします。
「もっと注意する。」では、何の解決にもなりません。
組織の在り方、組織そのものの構造、役割の配置方法、
根本的なところを見直し、作り直していく必要があります。
考えさせられた今回の出来事でした。

たくさんの現場の人間が造り上げてきた成果を、
本当にくだらないミスで非現場が台無しにする現状がこの会社にあることを
深刻に受け止めるべきです。

Posted   パーマリンク

2015年11月10日(火)

【お詫び】「平成28年6月第一四半期」の決算発表予定日を誤掲載した件

当社は、「平成28年6月期第一四半期」の決算発表日を
平成27年11月10日の発表予定でありましたが、
東京証券取引所の「決算発表予定会社一覧」において、
平成27年11月9日と誤掲載をいたしておりました。

本件は当社の誤記載であり、
何ら決算発表を遅延する事象が生じたものではありません。
「平成28年6月期第一四半期」におきましては、
本日午前10時半より開催予定の当社取締役会における承認後、
速やかに開示する予定であります。

株主・投資家の皆様方には多大なご迷惑をおかけしましたことを、
深くお詫び申し上げます。
当社といたしましては、今後このようなことがなきよう、
厳重に留意してまいります。
誠に申し訳ありませんでした。

KeePer技研株式会社
代表取締役社長 谷 好通

Posted   パーマリンク

2015年11月09日(月)

11.09.キーパーコーティングの犠牲被膜としての意味

私達がキーパーコーティングの宣伝をする時、
新車で施工すると新車よりも美しくなると言います。
これは決してオーバーな表現でもなく、誇大広告でもありません。
車を左右に半分に仕切って、
たとえば、片側だけにクリスタルキーパーをかけると、
クリスタルキーパーを施行した側の艶と、そのままの側の艶では、
どなたの目で見てもはっきり判る「艶の差」があります。
明らかにクリスタルキーパーをかけた側の方が艶があり、色も濃く見えます。
これは、車の塗装の表面の凸凹を十分埋める厚みを持った透明な膜が、
塗装表面を覆うと、こういう現象が起きます。
また、これを化学的に安定的な無機質のガラス質の膜で作るところに
キーパーコーティングの特徴があるのです。

実際に実験してお見せすると、
どなたもが納得されることですが、
それを見て、しかし、
「こんなにいいものなら、自動車の製造工場で初めからやっておけばいいのに。
その内そうなって、カーコーティングなんて要らなくなるんじゃない?」
と、考えられる方も多いと思います。
実際にそうおっしゃる方もいます。

でも、そうではないのです。
車の車体を守り、美観を作り出しているのは車体表面の「塗装」ですが、
その塗装は時代とともに発達して、
今ではほとんどの車の塗装には色に関係なく、
一番上の塗装表面に「透明な塗装」を塗って透明感のある塗装になりました。
この透明な塗装を「トップクリア」と言います。

そのクリアを硬度の高いもの、
つまり硬い塗装にして傷つきにくくしたり、
逆に、柔軟かつ高密度の塗装で、
表面に傷がついても、自分でその傷部分が膨らんで埋め修復してしまう、
「傷自己修復機能塗装」という魔法のような塗装まで出来て、実用化されています。
塗装は、発達して優れた美観を持っただけでなく、
フッ素樹脂塗装のように「汚れにくい機能」を持たせた塗装など、
色々な機能を持った塗装が出てきていますが、
それでも「車は汚れ続け」「塗装は傷つき続き」美観が損なわれます。

塗装はそれ自体をどんなに強くしたり、機能を持たせても、
紫外線や摩擦、酸性雨、油性汚染物質などで、
遅かれ早かれ、徐々に汚れ、痛んでいきます。

そこで活躍するのがキーパーコーティングです。
塗装の上に塗られて、塗装の身代わりとなって、環境からの攻撃を受け止めて、
塗装の身代わりに汚れ、
塗装の身代わりとなって摩擦を受けて傷つき、
ある程度の汚れと傷を受け止めたら、
「再施工」で、膜もろとも入れ替えられて、
塗装の上には、また新しいクリスタルキーパー膜が形成されて、
「美観」を作り出し、塗装と共に車体を守ります。
これがカーコーティングとしてのクリスタルキーパーの役目です。

言い方を変えると、
キーパーコーティングを始めとするカーコーティングは、
塗装の上に塗られて、
塗装が受けるあらゆる攻撃を、
自らが犠牲となって受けて、傷み、劣化して、
ある程度痛み劣化したら、
「繰り返しの施工」で、入れ替えられる。
入れ替えは、塗装にまったく悪影響を与えず、簡単に出来なければならない。

キーパーコーティングとは、
塗装にとっての「犠牲被膜」であり、
自らが犠牲になって塗装を守り、
自らが汚れ、傷ついたら、
塗装に悪影響なく、破膜が簡単に、何度でも、入れ替えられて、
車全体の美観を、長く守る。

キーパーコーティングとは、
すなわち「犠牲被膜」と言えます。
自動車が長年に渡って使われていく過程で、
自らを犠牲として汚れ、痛んで、
その末に入れ替えられて、
元々よりもすぐれた美観を作り出していく「犠牲被膜」と言えます。

だから、キーパーコーティングは、
新車を作る製造工場で1回だけの施工をするものではなく、
自動車が使われていく過程、
普段の生活の中で繰り返し施工され、
繰り返されることによって役に立っていくものなのです。
だから、
新車の製造工場で施工されるものではないのです。


Posted   パーマリンク

2015年11月08日(日)

11.08.雨が降る日の猫はとことん眠い。一緒にゴロゴロ

マウスピースは大成功でした。
口の中にマウスピースを入れているのに、
その存在を忘れてしまうほど自然に受け入れることが出来たのは、
マウスピースを作ってくれた古橋先生が上手かったのでしょう。
上下の歯にピタッとマウスピースを入れていると、
下の顎が少し前に出て気管が開くのです。
それで無呼吸状態にならないらしいのです。
しかもマウスピースの存在が気にならなかったので、
目が覚めずに、
昨夜は、実感できる熟睡をしたのです。
今までは、朝、目が覚めた後も、頭の中に眠気の塊があったのに、
今日は熟睡の名残が表面に残っているだけで、頭ん中はすっきりしています。

ならば、今日は元気に活動が出来たのかというと、
反対に、一日中ゴロゴロして、時おり居眠りしながら、だらだらしていました。
不思議ですね。気持のいい睡眠が出来たら、もっと寝たいと思うのですね。
しかも、
しかも、外は「雨」。
「雨の降る日、猫はとことん眠い」というではありませんか。

先週、SGT大分のオートポリス戦をJ-SPORTを見てサボってしまったので、
久しぶりの休みとは言えませんが、
私には珍しく何のスケジュールも入っていない日曜日です。
何もしないでゴロゴロするのが私は苦手なはずですが、
なにせ、「雨の降る日、猫はとことん眠い」ですから、
私の相棒、猫のチーちゃんが、私の横でゴロゴロと寝ているので、
私もその気になって、
一日中、ゴロゴロしてしまいました。
時おり、居眠りしながらです。

明日から、またびっしりのスケジュールが入っています。

相棒のチーちゃん。

画像(550x365)

ゴロゴロしていて、居眠りもするのに、頭の中は青空のようにすっきりです。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.