谷 好通コラム

2015年11月08日(日)

11.08.雨が降る日の猫はとことん眠い。一緒にゴロゴロ

マウスピースは大成功でした。
口の中にマウスピースを入れているのに、
その存在を忘れてしまうほど自然に受け入れることが出来たのは、
マウスピースを作ってくれた古橋先生が上手かったのでしょう。
上下の歯にピタッとマウスピースを入れていると、
下の顎が少し前に出て気管が開くのです。
それで無呼吸状態にならないらしいのです。
しかもマウスピースの存在が気にならなかったので、
目が覚めずに、
昨夜は、実感できる熟睡をしたのです。
今までは、朝、目が覚めた後も、頭の中に眠気の塊があったのに、
今日は熟睡の名残が表面に残っているだけで、頭ん中はすっきりしています。

ならば、今日は元気に活動が出来たのかというと、
反対に、一日中ゴロゴロして、時おり居眠りしながら、だらだらしていました。
不思議ですね。気持のいい睡眠が出来たら、もっと寝たいと思うのですね。
しかも、
しかも、外は「雨」。
「雨の降る日、猫はとことん眠い」というではありませんか。

先週、SGT大分のオートポリス戦をJ-SPORTを見てサボってしまったので、
久しぶりの休みとは言えませんが、
私には珍しく何のスケジュールも入っていない日曜日です。
何もしないでゴロゴロするのが私は苦手なはずですが、
なにせ、「雨の降る日、猫はとことん眠い」ですから、
私の相棒、猫のチーちゃんが、私の横でゴロゴロと寝ているので、
私もその気になって、
一日中、ゴロゴロしてしまいました。
時おり、居眠りしながらです。

明日から、またびっしりのスケジュールが入っています。

相棒のチーちゃん。

画像(550x365)

ゴロゴロしていて、居眠りもするのに、頭の中は青空のようにすっきりです。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2015年11月07日(土)

11.07.みんなが聞こえる声を出せるのに出さない人

会議の中で、発言者が、みんなが聞こえるような大きな声が出せず、
「聞こえないので、大きな声で話しなさい。」と注意されても、
最初だけは声に力を込めたような素振りをするが、
実際には、まったく声は大きくならず、
絞り出すような感じだけでボソボソと小声を出して、
”聞こえる”声を、まったく出そうとしない人がいます。
こういう人は、
大きな声を、出”せ”ないのか、出”さ”ないのか、
その人の声帯に肉体的な障害があるのでなければ、
出"せ”るはずなので、
やはり、出”さ”ないのでしょう。

なぜ出せるのに、出さないのか。

聞いている相手に聞こえるかどうかよりも、
何か優先することがあって出さないのでしょうか。
出さないと何かいい事があるのでしょうか。
私はいつも不思議で仕方がないので、
その人の気持ちになってみようとするのですが、やっぱり分りません。

不思議です。

これって何かに似ているような気がします。
読むべき本があって、
読めばいい事があるのに、読めるのに、読まない。
書けばいいのに、
書けばきっといい事があるのに、書かない。
なにがそうさせているのか。

あるいは、
よくニュースをにぎわしているイジメで、
イジメの現場を見ているのに、それを誰も止めようとしない同級生たちがいて、
止めようとすれば、止められるのに、止めようとしない不思議な現象は、
大きな声を出せば出せるのに、
なぜか出さない、この現象に似ているなと思いました。

何がそうさせているのでしょうか。
似ているようなことがいっぱいあります。

やればいいのに、やれば出来るのに、
なぜか、やらないことっていっぱいあります。
自分の中の何がそうさせているのでしょうか。

勇気がないからとか、
決断が出来ないからとか、
そんなオーバーなことではなくて、
ほんのちょっとしたことが、自分を、やらない人にしているのでしょう。
そのほんのちょっとしたことって何なのでしょうか。

ひょっとしたら、、
“やりたい”と思うか、思わないか、だけなのではないでしょうか。

みんなが聞こえる声を出せるのに、出さない人は、
出したくないから、出さないのではなく、
出したいと思わないから出さないだけなのでしょう。

その本を読みたい。とは思わないから読まないのでしょう。
書きたい。と思わないから書かない。
そのイジメを止めたい。と思わないから止めないのでしょうか。

私達の商売は、
お客様のお車をプロの技術で、素晴らしくキレイにすることです。
そのための技術を技術スクールでたくさんの人にお伝えし、
その為のケミカルなどの道具を提供します。
しかし技術を身に着けて、
プロの仕事が出来るようになって、
お客様のお車を素晴らしくキレイに出来るようになっても、
お客様の車をキレイにしたい。と思わなくては、お客様の車はキレイになりません。

キレイに出来ることと、キレイにすることとは別で、
お客様のお車をキレイにして、
お客様が喜ぶ事を嬉しいと思い、それを楽しみにして、
お客様を喜ばせたい。
だから、お客様のお車をキレイにしたい。と思えば、
お客様のお車はキレイになります。

でも、
大きな声が出せるのに、
出したいと思わないので、出さない人と同じで、
キレイにして、お客様が喜ぶ事に、自らの喜びを見い出せない人は、
お客様のお車をキレイにしたいとは思わないので、
お客様のお車はキレイになりません。
大きな声が出ないのと似ています。
ここは、価値観の問題かもしれません。

Posted   パーマリンク

2015年11月06日(金)

11.06.とりあえず70歳まで、馬車馬のように仕事をするために

私は、非常に面倒な睡眠検査の結果、
重症の無呼吸症候群であると判明して、その治療のために
特効的な効果がある「C.PAP」という装置を睡眠時に着けることになりました。
しかし、これを着けると、
眠ってから、口から勢いよく空気を出してしまって、
私はまるで”ゴジラ”の様になってしまい、眠れないので
あきらめ、C.PAPを挫折したのです。

無呼吸症候群とは、
本人が苦しいわけでもなく、
昼間、眠気が強くなって車の運転に注意をしなければならなくなる程度なので
まっいいか。とも思うのですが、
この無呼吸症候群を放っておくと、
なぜか、脳梗塞とか心筋梗塞になる確率がぐんと高くなるそうなのです。

私は、70才までは、仕事の最前線で馬車馬のように働くと決めましたので、
現在63才、あと7年は健康で仕事を続けるために、
やっぱり無呼吸対策はすべきかと思って、
C.PAPの次に有効とされている「マウスピース」をやってみることにしたのです。

このマウスピースなるものが、
どういうものか説明すると大変ややこしいので、
書くのも面倒くさいし、読む方も興味ないでしょうから飛ばして、
いずれにしても、今晩からマウスピースを口にはめて寝るのです。

昔は、ポックリ病などと言って、
朝、家族が起きたら、お父さんが、突然、寝床で、死んでいた。
なんてことをよく聞きましたが、
そのほとんどは無呼吸症候群からの脳梗塞や心筋梗塞の発作だということです。
そう思うと、今は、それがそれなりの病名をつけられて、
“突然”ではない、ちゃんとした病死であるように認識されますが、
死んだ本人からすれば、今も昔も変わらず、単なるポックリ病の死です、

あと七年、100%の仕事をするのですから、
そう簡単に、ポックリ逝くわけには行かないので、
とりあえず、その努力の一端としてマウスピースです。
今、そのマウスピースを装着して、これを書いているのですが、
今の瞬間、ギブアップしそうです。

Posted   パーマリンク

2015年11月05日(木)

11.05.「水が使える動画スタジオ」とデザイン事務所。

来年3月中、遅くとも4月初旬には完成予定で、
「水が使えるスタジオ」とデザイン事務所、会議室を持った施設を建てます。
昨日、その地鎮祭を行ったので、今日から本格的な工事が始まります。

先日も書きましたが、
KeePer技研鰍ノは7名のプロのデザイナーがいて、
看板、チラシ、パンフレット、提案書、マニュアルなどなど、
広告や宣伝に関るあらゆるデザイン、制作をすべて自前で行っていて、
このことが非常に大きなKeePerの力になっています。

しかし今は、すっかり動画がWebの主流になって来ていますので、
自前のスタジオを持って、
Web上のキーパーコーティングや洗車などの商品メニューを
すべて動画で撮って表現したり、商品の説明や、
店舗やスタッフの紹介、等々を動画で制作したら、
すごくいいだろうなと考えたのです。

ならば、洗車とかコーティングの動画ですから「水」がつきものなので、
「水をジャブジャブに使えるスタジオ」が要ります。
そんな設備を自分たちの自由につかおうと思えば、
これは国内でも珍しい設備になるそうなので、
自前で造るしかないな、と、なったわけです。

そして、スタジオであると同時に、
自然の太陽光と同じ光を出すことが出来る特殊なライトも設置し、
ドイツSONAXの最新の開発実験室と同じ様な能力も持たせることにしています。
その為に、
11月に夏のキーパー選手船全国入賞者の報奨旅行でドイツに行きますが、
その時SONAX本社にも行きますので、(私は行きません)
この「スタジオ」の設計の建築士先生をドイツに一緒に連れて行って、
SONAXの開発実験室を見せ、どんな道具を加えたらいいか勉強をしてもらいます。

これは必要に迫られて造るのではなく、計算づくでもなく、
こういう設備を自前で造り持つことによって、
今までにない新しい可能性が切り拓かれる様な
そんな予感がして、造ることにしたのです。
先進の力を持つ時というのは、こういう風なのではないでしょうか。

と言っても、
約10年前に今の本社を造った時の投資に匹敵する大きな投資です。
必要に迫られている訳でもないのに、
予感とか、そんないい加減なものが根拠で
巨額の投資をしていいのか。と、叱られそうですが、
こういう設備は、欲しいと強く感じたので、
こういう直観は、今までも合っていた場合が多かったので、大丈夫です。

直感ですから100%はありませんが、
どのみち事務所は完全に狭くなっていて増やさなければならなかったし、
会議室も、トレーニングブースも足らなくなっていたので、
色々な兼用が考えられるので、
間違っても、無用なものになって廃墟になることはありません。

でも、ちょっとドキドキです。
292坪の土地の取得まで入れて約2億円かかります。真剣です。

画像(550x393)
画像(550x393)

今日の昼は、うどんのチェーン店「どんどん庵」で、
私は「温玉カレーうどん」と、ナスとエビのてんぷらを食べました。
少々カロリーオーバー気味です。

連れ合いは、
蕎麦とサンマのてんぷらとわさび稲荷を食べました。

私達は、このどんどん庵の常連で、
週一か週二で行きます。うどんが大好きなのです。
経済観念は、狂っていません。大丈夫です。☺

画像(450x299)
画像(450x299)

Posted   パーマリンク

2015年11月04日(水)

10.04.自分の未来を自分で変えるには

自分の過去も、他人の過去も、
もう決定しているので、もう変えられません。
しかし、お互いに自分の未来は自分の意志で変えられます。
なのに、過去にこだわって、
未来に制限を加えることは、いかにも勿体ないことに思えます。

他人の未来は、その人が決定するので、
自分は、他人の未来を変えることは出来ないので、
他人に変わることを要求するのは、無理難題であると言えます。

結局、自分が変えられるのは、
自分の未来だけなのでしょう。
だから、自分の未来は他人には決められないのに、
他人のせいで自分の未来が制限されているとしたがる人は、
自分で造った束縛に身を任せて、
怠惰な安楽に浸っているだけなのではないでしょうか。
制限に身を委ねることは、
制限の中だけで生きれいればいいのですから、ある意味、安楽です。

自分の未来を、
自分で変えられることを知っている人こそ、自由なのでしょう。
自由な人とは、
自分を自在に変えられ、自分の未来を自在に決められるはずです。
自由とは、自分の未来を、自分で決定する事に他なりません。

自分を自分で変えるのは、
自分の行動をほんのちょっとだけ変えれば、変えられます。
何も大げさに考えることはありません。
たとえば自分の言葉を、
ほんのちょっとだけ自分の意志で変えれば、
次の瞬間から、つまり次の未来から、
ほんのちょっとだけですが、もう変わっています。
そのほんのちょっとを、いくつも重ねると大きな変化になって、
自由って、実は、こんなことなのではないでしょうか。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.