谷 好通コラム

2015年11月06日(金)

11.06.とりあえず70歳まで、馬車馬のように仕事をするために

私は、非常に面倒な睡眠検査の結果、
重症の無呼吸症候群であると判明して、その治療のために
特効的な効果がある「C.PAP」という装置を睡眠時に着けることになりました。
しかし、これを着けると、
眠ってから、口から勢いよく空気を出してしまって、
私はまるで”ゴジラ”の様になってしまい、眠れないので
あきらめ、C.PAPを挫折したのです。

無呼吸症候群とは、
本人が苦しいわけでもなく、
昼間、眠気が強くなって車の運転に注意をしなければならなくなる程度なので
まっいいか。とも思うのですが、
この無呼吸症候群を放っておくと、
なぜか、脳梗塞とか心筋梗塞になる確率がぐんと高くなるそうなのです。

私は、70才までは、仕事の最前線で馬車馬のように働くと決めましたので、
現在63才、あと7年は健康で仕事を続けるために、
やっぱり無呼吸対策はすべきかと思って、
C.PAPの次に有効とされている「マウスピース」をやってみることにしたのです。

このマウスピースなるものが、
どういうものか説明すると大変ややこしいので、
書くのも面倒くさいし、読む方も興味ないでしょうから飛ばして、
いずれにしても、今晩からマウスピースを口にはめて寝るのです。

昔は、ポックリ病などと言って、
朝、家族が起きたら、お父さんが、突然、寝床で、死んでいた。
なんてことをよく聞きましたが、
そのほとんどは無呼吸症候群からの脳梗塞や心筋梗塞の発作だということです。
そう思うと、今は、それがそれなりの病名をつけられて、
“突然”ではない、ちゃんとした病死であるように認識されますが、
死んだ本人からすれば、今も昔も変わらず、単なるポックリ病の死です、

あと七年、100%の仕事をするのですから、
そう簡単に、ポックリ逝くわけには行かないので、
とりあえず、その努力の一端としてマウスピースです。
今、そのマウスピースを装着して、これを書いているのですが、
今の瞬間、ギブアップしそうです。

Posted   パーマリンク

2015年11月05日(木)

11.05.「水が使える動画スタジオ」とデザイン事務所。

来年3月中、遅くとも4月初旬には完成予定で、
「水が使えるスタジオ」とデザイン事務所、会議室を持った施設を建てます。
昨日、その地鎮祭を行ったので、今日から本格的な工事が始まります。

先日も書きましたが、
KeePer技研鰍ノは7名のプロのデザイナーがいて、
看板、チラシ、パンフレット、提案書、マニュアルなどなど、
広告や宣伝に関るあらゆるデザイン、制作をすべて自前で行っていて、
このことが非常に大きなKeePerの力になっています。

しかし今は、すっかり動画がWebの主流になって来ていますので、
自前のスタジオを持って、
Web上のキーパーコーティングや洗車などの商品メニューを
すべて動画で撮って表現したり、商品の説明や、
店舗やスタッフの紹介、等々を動画で制作したら、
すごくいいだろうなと考えたのです。

ならば、洗車とかコーティングの動画ですから「水」がつきものなので、
「水をジャブジャブに使えるスタジオ」が要ります。
そんな設備を自分たちの自由につかおうと思えば、
これは国内でも珍しい設備になるそうなので、
自前で造るしかないな、と、なったわけです。

そして、スタジオであると同時に、
自然の太陽光と同じ光を出すことが出来る特殊なライトも設置し、
ドイツSONAXの最新の開発実験室と同じ様な能力も持たせることにしています。
その為に、
11月に夏のキーパー選手船全国入賞者の報奨旅行でドイツに行きますが、
その時SONAX本社にも行きますので、(私は行きません)
この「スタジオ」の設計の建築士先生をドイツに一緒に連れて行って、
SONAXの開発実験室を見せ、どんな道具を加えたらいいか勉強をしてもらいます。

これは必要に迫られて造るのではなく、計算づくでもなく、
こういう設備を自前で造り持つことによって、
今までにない新しい可能性が切り拓かれる様な
そんな予感がして、造ることにしたのです。
先進の力を持つ時というのは、こういう風なのではないでしょうか。

と言っても、
約10年前に今の本社を造った時の投資に匹敵する大きな投資です。
必要に迫られている訳でもないのに、
予感とか、そんないい加減なものが根拠で
巨額の投資をしていいのか。と、叱られそうですが、
こういう設備は、欲しいと強く感じたので、
こういう直観は、今までも合っていた場合が多かったので、大丈夫です。

直感ですから100%はありませんが、
どのみち事務所は完全に狭くなっていて増やさなければならなかったし、
会議室も、トレーニングブースも足らなくなっていたので、
色々な兼用が考えられるので、
間違っても、無用なものになって廃墟になることはありません。

でも、ちょっとドキドキです。
292坪の土地の取得まで入れて約2億円かかります。真剣です。

画像(550x393)
画像(550x393)

今日の昼は、うどんのチェーン店「どんどん庵」で、
私は「温玉カレーうどん」と、ナスとエビのてんぷらを食べました。
少々カロリーオーバー気味です。

連れ合いは、
蕎麦とサンマのてんぷらとわさび稲荷を食べました。

私達は、このどんどん庵の常連で、
週一か週二で行きます。うどんが大好きなのです。
経済観念は、狂っていません。大丈夫です。☺

画像(450x299)
画像(450x299)

Posted   パーマリンク

2015年11月04日(水)

10.04.自分の未来を自分で変えるには

自分の過去も、他人の過去も、
もう決定しているので、もう変えられません。
しかし、お互いに自分の未来は自分の意志で変えられます。
なのに、過去にこだわって、
未来に制限を加えることは、いかにも勿体ないことに思えます。

他人の未来は、その人が決定するので、
自分は、他人の未来を変えることは出来ないので、
他人に変わることを要求するのは、無理難題であると言えます。

結局、自分が変えられるのは、
自分の未来だけなのでしょう。
だから、自分の未来は他人には決められないのに、
他人のせいで自分の未来が制限されているとしたがる人は、
自分で造った束縛に身を任せて、
怠惰な安楽に浸っているだけなのではないでしょうか。
制限に身を委ねることは、
制限の中だけで生きれいればいいのですから、ある意味、安楽です。

自分の未来を、
自分で変えられることを知っている人こそ、自由なのでしょう。
自由な人とは、
自分を自在に変えられ、自分の未来を自在に決められるはずです。
自由とは、自分の未来を、自分で決定する事に他なりません。

自分を自分で変えるのは、
自分の行動をほんのちょっとだけ変えれば、変えられます。
何も大げさに考えることはありません。
たとえば自分の言葉を、
ほんのちょっとだけ自分の意志で変えれば、
次の瞬間から、つまり次の未来から、
ほんのちょっとだけですが、もう変わっています。
そのほんのちょっとを、いくつも重ねると大きな変化になって、
自由って、実は、こんなことなのではないでしょうか。

Posted   パーマリンク

2015年11月03日(火)

11.03.「不快無き居心地の良さ」上溝店、相模原店、事務所、ウナギ

一昨日の関東のLABO店舗巡りの最終と、プラスαです。

LABOの店舗は、更地に新築する場合と居抜きがありますが、
それぞれの店舗が持っている条件によって、
広かったり、狭かったり、ゲストルームも色々なパターンがありますが、
共通する点は「不快無き居心地の良さ」をテーマにして造っています。

思い浮かぶ不快。
寒い、暑い、うるさい、やかましい、臭い、怖い、うっとおしい、つまらない、煩わしい、等々

決して暑くなく、寒くなく、
じっとお待ちになるお客様の温度感覚は、
外で動き回っているスタッフの私達には解からないので、
温度計でデジタルにコントロールをして、
特に足元が冷えないように、シーリングファン、サーキュレーターを使う。
物音を立てられないくらい静かすぎる怖い不快を無くすために
待合室の中には有線でちょっと小さすぎるくらいの音量でジャズが流れ、
あくまでも無臭で、香水もなく、
一緒の空間に待つ赤の他人とは目線を合わせることなく居られるように、
豪華でなくとも、尻が痛くなったり、腰が痛くなるような椅子ではなく、
明るすぎず、暗すぎず、白い灯りで、
お待ちいただく時間を、スマートフォンを快適に使えるようにWiFi環境で、
たまには、漫画でもどうぞ。

最大、クリスタルキーパーの標準施工時間である1時間半を、
不快無く過ごしていただけるように、
出来うる限りの気配りをします。

快適を待ち時間を考える前に、
決して不快ではない待ち時間の提供を考えることが、
結局、一番快適な待ち時間になるのではないか。

不快無き居心地の良さ。
リピートのお客様の積み重ねが事業の成功の基本として、
リピートしたくなる高品質の商品を提供するならば、
リピートしたくなくなるような「不快」があったら台無しになるので、
快適である前に、徹底して不快を取り除こうとします。

ご自分の車がキレイになることが目的なので、
待ち時間が目的になることはあり得ないので、
目的となるような快適さを造ったとしても、それは大きなお世話なので、
不快無き居心地の良さが、お客様に対して最適なのではないでしょうか。

倉庫型【LABO上溝店】のゲストルームは、
中で座っていると、なかなか居心地が良くて、いい感じでした。

画像(640x424)・拡大画像(800x530)

オートバックスの駐車場に造られている
【LABO相模原店】のゲストルームは、まるっきりプレハブのコンテナですが、
これはこれで、意外と居心地がいいのです。

ただ、スタッフルームはLABOの中でも一番狭くて、
不快なき居心地の良さとまでは行きません。
それでも、相模原店の渡辺君は、
いつもお客様の喜びに接しているので、明るく元気でした。

画像(520x345)

明るい小澤君と働き者の飯野君。

画像(550x365)

山下恭平店長と小泉チーフは、いいコンビです。

画像(550x365)

ここまでで関東のLABO巡りの1日目は終わりで、
とりあえず名古屋に帰ると、事務所では、
キーパー選手権に向けての仕事をデザイナーさんたちががんばっていました。
佐伯デザイナーと伊藤デザイナー。

画像(550x365)

難航したのぼりのデザインは、
コンペティションの結果、伊藤デザイナーの作品に決まりました。

画像(292x550)

そのあと事務所の近くにある「ウナギ屋」に、
若い子たちと、名古屋名物「ひつまぶし」を食べに行きました。
全員、中央トレセンの2階の「寮」の住人です。
左から鳴海店店長の竹内智君、大府店の松岡君、
11月25日開店予定「福岡春日店」赴任予定の増田君。福岡営業所から岡崎店店長で勉強中の新藤課長。
福岡春日店の店長に予定で、今、甚目寺店店長として勉強中の山本信君。
(一人だけ変な顔をしていますが、たまたまです。)
最後に、沖縄からやってきたベテランになりつつある玉城シニアスタッフ。
全員、大きな「ひつまぶし」をペロッと平らげていました。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

「11.03.「不快無き居心地の良さ」上溝店、相模原店、事務所、ウナギ」の続きを読む

Posted   パーマリンク

2015年11月02日(月)

11.02.「洗車と平均単価の関係」足立店、八王子店、

一昨日の関東のLABO巡りの続きです。

【LABO足立店】です。
足立店はずいぶん長い間、毎月LABOの日本一を続けましたが、
三年ぐらい前から4月、5月、6月は、
雪解けシーズンの「LABO札幌店」に日本一を奪われるようになりました。
札幌店が出した日本最高の記録は1,450万円にも上ります。

ところが、先月の10月、
雪が降り始めた札幌店に、またもや日本一を奪われてしまったのです。
雪国、札幌は、
雪融けシーズンだけでなく、
雪の降り始めシーズンまで、
カーコーティング需要において、東京の23区内の店舗を越したのです。

10月の半ば時点で、
足立店は札幌店に100万円ぐらいの差をつけられていたのです。
もうずっと日本一の座は渡さないぞという勢いだったのです。
ところが、一昨日の月末報では、
なんと足立店は8,392,989円で、
札幌店の8,516,302円にあと約12万円にまで迫っていました。
あと二三日あったら引っ返していたかもしれない凄まじい追い上げです。
それでも、結局、足立店は札幌店に追いつき追い越せませんでした。

足立店と札幌店の差は、1台当たりの平均単価です。
10月の足立店が7,324円/台に対して
札幌店は10,699円/台です。
これは、比較的単価の低い「洗車」の総来店台数に占める割合が影響していて、
札幌店は、雪の降り始めの10月は、
「洗車」はしてもすぐ汚れてしまうので、洗車をする人は少なく、
雪から車を守るためのコーティングの需要が多いので、
結果的に札幌店の平均単価が上がって、
足立店は、頑張っても頑張っても、追いつけなかったのです。

【LABO足立店】の新しい店長の後藤店長は、
さぞや悔しがっているかと思いましたが、余裕の笑顔で、
こいつは、ひょっとしたら大物かもしれません。
と、名古屋から来た新婚さん高井チーフ。

画像(550x365)

竹内君と動きの鋭い羽山さん。

画像(550x365)

営業としても素質を見せている谷東副店長。

画像(520x345)

多田マネージャーと新しい環境での松本チーフ。

画像(550x365)

真面目な鳥井君。

画像(520x345)

【LABO八王子店】は、
ドライブショップ『カレッツァ』の駐車場に有って
オールテントづくりの不思議なLABO店舗です。
だから、コーティングブースが別の建物で離れた所にあるので、
店舗としてはカーコーティングよりも洗車が目立っていて、
平均単価が上がりません。
しかし、オールテントの特殊な構造を活かして
それを補う工夫をしたりしていたのですが、功を奏せずにいました。
それでも全LABO中の常時3位から4位の優秀な店舗です。

ところが、
LABO野田店で使ったテントを使ったブースの扉がヒントになって、
八王子店ならではのブースの造り方を思いつきました。
年が明けたら、さっそく実行に移してみたいと思います。

社員になってますます力をつけてきた三津原君と
新しい三重県の芸濃店に赴任が決まって、中部に帰ってくる芝田チーフ。
八王子店の主、林田店長。

画像(590x391)

祝、一級合格、豊嶋さん。とってもいい子です。

画像(378x570)

信頼の厚い岡野君と関口君。

画像(550x365)

活き活きと働く小林君とたくましい田中君。

画像(550x387)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.