谷 好通コラム

2004年05月05日(水)

950話 釣堀に行けば?

叔父さんの葬儀の日に
リゾート地から脱出できずに、式にも出席しないでいる自分に、
ずいぶん後ろめたさを持った休暇となってしまった。

しかし、出来ないものは出来ないのだから、
ウジウジしていたって仕方ないと思って、
スッパリ割り切って、しっかりと休暇しようと思うが、
やっぱり、気持の中の引っ掛かりが取れない。

そんな気持でいたら、昔のことを思い出した。

約20年前、ガソリンスタンドを経営する者として独立をした。
最初から快調に燃料は売れるし
油外収益もまあまああって、経営は順調であった。

しかし、やはり暇な日というものはあって、
おまけに雨など降っていると、手持ち無沙汰であったこともある。
さらに、卸しの会社との話がうまく行かなくて、イライラしている時などと重なると
気持がトゲトゲして、私はハリセンボンのようになっていた。

雨が降ったある日、たまたまその日はムシャクシャすることがあって、
そんな時は、さわらぬ神にたたり無しで、誰も私に近づいてこない。
私は余計にイライラして
仕事を放り出して一人で“釣り堀”に行ってしまった事がある。

出かけた近所の釣り堀は、
暇で、私以外には一人だけ。
たぶん年中暇であろうお年寄りが、まるでその釣堀の主のように、
次から次へと鯉を釣り上げていた。
雨の中、私は釣り堀に備え付けの竹で出来た一本竿で、
糸にはぶっとい“浮き”がつき、その浮きがときたま鈍く動くだけ。
どこでどう合わせて釣れば良いのかさっぱり分からない。

気持が重〜くなって来た。
ちっとも面白くない。
しかし、ビギナーズラックというものもあるのだろう、
でたらめに竿を上げていたら、何匹か続けざまに鯉が釣れた。
そうなると面白くなる。

今度は本気で釣ろうと思って、一生懸命に工夫までしてみる。
しかし、たまたまアホな鯉がいて、
あれは、たまたま釣れただけに決まっている。
また、ぱったりと釣れなくなってしまった。

こうして雨の中の釣り堀で、情けなく釣り糸を下ろしていると、
だんだん自分が惨めに思えてきた。
「俺はなんて情けないんだ。
店が暇であることは誰だってツライ。
みんなだって暇であることを耐えているのに、
俺は、こんなところで惨めったらしく釣りなんぞをしている。
俺の持っていた理想とはこんなことだったのか。
情けない・・・・」
そして、後ろめたさを引きずりながら、すごすごと店に帰って行ったのだった。

こんなことを何回繰り返した。
ある時は山の方にドライブに行ったり、またある時は海のほうに行ったり、
あるいはまた釣り堀に行ったり。

その度に、ちっとも面白くなく、情けない気持を引きずって帰ってきた。
しかし、そんな馬鹿なことを何回か繰り返すごとに、
「店をもっと忙しくしたい」
こんな馬鹿なことをしなくてもいいように「暇な日を無くしたい」と強く思った。
自分でペンキと板を買ってきて看板をいっぱい書いたし、
宣伝もいっぱいした。
結果的にそれが良かったかどうか分からないが、
何とかしなくてはと、あがいたことは確かだ。

今の商売「洗車屋」は、天候によって店の忙しさが極端に変わる。
刈谷店だって、最初の頃は雨が降ると一台も来ない時もあった。
そんな時、
みんな一生懸命に掃除をしたり、ポスティングをしたり、
あるいは洗車とかKeePreの練習をするのだが、
そんな日が続くこともあって、どうしようもなくテンションが下がってしまう時もある。

そんな時はジタバタしたってしょうがない。
「雨が降ったら、この状態ではしょうがないんだから、釣堀にでも行ってきたら?
かまやしないから、釣堀にでも行っておいてよ。」と言うが、
誰も行こうとはしない。

みんな、私よりも強いのかもしれない。
あるいは私よりも暇であることに耐えられるのかもしれない。

釣堀に行けば、
きっとみんなも、あの惨めったらしい気分を味わえるのに・・
誰もあの情けない気分を味わわないとは、妙に寂しい気分である。

と、自分勝手な今日の話でした。

グァムの最後の日ももうすぐ暮れる。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2004


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.