谷 好通コラム

2020年09月14日(月)

9.14.ものすごく久しぶりに尾崎豊を聞いた。

別に意図した訳ではないが、久しぶりに尾崎豊を聞いた。
やっぱり涙を抑えきれず、泣いた。
若い時に、自分が独り立ちして社会に生きていき始めたころ、
その不安と、新しい世界に見るもの経験することのすべてが刺激的で、
生きていること自体が面白くて仕方なく、
何でも出来るような気がして、
人の気持ちを踏みにじるようなこともした気がする。
若いだけで何でも許されるような気がして、そんな事もあったような気がする。
若さは本当に身の程知らずで、
特に酒を飲んだら、自分が人間を通り越したような錯覚すら持って、
昔、東山の交差点で大の字に仰向けに寝て、吐いて、
死ぬほど惨めな思いをしたこともある。
尾崎豊を聞くと、そんな惨めさをいっぺんに思い出して、
涙が出るのかもしれない。
あるいは、そんな惨めさを一心に背負い、尾崎豊は自殺したのかもしれない。
でも、私は、自殺をしたいと思ったことは一度もない。
死ぬほど惨めだと思ったことは何度もあるが、自殺したいとは思わなかった。
尾崎豊は麻薬をやっていたと聞いたことがある
もちろん私はない。
その違いなのだろうか。
かと言って、麻薬をやってみたいとは思わない。
自分を無くす為の麻薬は、酒とは根本的に違う気がする。
酒は大好きだ。
若い頃よりうんと量が飲めなくなったが、
今ぐらいの方が、楽しいまま終わるのでいい。

考えてみると、私の青春もかなり無茶で、自由だった。
支配されることを極端に嫌い
その自由は自分でも怖いくらいで、今、戻りたいかというと、いやだ。
無理やり戻されたとしたら、
そんな悪い夢から早く戻りたいと大騒ぎするだろう。
尾崎豊を聞いていると、
特にロックを聞いていると、だんだん怖くなってきて、
イヤホーンを外したくなってくる。
これが、年を取ってきたということだろうか。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.