谷 好通コラム

2020年08月01日(土)

8.01.雨が多くて洗車が減ってもKeePerは減らない。

やっと愛知県も梅雨が明けました。
8月に入ってからの梅雨明けは11年ぶりだとテレビが言っていました。
ずっと梅雨であっ7月は、
前年に比べてほとんどの地域で前年の二倍の降雨量と、
多くの地域では日照時間も半部くらいしかなく、
これは一言でいえば、洗車にとっては最悪のお天気でした。
こんなお天気では、洗ってもまたすぐに汚れてしまうので、
雨が続くと、洗車のお客様の数は目に見えて減ってしまいます。

しかし、KeePerコーティングは昨年7月よりむしろ多く施工されています。
これはKeePerコーティングが、塗装を護り、
雨をはじき、汚れもはじいてキレイさを守る、そんな役目のものであって、
“洗車とは別物”である事が、
いまや、KeePerユーザーに浸透してきた証かもしれません。

画像(640x136)・拡大画像(800x171)

それは、他の例ですが、
十数年前までは、
コーティングというものが、
コンパウンドとポリッシャーを使って塗装を削り磨いてツヤを出す技術、
つまり「研磨」という「みがき」の技術の脇役的存在でしかなく、
カーコーティングは下地作り、「磨き」の技術がすべてであって、
コーティング剤は「磨き」の上手さ如何で、
その出来が決まってしまう。と言われてきたものですが、
今では昔の話になってしまっています。
KeePerが、
柔軟で分厚いガラスコーティングという新しい技術で、
塗装表面の凸凹(つまりボケの原因)を研磨で削ることなく、
精密に埋めて凸凹を平らにしてツヤを出すという技術を実現、
研磨は塗装表面の凸凹がよほど酷かった場合にだけ、補完的に行い、
原則的には塗装を削る研磨はしないで、
KeePerそのもので塗装の平滑を実現します。
その方が塗装の為になり、
ツヤそのものもうんと長持ちすることを、
たくさんのお客様のお車に実現することで実証してきましたが、
長い間、KeePerは「コーティングとは下地作りで出来が決まる」
という旧来の常識と闘ってきました。
その結果、KeePerの技術の優位性が、
その実績と、お客様の評価の高さで実証されてきました。

それと同じように、
KeePerコーティングも、
従来から、洗車収益の一部として扱われてきましたが、
KeePerコーティングが雨の多い季節で洗車が減っても、減らない事実で、
KeePerは洗車というカテゴリーよりも、
ボディメンテナンスという
自動車整備に近い分類の商品なのではないかと考えています。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.