谷 好通コラム

2020年07月12日(日)

7.12.飛行機に思う。

私は飛行機が好きでした。
だからという訳ではないが、飛行機にはたくさん乗りました。
多分、数百回以上は乗ったと思います。
オーバーに聞こえるかもしれませんが、本当です。

キーパーが日本国中に広がりつつあった頃、
連日、飛行機に乗って飛び回ったこともありましたし、
国内線は数限りなく乗っています。
さらに世界にも広げようと中国へは70回、
アメリカにも10回以上行って、
商品開発の為にヨーロッパにドイツを中心に何度も行きました。
その度に飛行機には最低往復2回、多い時には4回、5回と乗ったので、
本当に数百回、
ひょっとしたら国内線もいれて千回以上乗ったかもしれません。

一番最初に乗った飛行機は、名古屋空港から鹿児島空港。
本当は太平洋フェリーで行くつもりだったのが、
ちょうど台風が来ていてフェリーが欠航になってしまったので、
仕方なく飛行機で行くしかなく乗ったものでした。
だから、当然、空も大荒れで、初めて乗った飛行機はドタンバタンと揺れて、
死ぬほど怖かったことを憶えています。
それからしばらくは飛行機が大の苦手で、
仕方なく飛行機に乗る時には、飛ぶ前からきついアルコールを飲んで、
飛び上がる時にはベロンベロン状態になって、怖さを紛らわしていました。
自分が空を飛ぶこと自体、受け入れがたいことだったのです。

それが何度か乗っているうちに、
今度は、飛行機そのものが好きになり出して、
飛行機の本をいっぱい読んで、その構造とか、飛行機の種類などを憶えると、
飛行機で飛ぶことも怖くなくなり、
むしろ、飛行機に乗りたがるようになったのです。
一時は、飛行機は尾翼を見ただけで機種が分かるようになり、
無駄なことまでよく知っている飛行機オタクのようになりました。

そうなったら飛行機に乗って日本国中、世界中を飛び回ることが好きなのか、
飛行機に乗ること自体が好きなのか、
本人も分からないくらい乗りました。

足がダメになってきて、
人に世話を掛けなければ乗れなくなったこともあり、
また、社長を引いてからはそれほど出張もなくなり、
今年は7月になって初めて飛行機に乗りました。

久しぶりの飛行機は、
あいかわらず、
外の景色、真っ白な雲と、宇宙に繋がる濃い碧空を眺めています。

画像(450x600)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.