谷 好通コラム

2020年07月02日(木)

7.02.2020年6月のラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。


5月の売り上げ増は、
4月の約三週間の29店舗休業の反動として
既存店全体の前年比18.3%増の好実績は容易に理解出来たものですが、
その翌月、6月の全店での前年比32.3%増加、既存店前年比30.7%の増加は、
キーパー独特の需要増の現象の結果と言えます。

つまりコロナ禍によって、生活の不安を感じる人が少なからずいて、
もうすぐ新車に買い替える予定の人が、
「もう1年、様子を見た方がいいかな。」とか
「もう1車検分だけ今の車に乗ろう。その方が安心だ。」など、
新車に買い替えるのをためらい、
今乗っている愛車をイメージチェンジするくらいキレイにしようと思って、
SNSで評判のいいコーティングを探した時、
ダイヤモンドキーパーとかEXキーパーがえらく評判が良かった。
というより、
新車ではなく経年車にやっているコーティングと言えば、
見渡してみてもキーパーがほとんど。
しかも評判はいい。
それで実際に予約を取って、やってみたら、すごく良かった。

そんなストーリーで、この時期に、
普段よりもずいぶん多くキーパーが売れ、施工されたのではないか。
12年前の2008年リーマンショックの時も似たような現象があって、
しかもあの時は、1年耐久のクリスタルキーパーが全国で販売されたばかりで、
時勢に合ったのか爆発的にクリスタルキーパーが売れた。

今回のコロナ禍での景気急ブレーキでは、
EXキーパーやダイヤモンドキーパーも伸びたが、
クリスタルキーパーが一番伸びていて、
リーマンショックの時と被るところがある。

今日は、6月決算のKeePer技研株式会社のお正月として、
西日本のLABO直営店の店長と、新入社員、マネージャーたちが集まった。
西日本LABOキックオフである。
ウィズコロナのもとでの新しい年が始まりました。

画像(600x400)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.