谷 好通コラム

2020年06月26日(金)

6.26.EXホールドで、6時間が10分+10分になりました。

EXキーパーはそのツヤが凄まじいだけあって、
下地作りも、塗り込みも、拭き上げも、仕上げも、
どの段階での作業もデリケートで、技術だけでなくとても神経を使うものです。
さらに、その被膜のケミカルは、
ゆっくり分子が結合して架橋反応が進み、強固な構造を形成する為に、
すべての作業を終えてから、絶対に雨のかからない場所で
実に6時間の養生を必要としました。
架橋反応が進む過程で雨にかかると膜がほどけてしまうのです。
不思議な現象なのですが、
いろいろ工夫はして見たのですが
間違いないのは「6時間の雨のかからない場所での養生」でした。
この時間の養生の必要性があるばかりに、
EXキーパー作業車がブースの中を長い時間占領してしまうので、
EXキーパーの作業はどうしても夜やる事になったりして、
作業スタッフに負担をかける場面も多くありました。

2020年2月にEXキーパーがデビューしてからも、
何とかこの異常に長い養生時間を解消する為に、たくさんの方法を試してきて、
やっと、効果的な方法にたどり着き、
耐久性の試験にも合格して、皆様にご紹介できる段階にたどり着きました。

その方法がVP326塗布後、10分経ってから
(不思議なことにこの“10分”が重要)
「EXホールド」という薄いエマルジョンを
蓄圧スプレーでうっすらと噴霧して、すぐに押さえて、
VP326がまだ結合していない分子膜に「ネット」を被せて押さえる方法です。
まだ特許を申請が終わっていないので、
具体的な内容は詳しくは書けないのですが、
度重なる実験と、何十台もの実車に対する実施と試験で、
その効果が間違いなく、
EXキーパーの凄まじいツヤと、
独特の触り心地に悪影響を与えないことが実証されたので、
キーパーラボでも一斉にEXホールドを実践し始めています。

その作業方法は、EXホールドのマニュアルの発行と、
実践ビデオを製作しますので、EXキーパー施工店に無償で提供します。
また、EX一級技術資格者は、
EXキーパー補習研修として「EXホールド・メンテナンス一日研修」を
受講されることを義務付けさせていただきます。


また、EXメンテナンスの手法も確立できましたので、
明日詳しく、お伝えします。

画像(640x414)・拡大画像(708x458)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2020


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.