谷 好通コラム

2020年03月29日(日)

3.29.アフターマーケットが生んだダイヤモンドキーパー

KeePerを主宰するKeePer技研株式会社は、
創業36年(2020年現在)の会社で、
創業者である谷 好通は小さなガソリンスタンドの運営者として独立して、
その後、紆余曲折があって
洗車とコーティングのビジネスに方向転換して今に至っています。

そんな経緯もあって、KeePer技研鰍フ営業先は
多くがガソリンスタンドに偏って、
KeePerの施工店であるKeePer PRO SHOPも、
そのほとんどがガソリンスタンド内のインショップスタイルになっています。
しかし、このことが、KeePerの
コーティングとしての製品の特徴に大きな影響を与えています。

多くの他のコーティングが、
新車のカーディーラーで販売時の新車にオプションで施工し、
新車の付加価値アップの為のコーティングとして成長してきました。
だから、
他コーティングの対象は主に新車であり、
新車の塗装は磨き上げた塗装と同じような性質を持っているので、
このようなコーティングは「磨き」の技術を出発点として出来ていて
そういう意味では、新車用コーティング」とも言えます。

だから半面、経年車に対しての施工は苦手で、
経年で凸凹になった塗装に、相当重度な研磨を加える必要があり、
経年車に対するコーティングはその労働量に比して付加価値が低く、
経年車へのコーティングは
採算の取れない商品としてほとんど施工されていませんでした。

その反対に、KeePerは創業者の成り立ちから
その営業活動域をガソリンスタンドとしてきた歴史があり、
KeePerの施工店は専門店のLABOを除けば、ほぼすべてがガソリンスタンド。
ガソリンスタンドに来店する車はすべてが使用中の車であり、経年車です。
だからKeePerは、
ガソリンスタンドという新車以降の「アフターマーケット」の生活の中で、
長く、きれいなまま乗るため」のコーティングとして広く提供されてきました。
しかし、世の中には「新車」より「使用途中の車」の方が圧倒的に多く、
しかも現代のユーザーは一台の車により長く乗るようになっていて、
その結果、KeePerの潜在的なユーザーは多く
今では、年間約300万台の車にKeePerが施工されるようになっています。

つまり、KeePerは活躍するフィールドが
主にアフターマーケットであったため、
新車マーケットでの販売を主にしていた他のコーティングとは、
全く異なった発達の仕方をして、
KeePerは既存の新車コーティングとは違う構造と性能を持った
非常に独自性の強い製品となったのです。
その結果、最初から表面に凸凹が無く
凸凹のある経年車にも重い研磨作業無しでも使用できるKeePer。


KeePerが施工される車は経年車なのでその表面は、
当然、凸凹があって、普通の新車用コーティングでは全くツヤは出ませんし、
研磨をするにしても、とても大変です。
KeePerはガラスボディーコーティングに発展する過程で、
ガラスであるSiO2の組織の結合を限定的にコントロールして、
アルコキシオリゴマーと言う”低分子”状態にすることによって、
コーティング膜を塗装と同じ程度の硬さ=鉛筆硬度4H程度の硬さにして、
さらに分子量の小さい低分子ゆえに、
塗装表面のミクロの凸凹に入り込むことが出来る構造にすることによって、
「アンカー効果」で、下の材質のいかんにかかわらず、
安定した定着を実現する能力を持ったので、
形成する被膜の厚みを、
1ミクロン以上(最大深さ5ミクロン)の、分厚い膜で実現しました。
それによって塗装表面の凸凹を平らにする事に成功し、
塗装の表面を削り磨く研磨無しで、
透明感のあるツヤを出すことに成功しているのです。
さらにこの被膜、ダイヤモンドキーパー皮膜は、
SiO2を低分子構造の1ミクロン以上の驚異的に分厚い皮膜に組み上げて、
耐UV力、耐摩耗性に優れ、化学的防護能力に優れたコーティングであった。

さらに衰えない強い撥水力が、
雨が降ったらかえって車がキレイになる不思議な性能を実現した。
これらの成功は、
経年車への施工の容易性を実現するだけでなく、
新車への施工では、新車以上のツヤを出し、
新車以上の清潔感を長く維持するという、
従来の新車用コーティングを凌駕したダイヤモンドキーパーを生み出した。

さらにダイヤ被膜を二重に厚みを増して、
ツヤを増したダブルダイヤモンドキーパー。
それに加えて細部までのコーティングを念入りに加えた
ダブルダイヤモンドキーパープレミアムは、
最もキレイでタフな新車用のコーティングとして、ますます活躍が増えています。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.