谷 好通コラム

2020年02月28日(金)

2.28.10か月ぶりの新店小平店4月オープン

ここ最近、KeePer LABO直営店の新店オープンがありません。
去年の六月、東京に杉並店がオープンしたのが最後ですが、
今、東京の小平にコンビニの居抜きで大き目のLABOを建設中で、
四月の連休前には、オープンできる予定になっており
かれこれ十か月ぶりの新店になります。
四年前から二年前までの二年間、新店を集中的に造った時期があって、
三十数軒から造り始めて今ではほぼ二倍の80軒の直営LABOがあります。

五年前に東証マザーズに株式を上場して、
翌年東証一部に市場替えをしました。
そのことによって社会的な信用が上がったからなのでしょうか
上場前には新卒の採用などほとんどなかったのが、
上場した翌年には新卒の新入生が70名も入社してびっくりしたのですが、
翌年にも70名入り、中途入社もコンスタントにあって、
直営新店オープンラッシュの大きな動機になりました。
一番多かった年には16軒も新店を造ったのです。

しかし、KeePer LABOはストックビジネスの傾向が強く、
オープンしたての1年目は固定客がまだ少ないので、
売り上げもそれほどなく、収支はなかなか取れないのですが、
1年間、とにかく高品質な洗車とコーティングで
お客様の満足を積み上げることによって、固定のお客様が増えます。
すると、来店客数も伸び、売り上げも上がってきて、
ほぼすべての新店が「二年目のジャンプ」現象で浮かび上がり、
もう一年積み重ねて「三年目のジャンプ」で収支が取れてくるようになります。
収支が取れるようになるまでに多くの新店が丸二年を越します。

だから、営業している店舗の約半数近くまで新店であった時期は、
KeePer LABO運営事業は収支が厳しくなって、
会社全体として2018年6月期は創業以来初めての「減益」を経験しました。

それでも増収であり、会社としての利益はキチンと確保したのですが、
成長過程での減益はマイナスであり、
次なる増益体質を作るべく、
新店が一定の成長を果たして採算点に上がってくるまで、
新店ペースを落として、言ってみれば「養生期間」として間を置き、
新店の成長と既存店の再構築に力を注いで、
2019年6月期には、
二年分の増収増益を果たすことに成功したのでした。

画像(596x407)


その間にも、新卒入社の人は60名程度を確保できたのですが、
成長してくる新店と既存店への戦力補充と、卸業事業の強化に人員が必要で、
いつの間にか従業員が500名を越す大所帯になりました。

そして、今年の4月にも55名の新卒社員が入社してくれます。
さらに、何年か前に入社した若者がすっかり成長して、
「店長を目指している。」と声を聞くと、
会社のエネルギーの源である新店を、またそろそろ、
今度は適正なペースで新店を建てていく時期が来たと考え、
今何軒かの新店の工事にかかっています。

あくまでも適正なペースで、
会社全体としての増収増益の健全な成長を確保しつつ、
また新店を開けていきます。
とりあえず開示済みの東京・小平店の完成予想パースをご紹介します。

画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.