谷 好通コラム

2020年02月26日(水)

2.26.最高の組み合わせ

今日、たまたまガーシュインの「ラプソディ イン ブルー」を、
レナード バーンスティン指揮のロスアンゼルス フィルハーモニーで、
しかもバーンスティンのピアノソロで聞いた。
文句のつけようのない完璧な組み合わせだ。
アドリブが入り込む余地がない完全なクラッシックなのに、
まるでジャスのように独特のタメが随所にあって、
クラッシックもジャズも大好きな私にはたまらない名曲の一つであり、
最高の組み合わせです。

最高の組み合わせとはあるもので、
たとえば、#37 KeePer TOM’S LC500は、
平川亮とニック キャシディの組み合わせが最高だった。
二人の攻撃的なドライビングは、私たちを飽きさせないし、
タイヤマネージメントの巧みさと、頭脳的かつ戦略的な走りは、
レース後の解説がいつも楽しみだ。
2017年にRC-Fでチャンピオンになった後、
2018年、2019年とLC500で連続2位に甘んじたが、
いずれも最終戦にまでチャンピオン車とデッドヒートを繰り広げてくれたが、
残念ながら、結局、#37のLC500をチャンピオンにすることなく、
その車をトヨタとして久しぶりのレクサス車からトヨタ車のスープラとした。
さして、ドライバーは今年も
最高の組み合わせの平川亮とニック キャシディのアグレッシブコンビだ。

2020 #37 KeePer TOM'S GR スープラ

画像(452x640)・拡大画像(565x800)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.