谷 好通コラム

2020年02月07日(金)

2.07.最後の最後に誉めることが出来ればいいのだろう。

約1年前に社長から会長に退いた時、
退いたからにはあまり出しゃばらないようにしようと思って、
会議などでも自分からの発言をなるべく控えていた時期があった。
しかしすぐ、ある時から、そんなことはきっぱり止めたのです。
思った事を、そのまま思った通りに、何の遠慮もなく発言することにしました。
それは、新しく社長になった者は、
社長の力を身に着けたから社長になった訳ではなく、
私が年を取って、これから先の健康上の不安もあって私が社長から退いたから、
新しく社長という地位になった訳で、
このまま私が楽をしてしまえば、
会社にとっての不足が発生するのは当然で、
それは社員の皆にとっても、株主の皆さんにとっても、
何よりKeePerを大切にしていただいているたくさんの皆さんにとって、
申し訳ないことになる。
それは本意ではない。

私は、新しい社長に、この会社の社長としての価値観を伝え、
あらゆる意味で社長の力量を備えるように、
教え育てる義務があると思えたのです。
そのためには、
よく言われることに、山本五十六の言葉通り
「やって見せ、言って聞かせて、やらせて見て、誉めてやらねば人は育たぬ。」
と、まず、やって見せるを、とにかく全力でやることにした。
一切の遠慮をせずに、
この会社をここまで引っ張ってきた価値観をもって、
リーダーシップを発揮して、新しい時代へ向けてこの会社のやるべき事を、
全力で実現していくことにした。
それがあらゆる意味において、やって見せる事になるはず。

何年かかってもいいので、
私は私として全力でリーダーとしての仕事を全うする事で、
この会社のあるべき指導者として皆を育てることにもなる。
だから何の遠慮もなく、アクセル全開で突き進もうと思ったのです。

ただ私は歳を取って、外を駆け回る体力が無くなっているので、
あまり外出はせず、月に一二度東京に行くぐらいで、
めったに遠くまでは出ていかないが、
あらゆる会議に出て、意見を出していき、
この会社のポリシーを隅まで染み渡らせることに全力を尽くす。

やって見せるとは、言って聞かせるとは、
自らが、全力で実践することに違いない。
一切の容赦はしない。
そして、最後の最後に誉めることが出来ればいいのだろう。
その日が来るかどうか、そんなことも考えず、
一切の容赦もなく、自らの体力、気力が許す限り、全力で進めばいいのだろう。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.