谷 好通コラム

2020年01月30日(木)

1.30.何か名古屋に良いことでも待っているのでしょうか

今朝は珍しく5時半に起きて、
7時05分の「のぞみ」に乗り東京に行ってきました。
今はその帰りの新幹線の中。

新幹線の中は、新型ウィルスの肺炎を警戒しているのか、
座席の客全員がマスクをしています。
しかも、普通の白いマスクだけでなく、
中国みたいに黒いマスクや、緑色の気色悪い色のマスクまであります。
感染者数がすでにSARSを越したそうです。

昨日は珍しい経験をしました。
病院に行こうと思っていつもの道を信号待ちしていたら、
私の目の前で道路が通行止めにされたのです。
パトカーが道を塞いで、すぐにバリカーが置かれて、
ポリさんが手で✖を作って静止しています。
何があったのでしょう。
確かめる術もなく、仕方なく大きく迂回して病院に行こうとしたのですが、
朝のラッシュと重なって大渋滞となり、すんなりとは行けそうになく
その次の用件の時間もあるので、病院に行くのを中止して、
次の用件に回りました。
昨日はとうとう病院に行けなかったので、
だから、今日はどうしてもその時の病院に行きたかったのです。

病院とは皮膚科で、
私の首の後ろの付け根には、直径4~5cmぐらいのコブが膨らんでいました。
もう10年以上前からのもので、
医者に見せたこともあるのですが、悪いものではなく、
医者の言うには「角質の老廃物」が固まっているらしく、
痛くもなんともないのですが
取るにはちょっとした手術が必要と言われていたので、
その内、その内と思いながら10年以上も経ってしまっていたのです。

そのコブの先っぽがこすれて傷つき、ばい菌が入ったのか、腫れてきたのです。
痛かったので皮膚科に行って見せたところ、その場で切開して、
化膿していたものと老廃物を、
私が「痛い痛い」と騒ぐのをかまわず医者が指で押していっぱい出したのです。
でもおかげで。コブも引っ込んですっきりしました。

昨日はそのあとの傷の治り具合を何日ぶりかでチェックする日でしたが、
結局、行けなかったので、
名古屋に帰ったら、その皮膚科の病院に行きます。

ところで、
新幹線の座席で、誰かがセキをしたら、
皆がすっと緊張するのが判ります。
すると、いたたまれなくなったのか
咳が止まらないその乗客はデッキにそそくさと出て行ってしまいました。
デッキでゲホンゲホンとやっています。

名古屋→東京の時には雲に隠れて見えなかった富士山が、
東京→名古屋の帰りの新幹線からはドキッとするほどクッキリ見えました。
名古屋に何か良いことでも待っているのでしょうか。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.