谷 好通コラム

2020年01月15日(水)

1.15.あれからの小ミミたちはどうなったのか

足が悪いくせに荷物の高い所に登って、落ちて、
腰の骨を骨折して大手術をしたのをきっかけに、
みんながかわいがってくれた会社の倉庫から、
我が家に引っ越してきたチビのサバ虎猫の小ミミは、
めでたく回復して、傷口を舐めないようにつけられたエリザベスも取れて、
あれからどうなったでしょう。

同居のプードル犬リンダと16才になったキジ猫のチーちゃんとは、
小ミミはうまくやっているのでしょうか。
小ミミは約1か月ケージの中で過ごしたのですが、
傷が全快してから家の中に放されて、最初にチーちゃんと会った時、
小ミミはチーちゃん図々しくも、くっついて行ったのですが、
チーちゃんはそれに怒って牙をむき出し
「ファー(シャー?)」と怒りの声を上げたので、
ひと噛みで殺されるかと思ったら、
小ミミはコテンとチーちゃんの足元にひっくり返って、
「はい、降~参」とばかりにお腹を丸出しにしたのです。
そうしたら、チーちゃんは
「じゃあ、いいわ」と、小ミミを許したのです。
それを何回か繰り返して、
それで終わりです。
チーちゃんは小ミミの事が積極的には好きではないようですが、
いる事に怒るようなことは無くなって、平和になりました。
小ミミはチーちゃんが大好きでチーちゃんの後を着いて回りますが、
チーちゃんはうるさそうにするだけで、
怒ったりもしなくなり
チーちゃんのお気に入りの場所に小ミミがいても、べつに怒りません。
ちょっと離れて、のんびり寝ていたりします。
チーちゃんは小ミミとの同居を、少しだけ距離を置いて受け入れています。

では、プードル犬のリンダとはどうでしょうか。
小ミミはリンダを最初に見た瞬間から兄弟のようにくっついて行きます。
いえ、両方とも女の子なので「姉妹」ですね。
リンダの方は最初の時期だけちょっと戸惑いがありましたが、
翌日からもう大丈夫で、
小ミミはリンダにふざけてかかって行き、
すぐに追っかけっこになります。
小ミミはリンダのおもちゃが全部好きで、
すぐにお姉ちゃんのおもちゃに手を出しますが、
心の狭いリンダは、すぐに取り返そうとして、また追っかけっこです。
食いしんぼのリンダは、小ミミのキャットフードをすぐに食べてしまいます。
小ミミもリンダのドックフードを食べますが、
ちょっとお腹に合わないようで、下痢になったので、
今は、お互いの餌を食べないようにしています。

小ミミは、下痢になっても、トイレのマナーがすごく良く、
必ずトイレにします。本当にえらいものです。

だから、小ミミとリンダとチーちゃんの生活は、
種を超越して、すごくうまく行っていて、
本当にこんなにうまく行くとは思いもよらなかったので、
見ているだけで幸せです。

小ミミは、最初はあまり可愛げのない猫かなと思っていましたが、
とんでもない。
ものすごくかわいい、抱きしめたくなるようないい猫です。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.