谷 好通コラム

2019年11月10日(日)

11.10.世代交代を感じた日。Clean Base With、刈谷店、大府店

私と同世代のいとこが亡くなりました。
まだ61歳の彼は、何の兆候もなく突然倒れたのだそうです。
私の母のお姉さんの子供で、同じ世代だ。
自営業の水道工事業だったがリウマチが重くて、
作業がしづらくなって60才で引退していたという。

自分と同じ世代の、しかも年下の親戚が亡くなると、
(しかし、孫は5人もいて、孫二人の私は負けている。)
自分もいつ亡くなってもおかしくないと思えて、ちょっと神妙になり、
世代の交代を感じました。


刈谷市の家にお線香を上げに伺う時、
私達の二軒目の店舗「Clean Base With (地下タンクあり)」があるのだが、
機械倉庫になっていて、でも離れていて不便だったので
倉庫を壊し売却の予定で更地にする工事をやっていた。
その工事の現場がついでだったので、寄ってみたのです。
この「Clean Base With」は、
私達がガソリンスタンドから洗車・コーティング業に転換する為の
大きなきっかけになった思い出深い場所です。
刈谷市の南にあって132坪。
地場の不動産屋さんから買いました。
初めてその土地を見た時は、まだ畑で、おばあちゃんが野菜を造っていました。
それがどんな事情で売りに出ていたのか知りませんが、
50万円/坪で、6,600万円です。
独立して確か4年目の時だったので、
通行量のそんなに多くはない前面道路のその土地を、
よく買ったものだと感心します。今だったら絶対買いません。

今考えると、あの頃の苦労と災難の全てがあの土地にあったような気がします。
しかし、その反対に、あの苦労と災難とピンチがあったからこそ、
普通の経験からでは得られないチャンスを得たとも言えます。

30年も昔のその「Clean Base With」

画像(600x409)

その「Clean Base With」が、
初代のKeePerの研修スクールとして、一時期は、技術研修の中心で、
今の大府の中央トレセンが出来てからは、
機械類の倉庫として在りましたが、
不便であったと同時に、使わない地下タンクが埋まったままだったので、
確率的にはゼロに近かったとしても油漏れのリスクは、
私が社長を承継した時点で整理すべきリスクの一つとしていたのです。

KeePerが生まれる為の大きなきっかけの一つClean Base Withが、
無くなりました。しかし、その反面、リスクも消えました。
世代の交代を強く感じさせられる出来事でした。

画像(600x397)

帰りに私達の全ての意味での一号店「刈谷店」に行きました。
この店は3回全面改装しています。

画像(600x397)

一級技術資格石井スタッフと一級技術資格石田スタッフ。

画像(600x397)

頼りがいのある富上副店長

画像(550x364)

遅い昼食中の一級技術資格百合草シニアスタッフ。

画像(550x364)

すっかり店長らしくなった矢下田店長

画像(550x364)

ついでに、とっても若い【LABO大府店】に行きました。

貫録の大島チーフ、一級技術資格川上スタッフ、若手ナンバー1の出世頭桑鶴店長

画像(640x423)・拡大画像(650x430)

大府店は若手の宝庫ですね。
一級技術資格加古スタッフ、一級技術資格佐藤スタッフ。
若い彼らを見るとひしひしと世代交代を感じます。

画像(600x397)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.