谷 好通コラム

2019年10月06日(日)

10.06.毎日でも食べれそうなおいしいハンバーグがあった。

今日、たまたま北名古屋市に用があって行ったのですが、
その用を済ませて帰る時、ちょうど昼ご飯の時間だったので、
何を食べようかと連れ合いと話していたところ、
偶然に、長屋になった貸店舗の一軒に
「てづくりハンバーグ 」の看板がかかっていて、目に付いたのです。
その看板と店の雰囲気に雑な感じがなく、安っぽさもなく、
独りよがりな自己主張もなく、
「キッチンなかむら」とありました。
直観的にここは、きっとオイシイとひらめいて、
三人連れで入ったのです。

外から見ると、地味で小さな店でしかないのですが、
中にはお客様がいっぱい入っていました。
看板と店の外観の雰囲気で、繁盛店だとは予感したのですが、
ドアを開けて入った瞬間はちょっと驚くほど混んでいたのです。
席は全部で二十席ほど
しかし、ちょうど私達が座る分だけ席は空いていたのはラッキーでした。

メニューを見て、ちょっとびっくり。
ハンバーグとカレーとか、ハヤシライスとか、
ハンバーグとエビフライとか、カツとか、
○○とか、△□とか、オムライスとか、バラエティーに富んでいて、
メニューの種類は50くらいもあったか、
いずれにしても、あのメニューの多さは、何度もわざわざ行きたくなるほどだ。

私はハンバーグとエビフライのランチセット。
連れ合いの一人はハンバーグとクリームコロッケのランチセット。
もう一人がハンバーグとオムレツのセットを頼んだ。

店は混んでいたので、当然、少し長めに待ったが、

やっと来たハンバーグは期待通りのおいしいハンバーグで、
私のエビフライは、超高級店で食べたことがあるエビフライと同じ香りがした。
ご飯も付け合せのサラダもドレッシングも、
野菜が苦手な私も全部ペロッと食べてしまうほどおいしく、
味噌汁は合わせ味噌でおふくろの味であった。
そして主役のハンバーグは、本当においしかった。
それもオーバーにおいしいのではなく、
毎日、主食として食べていたいすごく普通に刺激的でなくおいしいのだ。
今、静岡県下でチェーン店「さわやか」のハンバーグが爆発的な評判だが、
あのおいしさは並んでも食べたい美味しさだが、
毎日食べたい美味しさとは違う。
それがこの「なかむら」の主食でもいいと思える自然な美味しさとの違いだ。

後で気が付いたのだが、
この店のメニューは
ハンバーグと・・‥のバラエティは驚くほど豊富なのだが、
ハンバーグは、
チーズインハンバーグとか、○○ハンバーグとか、×■ハンバーグとか
そういうのは無くて、
ハンバーグはハンバーグだけ、
デミグラスソースをかけた普通にハンバーグだけ。
それが主食級に美味いのだ。
こういうメニューの展開は初めてで、参考になった。

こういう掘り出し物の店が時たまある。
店は小さいけど、50才代のご主人が一人で造るには、
この店ぐらいの規模が手一杯で、ちょうどいいのだろう。
しかし、
値段も私達が食べたランチセットは1,500円したので、
単価は決して安過ぎず、きっと大変な労働量に報いるだけの
良い収入を得て見えるはずだ。

店とご主人と配膳をされている品のある奥様に惨めさが微塵もない。
お客様がみんな「おいしい」、「おいしい」と喜んでくれて、
キチンと報酬をいただいていて、
仕事は大変そうだが、悲惨さがこれっぽっちもなく、むしろ、楽しそうだ。

こういう店の存在価値とは、
実は、大変大きい。
今後の店舗の在り方に大きなヒントを与えてくれています。

その事については、またいずれ、じっくりと書いて見たい。


※写真はハンバーグを一口食べてからあわてて撮った写真。

画像(600x339)

連れ合いのオムライスと、クリームコロッケ。
あなたの想像通り、メチャ美味しい。

画像(600x339)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.