谷 好通コラム

2019年09月14日(土)

9.14.看板計画はあらゆる視点からを仮想して

サービス業として専門店であるLABOは、
派手に目立てばいいと言うものではありません。
ストックビジネスの一つの典型であるLABOは、
集客よりも、お客様に通っていただけるような店舗でなければいけません。
だから、威圧的なイメージを与えず、落ち着いた建物とデザインが必要です。
しかし6年ほど前の一時期、新設で建てた数店の店舗が、
不必要に建物が大きかったり、ばかでかい看板が立てられたりして、
本来の店舗コンセプトとは外れた店舗になってしまっていて、
運営的にもいまいちな所があります。
そんな店舗の一つLABO東郷店は、
小さな修正を加えながらここまでやって来ましたが、
この度、ガラッと印象を変えるべく大改造を行うことになりました。

無駄に背が高過ぎて威圧的な印象を与えるコーティングブースを、
新たに建てる低い大型テントで、視線を塞いで目立たなくして、
その大型テント2つが、今まで小さすぎた洗車場と仕上げ場を確保します。

色々なタイミングの問題で
今期の新店は、
すべてが年明けになってしまいそうであり、
年内は鳴海店をリプレースしての大型店化や、
この東郷店のリニューアルなど複数店のリニューアル工事を進めます。

特にこの東郷店は、
印象をガラッと変える必要を感じており、
同時に洗車の作業キャパシティを増大する必要もあり、
随分考えに考えて、新しいデザインに至りました。
ここから、あらゆる視点からの視線を考えて看板計画をしていきます。

これは図面から作ったパース

画像(640x380)・拡大画像(700x416)

以下の枚はパース+合成写真。
すごいですね。
店舗部の佐伯デザイナーはものすごい技術を身に着けつつあります。

画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)

本文とは全く関係ありませんが、
あまりにもいい写真だったので、意味もなく載せました。

画像(434x580)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.