谷 好通コラム

2019年09月05日(木)

9.05.全国2位なのに、みんなが「残念でした」という雁道店

下記の記事は、キーパータイムの取材を元に書いていますが、
まだ、事実関係を取材先に確認が済んでいないので、
内容が変更される場合があります。
ご承知おきの上で、お読みいただけると幸いです。




全国3位の豊山店に行ってから
全国2位のENEOS WING雁道店に行きました。
より上位の店舗に来たのですから、さぞ明るいかと思えば、
ちょっと元気が無さそう。
雁道店は、昨年12月のキーパー選手権も全国2位で、
今回こそは全国トップにと意気込み全員で挑んだ8月であったのに、
トップは同じ会社ENEOS WINGの湾岸浦安店が、
9,135,000Pを獲得して優勝し、夏・冬・夏の三連覇した。

雁道店は惜しくも、また全国2位となり、
本来ならば「おめでとうございます。」のはずだが、
「みんなが『残念でしたね。』と言ってくれるんです」
と、おっしゃるのは雁道店の西田マネージャー。
お話の中でも「目標は日本一しかなかった。」と悔しそう。

画像(600x400)

雁道店は8,560,000Pで、
湾岸浦安とは「予約の時点で差が着いた」と、西田マネージャー。
しかし、それでもこの得点は、
最繁忙期である年末の選手権で獲得した8,257,000Pを越えている。
昨年12月よりこの8月の方が高い実績の店舗というのは珍しい。
それでも優勝出来なかったのだから悔しさもひとしおだろう。

12月よりも高い得点を挙げた秘密は「コーティングブース」に尽きると言う。
やはり密閉された空間で施工されることにお客様が好感を持って、
「あそこでやるんだろ? いいねぇー、俺のもやってくれよキーパー。」
と、
「お客様の方からキーパーを注文してきたのには驚きました。
受注がすごく楽になったことと、
ダイヤモンドキーパーがやたらと増えました。
たぶん、ダイヤモンドキーパーの台数日本一だったんじゃないでしょうか。」

画像(600x400)

それに何と言っても
スタッフにとっての作業環境が良くなったこと。
冷房付きのブースの中での作業だから、
昨年の夏にはずいぶん気を使った熱中症にも、
今年は全く心配することなく全員の健康を守れたと嬉しそうにおっしゃる。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

「全員がキーパーに自信を持っているので、
特に何も指示をしなくても、みんなの意志で、お客様に喜んでいただくために
自然にキーパーを販売して来ました。」

西田マネージャーと話をしていると楽しくなって来て
このあと、いっぱいの話をしたのですが、
キーパー選手権とは関係ない話にまで広がって、戻らず。
話が盛り上がって、私はついインタビューを忘れてしまいました。
ついでに写真を撮るのも途中から忘れてしまいました。
それだけ西田マネージャーは口数少なそうなのだが、
人を引きつける魅力があるようです。


スタッフ皆さんの写真は、豊山店、雁道店共に後で撮って送っていただけるそうです。

画像(600x400)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.