谷 好通コラム

2005年10月11日(火)

1264.泣けてきた3日間

今回のアメリカ行きは4回目だろうか、5回目だろうか、
よく分からなくなってきた。
「しばらく通うのかも知れんな。」と思わず独り言が出る。
それだけアメリカのマーケットは面白い。
それ以上にトニーが好きだ。

しかし、それにしても行きが8時間半、帰りが10時間半の
(偏西風の関係で行きと帰りの所要時間が大きく違う。)
太平洋横断のフライトは果てしなく長く、
ちょいと中国に行くようなわけには行かない。

でも考えてみれば
中国の往復でかかる約5時間と、
米国往復でかかる約19時間では、14時間違うだけで、
丸一日の活動時間ロスが出るだけであるが、
やはり、長い距離を移動すること自体にかなりストレスがあるのだろう、
今回、ロス空港で、帰りの大韓航空002便、B-747-400を目の前にした時、
なぜかジンと来た。

画像(550x412)・拡大画像(600x450)

さらに、成田空港に到着後、
1時間20分差で接続している成田⇒中部空港JAL便に、
大韓航空便がロスで30分の出発遅れのあおりで、50分しかなくなってしまい、
成田空港で入国審査後、
第2ターミナルから第1ターミナルへ、ギリギリで移動し、
最後の乗客として何とか乗り込めた。

なぜか分らないが、
日本の国内便は、米国の国内便とはまったく違ったように思える。
日本に着いた時点で、体から緊張感が解けてしまっていたからなのだろうか、
家にいるような心地良さを感じたのだ。
うれしくって、ホンのちょっとだけ泣けてきてしまった。

画像(500x375)

・・・・・
外を飛び回るのは自分の気力がさせているのだから、それはそれでいいが、
こんな風な人生もいいのかな。と思ってしまうこともある。
あ〜〜幸せそうだ。

画像(550x412)・拡大画像(600x450)

昨日は、全国から営業スタッフ全員が集まってくる全体会議だ。
総勢33名。
みんなの顔を見ていると、元気がもりもりと湧いてくる。

会議場は、いつもの刈谷市産業会館。
ここの食堂で革命が起こっている。
以前は、(たぶん)産業会館に雇われたスタッフとアルバイトが
食堂を運営していたのだが、
何とも段取りが悪く、何もかもが恐ろしいほど遅かったのだ。
15人ぐらいでまとめて食堂に行って3種類ほどのランチを注文すると、
全部出てくるのに1時間もかかったのだ。
これでは1時間の休憩時間では全員が食べ終わることが出来ない。
とにかく、注文聞きも、造るのも、配るのも、チンタラチンタラで、
見ていてもイライラしていたのだ。

それが、先月から民間のレストランに運営委託されてようで、
スタッフもガラっと変わり、
その動きも見事に変わった。

画像(500x375)

20人以上がいっぺんに何種類かのランチを注文しても、
10分以内に全部出てきて、
普通の食堂のように、1時間の休憩時間にゆっくりと食べられるようになったのだ。

“民営化”とは、こういうことなのか。
だとしたら、郵政どころか何でもかんでも“民営化”したほうがいいのではないか。
そんな風に思えてきてしまうのだ。
(そんな単純なものではないだろうが)

これからは館内の食堂で安心してランチが食べられる。
あ〜うれしい。

画像(500x375)

その会議が終わって、みんなで新しい岡崎店を見に行った。
その時に、
お互いに疲れきっている同士で、火花が散ってしまった。
言ってはならない言葉がやり取りされ、お互いに傷つけあってしまった。
帰りの一人の車の中、やるせなさに泣けてくる。
しかし、言ってはいけない言葉は忘れるに限る。
夜一人で飲んだ。

その夜遅く、そんな私を励ますように一通のメールが入った。
うれしさにまた泣ける。

その翌日、つまり今日。
昨日集まった営業スタッフ全員と、出荷事務の人たちなど約40名で、
ビジネスマナーと接客マナーの研修会が行なわれた。
ベーシックな内容の研修であるが、
ぜひ必要と考えていた研修であり、
もっとも基本的なことを、じっくりとそれも楽しく研修をしていただいたことは、
大変有意義なことであり、良かったと思った。

画像(500x375)

それが終わって、
夜は、大変面白い会食をさせてもらった。
何ともスケールの大きな人がいるものだ。
これは、将来に向けての大きなエポックとなるかもしれない。

前夜の余計な火花は、当然、何もなかったことになった。
当たり前である。
同じ目的を持った者同士なのだ。
目的を成し遂げる激しい気力がなくなる訳がないのだ。


しかし、さすがに疲れて帰って来たら、
こんな気が弱った私を察知したのか、
私の10年後の駆け落ちの相手からメールが入っていた。(?)
熱い励ましの言葉に、またジンと来る。

この三日間、私は情けなくも内緒で泣き虫ヨッチャンであった。
パワフルヨッチャンは明日から復活です。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.