谷 好通コラム

2019年07月10日(水)

7.10.日照時間4時間、前年比13%、26年ぶり、問題はその後

中部地方は、
先週の日曜日から晴れ渡って
どの店舗もよく洗車とコーティングのお客様で賑わっていました。
まだ梅雨が明けた訳ではなく、
天気予報では雨マークが先の日に付いているが、
つかの間の晴れに、汚れた愛車に我慢ならなくなったお客様が、
待ちかねたように来られているのです。

画像(600x450)

しかし、
関東地方では、
6月後半から7月にかけて、ずっと雨または曇りが続き、
7月に入ってからの日照時間わずか4時間、前年比13%、
気温も上がらず。26年ぶりの冷夏とテレビが言っていました。
野菜の値段が上がって、みんな悲鳴を上げているとも。
洗車・コーティングの場合は、
もちろん値段を上げる訳にもいかず、
早く梅雨が明けることを祈るしかありません。

たまに降る雨ならば、
洗車はダメージを受けても、
車を守る役割のコーティングは、お客様は予約通りに来られて、
洗車ほどにはダメージを受けないのだか、
ここまで雨が降り続き、
太陽が出ないと「キレイにしたいマインド」が、上がらず、
コーティングも洗車と同様、需要がガクンと落ちます。

しかし、梅雨はいずれは明けて、必ず暑い夏がやって来ます。
洗車コーティングのシーズン到来です。
お客様の「キレイにしたいマインド」は一気に跳ね上がり、
店舗の予約表はあっという間にびっしりになります。
そんな大きな需要によって、梅雨の間の不振を一気に取り戻すのですが、
暇な梅雨の間のペースから、
繁盛期のペースに自分の切り替えが出来ず、
のんびりした梅雨のペースから抜け出せない店舗では、
押し寄せるお客様と予約の嵐を、
つい、「断ってしまう」店舗があります。
こんな店が、梅雨時期のような暇な日と忙しい日が交互に来るような時期に、
ガクンと実績を落とし、
お客様のマインドが高まっている時に、
そのマインドを不快な「断り」でぶち壊して、
お客様に、その店を、大嫌いにさせてしまいます。

お客様がその気になってくれた時にこそ、
その店がそのマインドを「歓迎」するのか、
それとも
同じ給料なら楽をしていた方が得だと思って「断る」のか、
店の繁盛ぶりは、そんなつまらない差で決まってしまいます。

予約が詰まって来ても、繁盛期には、
暇な時期のシフトと同じでいいわけがありません。
頑張るべき時は、みんなで頑張ってお客様の期待に応えるしかあれません。
お客様のマインドが高まっている時、
つまり、自分達が望まれている時、
自分達の能力を求められている時、
頑張れない楽をしたい人は、
お客様から求められないのは当たり前ですが、
店舗からも、仲間達からも、必要とされません。
社会人として、誰からも、必要とされない落ちこぼれです。

そんなクズがいたら、
絶対にお客様からの電話に出させてはいけません。
道路から「洗える?」と声をかけてくれるお客様の相手をさせてはいけません。

そんな「同じ給料ならば楽をしたい、」
あるいは「客を断った方が得だ。」と思っているクズがいたら、
とっとと追い出すに限ります。
そんな輩を首にすることは、販促に金をかける何倍もの効果があります。

ものすごく乱暴なことを言っているようですが、本当の事です。


また、本文とは関係なく美人なチーちゃん

画像(600x450)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.