谷 好通コラム

2019年07月02日(火)

7.02.スルスルで完璧。・・・夕張メロン豪華に4分の1

今年三月、腰部脊柱管狭窄症の除圧手術をしました。

脊椎の下から四番目と五番目の骨の穴が、
加齢で狭くなって、
穴の中を通っている神経の束(脊髄?)を圧迫して、
時には激痛で立つことも出来なくなるような発作が起きます。

私の場合はそんな発作が今までに二回起きて、
その度に二三週間苦しんだのですが、
激痛が治まっても、何かの拍子に、また、あの激痛が来るような予感が
いつも腰のあたりにあって、不気味でした。

それでも激痛は忘れてしまうので、
根本的な治療である「手術」はしなくて済むのなら、したくないと、
いつも気持ちが逃げていたのですが、
私の原点の救世主である堀田歯科の堀田先生に紹介してもらった
西部医療センターの稻田先生に見てもらって、
「脊椎管狭窄症で、加齢によるものです。
今の痛みは時間が経てば引いて、
そこから、しばらくは良いかもしれませんが、また必ず来ます。
しかし今の状態ならば、
手術をしても、骨を固定する施術をせずに、
背骨の穴を広げて、神経にかかる圧力を除くだけの簡単な手術で済みます。
やるなら今のうち。」と言われていました。

発作が治まって痛くなくなっているのに、あえてメスを入れるのか。
それとも様子を見て、もう少し時間を稼ぐのか。
それとも、簡単な手術で済む今の内に
手術してしまうのか。

迷いに迷って、手術前の入院をしてからも、
まだ迷って。
「やっぱりやめときます。」と何度も言おうと思ったが
その度に稻田先生に「・・・・大丈夫・・」と言われて、
その度に、
不思議と納得して、
結局、3月18日に手術してもらって、
手術直後は、痛さと、動けないことに苛立って、
「やるんじゃなかった。」と後悔したが、
術後三日目に歩けて、わずか一週間で退院できて、
一ヶ月も経たずに、痛さがまったく無くなって、
何十年も手離せなかった腰のベルトも、全くしなくなって、
三か月以上経った今では、腰の存在すら忘れてしまうほど。

MRIを撮った上で、今日、久しぶりに稻田先々の診察を受けた。
MRIの画像を指さして「ここ隙間がしっかりあるでしょ。スルスルだね。」
と、手術後が完璧であり、
私の場合、再び狭窄することはないことを言われた。
「いまの内にやっといて本当に良かったね。」とも。

まだしばらくは、
何か月かおきにMRIを見せに来ることを約束して、
「スルスルっだってさ。最高っ。」と、万歳をしながら帰ってきた。
会社に帰ってから、
しばらく忙しくして、
家に帰り、
大切な人からプレゼントいただいた「夕張りメロン」を、
なんと、大胆にも4分の1にカットして、
ご褒美に、一人で丸かじりです。

画像(600x400)
画像(600x400)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.