谷 好通コラム

2019年06月22日(土)

6.22.ケーキカットの無い素晴らしい結婚披露宴

今日は製品部開発課の望月大地主任の結婚式と披露宴でした。
浜松市内の巨大な教会を伴った最新タイプの専門の結婚式場。
なぜ浜松の式場なのかは、
結婚した望月大地君と沙紀さんは静岡市の高校の同級生であり
同じ交響楽部で大地君がオーボエ、沙紀さんがビオラの奏者だったらしい。
それからの付き合いなので10年越しのカップルらしい。
らしい。とは、詳しい説明があった訳ではなく、流れからそう悟ったから。
だから、彼らの招待の親戚も同窓生も静岡に住んでいる人が多く、
しかし、新郎の働くのは愛知県大府のKeePer技研であり、
たくさんの同僚と上司も招待したいので、
静岡市と大府市の中間点である「浜松」を式場に選んだと聞いた。
こんなことからも望月君達の感性と価値観が垣間見える。

キリスト教式の結婚式は、
本当の牧師さんの情感溢れる進行で神妙だったが、
とりわけ本格的なソプラノ歌手が賛美歌を歌ってくれたのは感動ものだった。
新郎新婦が本当にキリスト教信徒であるかどうかは別問題で、
挙式はお互いの覚悟と二人で生きて行く決意を心に刻む意味で、大賛成だ。
いい式だった。

披露宴は、ジブリをテーマにあたらこちらにトトロが配置されて、
新郎新婦の席が緑の葉に包まれているなど、
最近のウェディングプランナーは色々と企画するようだ。

最後の新婦とその両親への手紙を読むシーンに至って、
はたと気が付いたのは、
結婚披露宴のメインイベントとも言えるウェディグケーキカットが無かった。
それだけでなく、新郎の主賓の簡単な祝辞と
新郎新婦の高校の恩師の乾杯の音頭だけで、長々と続く来賓の祝辞もなく、
そういえばお決まりの唄もなかった。
新郎新婦と招待客のコミュニケーションというか、
何しろ新郎新婦とも自分の席にじっと座っている事が無かった。
どんなイベントがあったのか全く憶えていないのだが、
色々と新郎新婦が活躍していくつかのイベントがあったので
正味3時間の普通に長い披露宴であったのに、飽きた場面は全く無かった。

それどころか、
披露宴が進むにしたがって、
仕事上ではあまり縁が深くなかった望月君に親しみを持つようになって、
新婦の沙紀さんにも、いつの間にか、いい子だと思うようになっている。
不思議にも、新郎新婦とそのご両親たちのご挨拶の頃には、
すっかり、この夫婦を応援する気持ちになっていたのは、
従来のケーキカットなどのイベント、挨拶、歌が無いのに、
3時間を全く飽きさせなかった
ウェディングプランナーの勝利なのか。
いずれにしても、私も仲間がいっぱいいたからもあって楽しかった。
とすると、
たくさんの人が来やすい場所を選定したことの勝利かもしれない。
いずれにしても、
望月夫婦は、十分に勝ったような気がする。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(500x333)
画像(600x400)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2019


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.