谷 好通コラム

2019年05月26日(日)

5.26.スーパーGT鈴鹿戦 大殊勲の1・2フィニッシュ!

本日は日本全国晴れであり、
中国大陸から暑い空気が張り出して、
本日のスーパーGT鈴鹿戦の三重県も
三十数度の猛暑になると、天気予報が言っていたので、
暑さに弱い私は少し憂鬱な気分で家を出た。

しかし鈴鹿に朝9時過ぎ到着しても、もちろんまだ涼しかったのですが
昼を過ぎでも、風が爽やかでちっとも暑くないのです。
その内にちょっと涼しい風が吹いたりして、
「これって雨が降る前の風みたいだ。」と言ったら、
TOM'Sの広報担当者「雨だなんて、不吉なこと言わないで下さいよ。」と悲鳴。

今年の#37 KeePer TOM’Sは、雨にとことん祟られている。
一戦目の岡山では最初から最後まで雨でお話にならず、
二戦目の富士でも予選で2位を取りながら、いったい誰のミスなのか、
雨で大後退。
それでも最後にずいぶん挽回しても7位。(わずかながらのポイントは着く)

しかし、それに続いての三戦の今日は、
日本国中「晴れ」
猛暑の警報が出されているくらいの「晴れ」
しかも、昨日の予選では、
富士戦に続いて第二位を獲得している。
これで今日の決勝を期待するなと言われても無理だ。

僚友の#36 au TOM’Sは、ポールポジションを取っていて、
#36 to #37のウンツースタートだ。
スタートドライバーは、一戦と二戦から変えて、
#36が中島一貴選手と、#37は平川亮がスタートドライバー。

スタートは午後2時半。
全く雨の降る気配もなく晴れ上がっている。

スタートから#36と#37は大きくハンドルを左右に切ってウェービング。
何やってんだろうと思ったが、
#37が盾になって僚友の#36を逃がす作戦だろうか。
#36はどんどん先に行って#37以下は離されていく。
しかし#37は良く2位を守って走るが、
やがて3位に落ち、
途中、中盤の事故でセーフティーカーが入るが、
再スタート直後のピットイン競争で一歩遅れ
4位に落ちるもすぐに3位に復帰。
そこからニック・キャシディ選手が怒涛の追い上げを見せて、
ラスト4周前で、強引に前を抜いて2位になり、
そのままゴールイン。

チームTOM’sはこのレースを
予選1位、2位で、決勝も1位、2位と、パーフェクトで勝った。

レースは300kmの短いレースでしたが、
結構いろんなことがあってスリリングであり面白いレースでした。

さぁ、ここからが始まりです。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(426x640)・拡大画像(533x800)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.