谷 好通コラム

2019年05月19日(日)

5.19.碧南海洋公園(水族館)は、あまり変わっていなかった。

今日は昼からまず美術館に行きました。
LABO小牧山店のすぐ近くにある「メナード美術館」。
私は美術にはまったく趣味も興味もありませんが、
気まぐれに見たくなって行っただけです。
今日の特別展は「シャガール」でした。
私でも知っているくらいの有名な画家なので、
展示されている絵は、素晴らしい絵なんだと思うのですが、
しかし、残念ながら、私には、
何が良いのか、どこが素晴らしいのか、さっぱり解りません。
一生懸命、何かを感じようとするのですが、ピッとも感じません。
私は、やっぱり絵はダメです。

シャガールは素晴らしいのでしょうが、
私がダメで、ガッカリしたので、小牧山店には寄りませんでした。
そのまま、今度は
知多半島の付け根にある碧南の水族館に行こうということになりました。
碧南海洋公園(水族館)は、大変小さな水族館で、
珍しい生き物がいる訳でも、希少なスター動物がいる訳でもない
ごく普通の水族館ですが、
水族館スタッフの手作りの展示が、工夫されていて、面白いので
私の好きな水族館の一つでした。

その碧南水族館がゴールデンウィーク中に休館して、
リニューアルをしていると何かで見たので、
再オープンしたら、ぜひ行って見ようと思っていて、
たまたまシャガールがさっぱりだったので(私がダメで)
その碧南水族館の事を思い出し、調べて見たら、再オープンしていたので、
早速、行って来ました。

碧南水族館の外観は変わりませんでした。
でも塗装がきれいだったので、塗り直したのかもしれません。

それでも館の中に入る時ワクワクでした。
入ってすぐのメインの大水槽が中の岩が迫力一杯になっていて、
泳いでいる魚もたくさんいて、力を入れている所を感じます。
しかし、残念ながら、
他の小さな展示は何も変わりもなく、
私が好きだったスタッフ手作りの工夫一杯の展示や案内に、
あまり変化がなくて、ちょっとがっかりしました。
しかし、老朽化していた古い碧南水族館は、
設備的な不具合がいっぱいあって、
休館を伴う修理が必要だったことは想像がつく。

だから、リニューアル工事は必要だったのだろうと思う。
だから、この水族館に何らかの非があるとは思わないし、
腹が立った訳でもない。
私が勝手に、
リニューアルオープンなのだから、
また、面白い工夫された展示が新しくなっているのだろうと、
勝手に期待してしまったので、
だから、勝手に、がっかりしただけなのだろう。

でも、これは他人ごとではないなと、ひやっとした。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.