谷 好通コラム

2019年05月04日(土)

5.04.色々なことがあった"決勝" スーパーGT第2戦(富士)

前日の予選を2位で通過した#37 KeePer TOM’S LC500
朝、
平川亮選手(25歳)とニック・キャシディ―(?)の両選手が、
自信満々のように見えたのは、
私たちの希望が、無意識に入っていたかもしれません。
あるいは、本当に自信があったのかもしれません。

いずれにしても、
決勝の朝はよく晴れた良いお天気でしたが、
午後から雷雨が降る確率が70%と地元のテレビが言っていました。
少し悪い予感です。

朝9時に御殿場のホテルを出たのですが、
富士スピードウェーまでの道がひどく混んでいて、
回り道で渋滞は何とか回避したのですが、
それでもサーキットのテントに入ったのは10半過ぎで、
いつもの三倍の時間がかかりました。
さすがに10連休の威力でしょうか、
富士スピードウェーには昨日の予選と今日の決勝で
なんと約9.5万人もの来場者があったそうです。

さて、決勝です。
午後2時半スタートの500kmレースなのでゴールは午後5時過ぎでしょう。
もっと早い時間のスタートとゴールが子供連れの客にはいいのにと思います。

スタートは、案の定、雨の中となりました。
セーフティーカ―スタートです。岡山を思い出します。
2位のポジションから#37のスタートドライバーはニック・キャシディ―。
ニックはスタート時の冷えた滑るタイヤでのドライブに定評があって、
スタートから何周もしないうちにトップの#23MOTUL GT-Rを、
ヘアピンで抜き去りトップに立った。
これは、やはり、#37安泰のトップかニンマリとしたのは束の間、
雨がひどくなってくるにつれて、深溝レインタイヤの#23と”38ゼントLCに、
浅溝レインタイヤを選択していた#37KeePerTOM’Sは、
ジワっと抜かれて3番手で周回を重ねた。
そのうち、もっと雨足がひどくなって来て、
クラッシュが起きる前に一度レースを中断する赤旗が出た。

おおよそ1時間ほど中断しただろうか、
雨はまだ少し降っているが晴れそうな空になったので
再スタートしてレースは始まった。
みんなレインタイヤのままだが、やがて雨は上がり、
徐々に路面が乾きつつある頃、
タイヤをドライ用のスリックタイヤに交換する時期を探った。

コースが乾いて白くなってくるとレインタイヤは急速にグリップを失う。
#37がピットに入ったところ、
何を間違ったのか僚友の#36もピットインし、
狭いピットで二台がダブってしまったため、
#37のタイヤ交換を含めたピット作業が10秒ほど遅れてしまった。
どうも、最近のTOM’Sはこの辺のチームワークが乱れているように感じる。
この遅れに頭に来たのか、
交代したドライバーの平川亮選手は
こともあろうか、ピットアウトしたすぐの1コーナーで、
ホィールスピンをしたかの様にコースを膨らんで芝にはみ出して、
5秒くらいロスしている。
デッドヒート中の計15秒のロスは致命傷だ。
あっという間に500クラスのほとんどビリにまで落ちてしまった。

その間に、
僚友の#36は”雨の天才”関口雄飛が11位から7位まで順位を上げていたが、
交代した後の
宮田リトモ(漢字は忘れた)選手がパニックになっていた。
宮田選手は若手登竜門のF3のチャンピオンで、
このレースはWECに出場の為スーパーGTを抜ける中島一樹選手の代わりに
代用選手として500クラスの#36に大抜擢されていたのです。
だから、500クラスでのレースは初めてで、
その初めての場面が、
雨が止んだが、まだ少し濡れている路面に、
ドライ用のスリックタイヤでまだ冷えている状態ではツルツル。
この過酷な条件に宮田選手は必死にドライブするが、スピートは全く出せず、
モタモタ状態で後続の500クラスに次々と抜かれて、
ほとんどビリッケツ。
そこには#37がいて、一時、我がTOM’Sの#36と#37の2車は、
ビリ1とビリ2で走る惨めな状態となった。

もちろん、そんな状態を#37に乗る平川が続ける訳がなく、追い上げるが、
そのうちに#37は#12カルソニックGT-Rと不運な接触をしてしまった。
両者ペナルティ無しの文字通りの不運な接触であったが、
#37は。左前輪に傷を受けスローパンクチャーで、
ピットインしてタイヤ一本を交換する羽目になり、
完全にレースから脱落してしまった。

そうするうちに今度は、宮田選手の#36 au TOM’S LCは、
Bコーナーでミッションを壊してしまいリタイヤ。

これでレースの前半が過ぎ、
この後、
#37 KeePer TOM’S LCは、
平川亮選手とニック・キャシディ―選手の奮闘で、
7位にまで順位を上げゴールした。


度重なる不運は、
そんなに続くものではありません。
次の第3戦(鈴鹿)に期待をつなごうではありませんか。みなさん。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.