谷 好通コラム

2019年03月15日(金)

3.15.独裁者と強く優れた指導者との違い

専制君主、あるいは独裁者とは
たとえばヒトラーであり、秦の始皇帝であり、
チンギスハーンであり、スターリンであり、ポルポトであり、
今においては金正恩が著名で
いわゆる一人の独裁者が、
圧倒的多数の民衆に対して絶対的な存在、絶対的権力者として君臨し、
全ての民衆が独裁者とその一味に服従することを求められる。
独裁者への服従は絶対的であり、
不服従あるいは抵抗には
何らかの罰かあるいは冷遇を与えられ、最終的には粛清される。

独裁者、専制君主も最初は、
状況を把握、分析して、判断し、決断をもって、
行くべき道、そうあるべき手段を、論理的に、民衆に命じているが、
誰もが自分の命令に服従してくると
そのうちに、
“ただ”の独裁者は、
独裁者の好き嫌いとか、
独裁者の機嫌次第で物事の良し悪しを決め、命じ、
服従を求めるようになる。
いわゆる横暴になって、人の意見を聞かなくなって、
自分の横暴な命令に、よく服従するか、
あるいは自分のご機嫌を取ってくる者を珍重し、重んじるようになる。

そんな服従集団である取り巻きは、
自らが重責にあっても、
ひたすら
独裁者の言動に気を配って
ひたすら独裁者の好き嫌いを敏感に感じ取って、
独裁者の気に入ってもらえるような判断をし、言動に務める。
いわゆる『王様の耳はロバの耳』状態で、
その独裁者は現実が何も見えなくなって、正しい判断も出来ず、
結果として破壊と殺戮の悲劇が残るだけの場合が多い。

こんなことはよくある事だが、
かたや「強い指導力を持った優れた指導者」という存在もいて、
常に生きている今の時代の状況を把握して、分析し、判断し、
民衆全体の幸せを重んじる価値観で将来を見通し、
決断して、人心を掌握して、
行くべき道、あるべき手段を、論理的に部下に指示し、号令を出して、
強力な実現力をもって、
自らとみんなの理想を実現し、民衆を幸せに導いて行く。
そんな強力な指導者と言える人たちによって、
歴史は力強く造られ、人類は進化し、平和と豊かな生活を得てきた。
私もそんな強い指導者によって、素晴らしく発展した会社を知っている。

片やただの独裁者は、結果的に破壊と殺戮に明け暮れ、
悲惨な歴史が残ることになる。たとえば、
ヒトラー、秦の始皇帝、チンギスハン、スターリン、ポルポトの世界の後には
おびただしい死骸が累々と積み重なった。

強く正しい指導者と、ただの独裁者の境目は、
両者の価値判断の基準の違いだけのように思える。

正しく強い指導者は、
常に生きている時代の状況を把握して、分析し、判断し、
民衆全体の幸せを重んじる価値観で将来を見通し、
決断して、人心を掌握して、
行くべき道、あるべき手段を、論理的に部下に指示し、号令を出して、
強力な実現力をもって、
自らとみんなの理想を実現し、民衆を幸せに導いて行く。

ただの独裁者とは、
自分の好き嫌いが判断の基準であり、
自分の好き嫌いで物事を進めて行くことが、
自分の力であり、自分の価値であるかのように錯覚をしている者だ。
それで幸せになれる民衆はいない。
たとえば、
ヒトラー、秦の始皇帝、チンギスハーン、スターリン、ポルポトの世界の後
これらの独裁者が生きていた時代を、
幸せな時代だったという者はいず、
そのすべてにおいて
独裁者は悲惨な最期を遂げている。
独裁者は憎まれ、
多くの場合、後世の人々によって嫌われ、憎まれる。
独裁者の成れの果ては、おおかた惨めだ。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.