谷 好通コラム

2019年03月10日(日)

3.10.幸せそうなお年寄りたちと会った。

今日は一日病院でおとなしくしているつもりだったのですが、
ふと、「久しぶりにオバアちゃんの顔を見てこようか。」と思い立ち、
入院以来初めて全日を病院にいる日になるはずだったこの日曜日、
やっぱり午後から4時間ほど外出することにしてしまいました。
ただし、この日初めて、朝、昼、晩の三食を病院食で食べます。

オバアちゃんとは私の母であり、今年もうすぐ90才になる。
つまり、私は、母が23才の時に生まれたということになります。
私は、母がまだピチピチの若い娘の頃に、母から生まれて、育ったのだ。
そう考えると、妙に嬉しく照れるのはなぜだろうか。

でも今日は久しぶりに会いに行って良かったと思う。
母はアルツファイマーを少々患っていて、徐々に記憶が出来なくなって来ているが、
認知症にありがちな凶暴性とか被害妄想とか鬱のような症状とか、
そんな暗い症状をまったく持っていず、
いつも穏やかに嬉しそうにニコニコして話をしてくれる。
友達がいっぱいで、食事が楽しみで、
病院への通院もやる気満々で、
デーサービスが「楽しい」とはにかんだように言うのはかわいい。
友だちが部屋にいつも遊びに来てくれるのが嬉しいのだけど、
「だれどね、みんなが帰ると部屋に私一人になって、そんな時は寂しいんだよ。」
と寂しそうに言うが、贅沢な「寂しい・・」だ。

1時間くらい私たちは部屋にいたが、
ずっとニコニコしながら話し続けてくれる。
同じ話が何度か繰り返して出てくるが、そんなことは愛嬌で、
私たちは、何度でも「あっそう、すごいね。良かったね。」と返事をする。

ちょっと気分転換に大食堂のようなホールに出ていって、
備え付けのコーヒーを飲み、
母は「私は紅茶が良いな・・」と言うので紅茶を入れ、
また、ずっと同じような話を明るくして、
帰りには、玄関まで見送ってくれた。
別れ際には手を振って、その様子がとても可愛い。


今の老人ホームが、たまたま良いのだろうか。
以前一度、
母が自分で探してきた個人経営の、
今とは違う老人ホームに入っていたことがあるが、
そこでは半監禁のような状態での生活で、
母は眠れない状態が続き、睡眠薬漬けになって、
いつ会ってもボーっとしていて、人相まで変わり、これはいけないと思って
一度自宅に引き取ってから
連れ合いが探してきた今の老人ホームに移った。

あれからまだ二年だが、
以前の老人ホームでは半病人のようだった母は、
今の老人ホームで、
ニコニコして、友達と一緒に歩き廻っている。
今のお年寄りは幸せだ。
ただし、正しい老人ホームを間違いなく選べばだが、
つくづくそんなことを思った。

病院でも同じようなことが言えるのかもしれない。
あるいは会社でもそうかもしれない。
関わることでその人の人生に多くの影響を与える役割の者は、
その責任を肝に銘じなければならない。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.