谷 好通コラム

2019年02月08日(金)

2.08.手術をする気になってしまった。憂鬱です。

昨年11月に発症した腰の激痛は「脊柱管狭窄症」であり、
今年の1月に手術を予定されたのですが、
症状の経過なのか、先生の都合なのか、検査の結果なのか、
なぜだか分りませんが
改めて3月18日に手術決行の変更の予定が立ちました。
この日は、ちょうど私の67才の誕生日です。
何も誕生日に手術なんてしなくてもいいのに・・・・

しかし、今年になって、
風呂桶の湯につかる入浴にしたら、
(私は何年も前から毎日シャワーを浴びる入浴であった)
温浴が腰を温め、
血行を良くする効果があって、
腰にあった違和感が無くなり、いたって腰が軽くなったので、
いつもの西部医療センターの稻田先生に訳を話して
「手術をしないで済むのではないでしょうか?」と言って見ました。
そうしたら、
いとも簡単に
「じゃ、今回の手術は中止して、もうちょっと粘って見ますか。」
と、一旦は言ってくれたのですが、
でも色々と話すうちに
稻田先生が
「しかし、痛みは必ず出てくる。
明日か、来週か、遅くとも数年の内には必ず出るので、
谷さんの場合、まだ寿命の方が長いので、
歳を取ってしまってからそれが出て、
もう手術も出来なくなってしまってからだと悲惨なことになる。
今はまだやれるだけの体力があるのだから、
今の内にやるべきですよ。
簡単にやれるんだから、
やっぱり、やりましょう。」と、言われ、
稻田先生の自信あふれる言葉に
私もすっかりその気になって、
「はい、分りました。やりましょう。」
と、つい言ってしまった。

温浴効果ですっかりと影をひそめてしまった腰痛で、
手術をパスできるかもしれないと思ってわざわざ病院に行ったのに、
すっかりまた、
私は、手術をする気になって、しまったのです。

病院から会社に直行して、
帰り着いた時には、また我に返って、
ツラいと聞いている腰の手術をする事に、すっかり憂鬱になったのです。

手術後、退院までが二週間だと言っていたので、
うんと楽な内視鏡を使っての手術では無さそうで、
切開手術後ベットの上に固定されて動けないのが大変つらいと聞いている
あの全身麻酔の手術のようだ。
今の世は、インターネットで何でも調べられるので、
調べれば調べるほど、
あのツラい腰の手術の様子を知るばかりで、
憂鬱になってくる。
また、こんなことを書けば書くほど、
またどんどん憂鬱になってくる。

今日はいまのところ最低の気分です。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.