谷 好通コラム

2018年11月29日(木)

11.29.風呂に入って背中を丸めたら生き返りました。

初めて腰を痛めたのは5年前、
椎間板へルニアで
治るまでに1年間くらいかかりました。
この病気で、私は唯一の趣味であった草レースをあきらめました。
しかし仕事にはほとんど影響を与えず済んでいます。

今度の腰痛は、椎間板へルニアの再発かと思ったら、
加齢による脊柱管狭窄という症状で、
背骨を通る神経の穴(脊柱管)が加齢によって狭くなり(狭窄)、
中を通る神経の束に触っているのだそうです。
グキっと来るのではなく、ジワ〜と来るのです.
私の場合、朝、洗面台で髭を剃っていたら、
腰から尻にかけてなにげなくピーと引っ張るようなとシビレが来て、
全部髭を剃り終わった時
動けなくなってしまいました。
それから、腰から左足全体が燃えるように痛くなって、
4日経ってもまだ十分に痛みが残っています。

しかし、私の救世主でもある腰の権威の稻田先生から面白いことを聞いた。
「風呂に入いるといいよ。
風呂に入って背中を丸くしているといい。
背中を丸くすると脊柱管が広くなって、湯で血行が良くなる。」

びっくりしました。
座る事すら困難で、何やっても腰から左足全体の激痛に苦しんでいた私は、
怖くてシャワーも浴びていなかったのに、
ドボンと風呂に入るなんて発想は全く無かったのです。
しかし私は全面的に稻田先生を信頼しているので、早速やって見ました。
風呂に40℃のぬる湯をためて、四苦八苦しながら風呂桶にたどり着き、
ゆっくりと湯に身を漬け、背中を丸くしてジッとしたら、
体中から痛みがすうっと引いて、快適なお風呂なのです。

脊柱管狭窄症は、歳を取ったら多くの人がなる症状です。
絶対おぼえておくといいですね。
「風呂に入いるといいよ。
風呂に入って背中を丸くしているといい。
背中を丸くすると脊柱管が広くなって、湯で血行が良くなる。」

そんなこともあって、これを書いているぐらいには良くなりました。
まだ少し時間はかかるかもしれませんが、良くなれそうです。

しかし今度は先生から「手術するよ。」と言われました。
私ももう66才ですから、
12月13日から1週間入院して、
体中を総点検し、手術に耐えられる準備をして、
1月18日に手術することが決まりました。執刀医はもちろん稻田先生です。
全国に稻田先生に手術をして欲しい人がいっぱいいるので、
手術は二か月後になりますが、それまでにすべきをして備えます。
手術といっても脊柱管狭窄はそのまま命にかかわる病気ではないし、
ましてや名人稻田先生の執刀なので、生まれ変わるような楽しみがあります。

とりあえず、来週は出社できるのではないかと思っています。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.