谷 好通コラム

2017年09月08日(金)

9.08.意味が解らない「ご確認ください。」

みんなが送っているメールを読んでいてイライラするのは、
おそらく意味も解らず決まり文句をやたらと使って格好をつける事、
その代表的な言葉が、
「ご確認ください。」

その意味は、おそらく、

「添付の表を”ご確認”ください。」ならば
「ご覧になってください。」とか「お読みください。」
あるいは「見てご検討下さい」とかの意味だろうし、

「○○に伝えてありますので、”ご確認”ください。」ならば、
「お聞きになって下さい。」とか「連絡を取ってみて下さい。」の意味でしょう。

「▽▲を宅配便でお送くりましたので、”ご確認”ください。」ならば、
「お受け取りください。」とか「ご賞味ください。」の意味でしょうか。

「■□君が行きますので、”ご確認”願います。」ならば、
「会って下さい」とか「話を聞いて下さい。」「書類を受け取って下さい」かな?
この場合、
「■□君が行きますので、”ご対応”願います。」とも言って、
「対応」という言葉はたいていの場合「確認」と入れ替えても変わらず
同じような意味に使われる。オールマイティの不思議な言葉だ。

「候補が××と○○と、▲▲がありますので、ご確認(ご対応)ください。」が、
ひょっとしたら
「選択して決定してください。」とかの意味だとしたら、
これを書いた人は決定の返事を待っているのに、
自分は見て確かめればいいと思って
選択と決定をせずにいると、相手が困ってしまう場合もある。

更に、
「ご確認ください。」をばかっ丁寧に、
「ご確認の程よろしくお願いいたします。」なんて書いてあると、
ちょっと嫌になってくる。
本人はより上等な言葉と思って使っているのでしょうが、

「ご確認ください。」は、
ものすごくたくさんの意味を持って使われていて、
結局、意味不明のまま便利に使われている場合が多く、
これを多用する人は、逆に、その人の言語能力の乏しさを思わずにはいられない。


若い子に何か食事をご馳走しようと思って、
「○○君、昼ご飯を食べに行こうか?」と聞いて、
「はい、大丈夫です。」と答えられると、がっかりするのと似ている。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.