谷 好通コラム

2017年05月19日(金)

5.19.今日、株式分割を実行し年初来高値になりました。

一昨年の2月、東証マザーズ市場に上場し、
昨年の3月、東証一部に市場変更しました。
そして、今日の12時に今年の6月30日を基準日にして、
株式を二分割することを今日12時の開示で発表しました。

最近、株価が上がっていたのですが、
今日の発表に好感を持っていただいたのか、そこからまた上がって、
今日の終値が前日比+156円で、
年初来高値の2,355円にまで上がって引けました。
ドキドキです。

株価が上がってうれしいと思いますし、
会社にとって可能性が増え、
株主の皆さんに少しは恩返しができたかなと思います。
しかし、私自身にとっては何かが変わる訳ではありません。

私たちにとって会社の株式は、会社の経営権であって、
それにどれだけの値段がついても、それを手放すことはありません。

たとえで言って見れば、
会社の株は、
農業における畑そのものです。

農業を天職とするならば、
先祖が残してくれた畑は、
そこでどれだけのキャベツが出来るのか、
いかに手入れをして良いジャガイモを造るのか。
畑は農業を営む経営権のようなものです。
しかしその農家の周りが開発されて宅地になって、
その畑にも、
びっくりするように値段が付いたとしても、
その農家が農業をやめる気がなくて、
その農家には畑は畑としての価値が最高であって、
畑での農業を営む人生が、その人にとって最も価値があるのならば、
その畑に何億円の値段がついても、
売って換金しても、その金で遊んで暮らすことに何の価値も感じず、
農業としての人生以上に何も物もいい思いも要らず、
農業を営み、
土に親しみ、虫を愛しく思い、
夕日を心に沁み、
丹精込めた農作物に命をささげる人生を尊いと思うのならば、
その畑に何億円の値段を付けられても、
その農家としての人生に全く動じるものではありません。

それと同じように、
自分が作り上げてきた会社の経営は、
そこに働く人によって造り上げた「価値」が、
多くの人に喜びを提供して、
その喜びが、働くものの働き甲斐になっているのならば、
そして、それを実現し支えていくためにその会社の経営権が必要ならば、
をの経営権に莫大な値段を付けていただいても、
経営者としての人生以上には
何も物は要らず、
その経営権を売って、
物を買ったり、遊んだりする人生よりも、
喜びを分かち合う人生を送りたいと思うし、
死ぬまで働いて役に立つ人生をまっとうしたいと思う。
だから、
この会社の株に高い評価をいただいたことはありがたいし、
会社の将来への希望が大きくなったとも思いますが、
それを換金したいとは全く思いません。

しかし、
農家には子供がいて、
農家としての価値観を教えたいと思って、
畑の何分の一をその子供の名義にして、
農家としての価値観を子供と共有したいと思ったのに、
子供は、
その何分の一の畑にも、
億円の値段が付いていて、
すぐにでも買いたいという人がいたので、
躊躇することなく売って、大金を手に入れ、
仕事をやめ、もちろん農家はせず、
遊び、社交に生き、趣味に生きる遊びの人生に入ってしまったとしたら、
その農家は、
畑の一部を分け与えたことに深い後悔を持ちました。

そして、
自分と妻が死んだら、
その子供に畑のすべてが渡って、
畑が畑の意味を失うことが目に見えたので、
それを防ぐために、農家は何をするだろうか。

私だったら何をするだろうか。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.