谷 好通コラム

2016年01月30日(土)

1.30.進化とは否定と創造の同時実現

「進化」とは、
今までの環境に適合した姿形、能力から、
変化した新しい環境に適合すべく、新しい姿形・能力に「変化」すること。

進化に伴う「変化」とは、
「個体差」が徐々に開いて行ったり、
遺伝子レベルでDNAが異常をきたして起こる「突然変異」であったりするが、
いずれにしても「変化」が起こって、
変化する前の元々の形【A】と、変化した後の【AB】では、
必ずしも【AB】が【A】より新しい環境に適合しているとは限らない。
【AB】と元々【A】のどちらが環境に適していているかの競争、闘いである。
新しい【AB】が勝てば、【A】が【AB】に進化したということになり、
元々の【A】が勝てば、進化しなかったということになる。

進化とは新しいものと元々のものとの闘いに他ならない。

これが、一人の人間の中で行われる場合もある。
その場合は「進化」とは言わずに「進歩」あるいは「成長」とも言うが、
「進化」と同じようなことがおこる。

(a)という人がずっと今まで【X】の考え方が良いと言い続け、
【X】に基づいたものを造り、行動してきて、
仲間の(b)もそれに同調して【X】の考え方と行動を行ってきた。
しかし事態が進み、
状況が変わり、(a)はいつまでも【X】のままではダメだと考え、
新しい【Y】という考え方、行動に変わろうとした。
すると(a)の自分の中の【Y】は【X】と闘いを始める。
【Y】になろうと思ったら、
自分の中の【X】をまず否定し切らなければならない。
自分の中の【X】を否定して、【X】を攻撃し始めるのだ。
【X】であった自分が造ったものを、
こんなものはダメだと否定し、攻撃し始める。
【X】であった自分と、
【X】の自分が造ったものをさんざん否定して、攻撃し、勝った時
(a)は、やっと【Y】になれたことになる。
これで、
(a)は、【X】から【Y】に進化したので、
「進歩」し、「成長」したことになる。

この今までの自己の否定、攻撃は中々出来るものではない。
でも進化はこの否定なくしてはあり得ない。
進化とは、否定と新しいものを創造することの同時実現と言える。
しかしこれをしている時、
周りの人から理解されることもほとんどない。
自己否定は日常的ではないからだ。
自己弁護、自己防衛は普通に日常の中で行われるが、
進化のための自己否定は珍しい。

ましてや、(a)に同調していた(b)は【X】のままなのだから、
今まで同じ【X】であった(a)が、
突然【X】を否定し攻撃を始めると、
【X】である(b)も攻撃することになるので、
(b)は、なぜ(a)から攻撃されるのか、意味が分からない。
(b)は(a)の変貌に失望して (a)を否定し、(b)は自分を攻撃する(a)に逆襲する。
逆に、
変化し、進化した(a)は、
自分を攻撃してくる(b)が理解できない。
【Y】に変わった(a)は、
【X】のままの(b)を否定して、
【Y】の正しさを説くが、
【X】である(b)は、程度の評価を得て自信を持っているので、
(a)の言う【Y】はどうしても正しくないように思えて、【X】で逆襲する。

ここで(a)は、(b)に、何故、事態が変ったので【Y】でなければならないのか、
根気よく、これはしっかりと話をしてコンセンサスを取っていくしかない。
あるいは、訣別をするか。離別があるか。
それが嫌なら、根気よくコンセンサスを取るべきである。
そんなことを、思いました。


今、飛行機に乗って熊本空港に向かって飛んでいます。
中部空港では、自分の足で歩いて飛行機に乗りました。
新しく造った左足の矯正靴で歩けるようになったので、
車いすなどを使わずに
自分の足で歩いて飛行機に乗れるようになりました。
これは進化です。あるいは、うれしい復活です。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.