谷 好通コラム

2015年06月03日(水)

6.03.私以上に「仕事が大好きだ。」と言い切る人。

私は仕事が大好きです。
真剣に仕事をしていれば、
必ず誰かの役に立って、
誰かが喜んでくれるし、
喜んでくれた分、報酬をたくさんいただけて、
自分も仲間もみんなハッピーになって、結果として会社も大きく発展していきます。

会社が大きくなることが目的ではなく、
自分や仲間がハッピーになることが目的でもなく、
大きな報酬をいただくことが目的でもない。
仕事をして、誰かの役に立って、誰かが喜んでくれることを目的にすれば、
結果として、
報酬をいただいて、みんながハッピーになり、会社が大きく発展します。
当然の結果として。

逆に、
自分やみんなが儲かり、
会社が大きくなることをダイレクトな”目的”にして、仕事をすると、
結果として、誰かの役に立ち、誰かが喜ぶことが実現しないこともあります。
すると、役に立ち喜んでくれた人からいただくはずの報酬は無く、
結果として、みんながハッピーにならず会社も大きくならないことがあります。

似ているようで、
仕事の目的を間違えると、結果も違ってきます。
当然のことでしょう。

簡単な例ですが、
店頭に並んでいる商品の説明を店員さんから聞いて、
私が「なぜこの商品を仕入れたのですか?」と尋ねたら、
店員さんが「売れると思ったから仕入れました。」と答えたらどうでしょう。
答えとして間違ってはいないし反発を感じるほどではなくても、
あえてこの商品を買ってみたいとは思いません。

逆に、「なぜこの商品を仕入れたのですか?」と尋ねて、
「買ってくれた人の役に立つと思ったから・・」と答えたら、
あるいは「買った人が喜んでくれると思ったから、仕入れました。」と言ったら、
この商品を私は買ってみたいと思います。

どのように答えるかが問題ではなく、
商品を仕入れるという仕事の目的が、
売れて、儲かって、自分や会社のためにと思って仕入れた商品は、
売れるかどうかわかりません。

お客様が買うかどうかは、100%、買う人の選択で決まります。
そして、買う人は、
自分に役に立つか、自分が嬉しいかを基準として選択するので、
買う人の役に立つか喜ぶかを基準にして仕入れられた商品は、
商品の目的が一致するので、
買ってくれる割合が大きくでしょう。

逆に、
その店が儲かるか、店員が儲かってハッピーになることを目的に、
仕入れされた商品は、
買う人の目的と一致していないので、
選択されない、売れない割合が大きいでしょう。

商売は、お客様の気持ちになった者が勝ちです。
商売は売れるかどうかで勝負が決まるので、
売れるかどうかとは、お客様が買うかどうかであり、
買うかどうかは、100%お客様が決めるので、
お客様の気持ちになって選択された商品が、結果として売れます。
商売は、売れたかどうかで勝負が決まるので、
だから、お客様の気持ちになれた者が勝ちです。
ややこしいようですが、これ以上単純にしようがないくらい単純なことです。

仕事とは、誰かのためになることをすること、
役に立つこと、喜んでもらうことです。

そして、人間は、社会性を持った動物なので、
お互いに役に立ちあって生きていきます。
自分のためになる人を大切にするように、
自分は相手のために生きると、大切にされ、愛されます。
こんな言葉が聖書にあったと思います。
「愛せよ。さらば愛されん。」
相手のことを思う、つまり愛すれば、愛されるということで、
「愛されれば、愛せよ。」ではありません。
順序は「愛する」⇒「愛される」の一方通行です。
まず、
相手のことを思う(仕事)から始まり、
結果として愛される(報酬・利益)が得られるということではないでしょうか。

社会性のある動物である人間は、
大切にされ、愛されることによって、自分を確かめ、幸せになります。
だから、社会性を持っている人間は、
お互いが、お互いのためを考え行動していると、幸せになると思うのです。

とすれば、
誰もが幸せになりたいとすれば、
仕事を一生懸命すれば、目的は達せられることになります。

だから幸せな人は「仕事が大好き」です。
しかし、
私も仕事大好きにはある程度自信がありましたが、
私以上に
「仕事、だ〜〜〜い好き」と、体いっぱいのアクションで、
きっぱりと言い切る人がいました。
最高です。
これから長く深いお付き合いを心からお願いしたいものです。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2015


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.