谷 好通コラム

2013年09月15日(日)

9.15.丹頂鶴のてっぺんの「赤」は羽根が赤いのか

そういえば、しょうもない話を思い出しました。
昨日、釧路空港に到着して「丹頂鶴自然公園」に行きました。
この公園は丹頂鶴の飼育に定評があり、世界的に知られた施設です。
その飼育柵の金網に「丹頂鶴クイズ」が貼ってあって、
なかなか面白かったのです。

丹頂鶴は、丹頂鶴の名前のごとく、頂(てっぺん)が丹(赤く)なっているのですが、
その赤は、頭のてっぺんの羽根が赤いのか、皮膚が赤いのか、
何かが塗ってあるのか、というクイズがありました。
私は「羽根」が赤いと思ったのですが、
連れ合いは「皮膚」が赤いのだと言います。
皮膚が赤いとしたら、
それが見えている訳なので、
ようするに、丹頂とは「真っ赤なハゲ」だということになります。

正解は連れ合いの言うとおりでした。

丹頂とは真っ赤なハゲだったのです。
しかも、丹頂鶴が何かで興奮すると、
その丹頂の赤がぐっと大きくなるというのです。

すると、丹頂鶴とは、
頭のてっぺんが真っ赤にハゲていて、
興奮するとその赤いハゲがでかくなる鳥だというのです。

そう思って丹頂鶴を見ていたら、
スケベなハゲ爺に見えてきてしまったのは、
丹頂鶴に失礼であって、イケナイことだと思いました。

画像(640x480)
画像(640x480)

富士山のてっぺんは、夏は真っ黒、冬は真っ白です。

画像(640x480)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.