谷 好通コラム

2013年06月02日(日)

6.2.CoCo一番屋の看板と、ピンクのクラウン

いつだったか、しばらく前に
カレーのCoCo壱番屋さんの看板が、
わざと美味しくなさそうな写真になっていることを書いた。

実物よりも美味しそうな写真の看板で、
客寄せをするよりも、
実際に出て来たカレーの方が、
看板の写真よりも美味しいそうであるほうが、
実際に食べて、美味しいカレーに思えるはずだ。
「また、来よう」と思ってもらえる固定客、リピート客を作ったほうがいい。
だから、わざと美味しそうではない写真で看板を出している。

これは、CoCo一番屋さんから直接聞いたわけではないが、
看板の写真の撮影に関係した人から聞いた実話のようだ。
単なる客寄せよりも、
リピートのお客様を作ることを優先した面白い話として、紹介した事がある。

昨日と今日は
「100点ビデオ」というビデオの撮影で、
ずっと本社の1Fトレセンで撮影であった。
今月の半ば過ぎから多分出来るはずの「上達会」に使う予定のビデオです。

そのお昼に、近くのCoCo一番屋さんからカレーの出前を取り、
みんなで「やっぱ、ココイチのカレーは美味いな〜」と、
カレーを食べながら、
ふと考えついたのです。
「あのピンクのクラウンのCMも同じようなことだったのかな。」

新しいクラウンがすごい勢いで売れているらしい。
特にアスリートが売れているらしい。

しかし、最初、テレビCMに出てきた「ピンクのクラウン」は、
お世辞にも趣味がいいとは思えず、
アスリートのグロテスクにまででかいフロントの口と相まって、
ほとんど「今度のクラウンって・・最低じゃん」と思っていた。

ところが、あれを最初にデレビで見せられているので、
実際に「黒」や「白」のクラウンの実物が街を走り始めると、
「ほぉ、まともな色のクラウンは、なかなかカッコいいね」と感じたのです。
これなら乗れるな。とも。

ひょっとしたら多くの人がそう思って、クラウンを買ったのではないだろうか。
まず、TVでギョッとするようなピンクのクラウンを見せられてから、
カーディーラーさんのご招待か何かで新型クラウンを見に行ったら、
実際に見たクラウンは「黒」か「白」。
あるいはもっと渋い色で、あのでかすぎる口も引き締まって見える。
そして、
「おお、これはカッコいいじゃん、・・・」と、なったのではないだろうか。
買うつもりなんてまったくなかった人までが、
「これなら欲しいな。」と思わされてしまった。
それで新型クラウンが今たくさん売れている。なんてことかなと思ったのです。

ちょっと考えすぎでしょうか。

http://crown-reborn.jp/?adid=ag136_from.tid_crown_athlete_top.121210&padid=136_from.tid_crown_athlete_top.121210#

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2013


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.