谷 好通コラム

2001年02月23日(金)

第33話 新しい連載コラム

待望のレースのある週末がやってきた
朝早くからいそいそとサーキットに出かけ
ガレージからキーパーレビン号を引っ張り出すところから一日が始まる

前回来た時に、私はかなり調子が良かったので
今日もやる気満々であった
しかし、サーキットはFニッポンの貸切時間がかなりあって
私達の練習出来る時間は、午前と午後、各1本(1本25分)づつしかない
今回はそれを承知で1本でも多く走っておきたいと思って無理してやってきたのだ
しかし、色々なことがあり残念な結果となった
午前と午後それぞれ2〜3周しか走れなかったのだ
しかし
Fニッポンの練習を間近で見ることが出来たのは、せめてもの大もうけであった。

※詳しくは[へなちょこレーサー日記]で、お楽しみに!

しかし、今日の目的はそれだけではなく
レース活動の主役であり、また私達のレースのお世話をいただいている清水さんと畠中さん、彼等の新しいコラムをスタートさせるという大切な用件があった

午後の1本も不本意な結果で終わったのは午後1時50分
それから走行後の点検、あと片付けなどを済ましても、まだいっぱい時間がある
サーキットの喫茶店でパソコンを開き、たっぷりと打ち合わせをやった

まず清水さんは予想通りの“筆達人”
「何書いとるのかさっぱり分からんようになって、支離滅裂で恥ずかしい」
と、いつものように真剣に謙遜しながらも
実に面白い達者なコラム、これから先が大いに期待できる。
楽しみだ

それから畠中さん
気合の入った第一話
最初から入れ込みすぎて、後が心配になってしまうほどの力作
しかし驚いたのは、添付用の自分の写真
「すっげえワル」に見えるど迫力
誠実そのものの、礼儀正しい姿勢、信頼を絵に書いたような彼の性格と
コンピューターのプロである彼の仕事を知っている私は
「ヒェ〜〜エッ」とびっくりしてしまった
気合の入りまくったコラム第1話とこの写真、セットになるとチョット別人のよう
これから何が飛び出してくるか、彼のコラムも目が離せない
これまた大変楽しみだ
でもそのうち、こなれてくると
彼らしい「ひょうきんコラム」になってくるのだろうとの予感もあり

いずれにしても彼ら2本の連載コラムがスタートしました。請うご期待!!

※おまけ※
Fニッポンの練習風景はド迫力であった

画像(340x256)
画像(340x256)
画像(340x256)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2001


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.