谷 好通コラム

2001年06月18日(月)

第142話 飲酒運転の損

多分をこの話をアップする頃には
昨日の「へなちょこレース」の話も出ていると思う
あえて
今日
こんな話もしておきたいと思った

先日、当社の損害保険をお世話いただいている人から聞いた話
飲酒運転すると、「損な話」

飲酒運転すると世間に迷惑をかける話は多いが
自分自身も、そしてなにより愛する家族にとんでもないと不幸がある、という話を聞いた

1.飲酒運転して、自分が死んだ場合
自分自身が入っていた生命保険もおりない。労災保険 も 効かない
保険金が何も出ない。」
なんと恐ろしい話だろう

自分に万が一のことがあった時
家族の事を思って
無理して入っている“生命保険”までが出ないという事なのだ

“損害保険”も当然“出ない!”
“生命保険”まで出ないとは、知っていただろうか
飲酒運転で自分が死んだ場合
いくら生命保険に入っていても、保険金は出ず
会社の仕事の途中でも、出退勤の途中でも、“労災も効かず”
家族の生活はなにも保証されないのだ

2.飲酒運転の場合“対物”も出ない

3.飲酒運転の場合“搭乗者保険”も出ない
(この場合、その搭乗者からの請求があった場合には
出る事もあるそうだが)

4.なんと自賠責保険まで20〜30%減額されるそうだ

5.飲酒運転で自分が怪我をした場合も
そして働けなくなった場合も
治療費、入院費も、生活費も、何も、どこからも
どの保険からも“出ない”

一切の事が、負債が、賠償が
家族の背中に背負われるのだ

6.飲酒運転で人を殺してしまった場合
交通刑務所に5年の懲役が普通だそうだ

自分が刑務所に入っている間
家族がその重い荷物を背負うことになる

自分のやった事の責任を、自分で取るのは当然だが

自分の愛する家族を
不幸のどん底に陥れる事を
なんとも思わない奴は絶対にいないだろう

残された家族は確実に不幸になる
なんの罪もない家族に、自分の馬鹿なツケをすべて払わせることになる

愛する自分の家族を、すさまじい不幸に落し入れる危険をおかしてまで
飲みたい酒など
あろう筈がない

自分の家族の不幸と、引き換えに出来るものがあろう筈がない

改めて
飲酒運転だけは、絶対に出来ない
させてはいけないと
許してはいけない
と、強く、強く思ったのでした

反省
自らの無知に反省
自らの愚かさに反省

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2001


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.