谷 好通コラム

2001年06月14日(木)

第139話 名前の入れ物

私はほとんど毎日、たくさんの方と会う
そこで困った事
何故か「名前」がさっぱり覚えられなくなっている
今聞いたばかりの名前も覚えられない
私の“脳みそ”の「名前の入れ物」がイッパイになっているのか
昔からの知り合いの名前は、不思議なくらい良く覚えているのに
新しい名前が全くダメ

ほとんど病気の状態と言えるぐらいである

だから、ここ何年かに会った人と、再びお会いした時に
名前を忘れてしまっている失礼を繰り返している
情けないがどうしようもない

もう一つ
私は携帯電話のメモリーの入れ方を知らない
だから私の携帯電話は何も登録されていない
逆に
電話番号は頭でたくさん覚えてしまっている
たぶん40〜50件は覚えているだろう
何回か、その人に電話をすると、自然に覚えてしまう
電話をかける時は
何十件もの電話番号のメモリーリストを探してかけるより
覚えている番号をダイヤルした方がよっぽど速い
それに
私は携帯電話をよく置き忘れてしまうので
メモリーは当てに出来ないのだ
それでも、掛けない番号は次から次へと忘れていく
つまり
覚えられる件数が限られていると言う事だろう

名前にしても電話番号にしても、覚えられる量が大した事ないのだろう

“容量のはっきりしている脳みそ”
どうも大した事なさそうである

私と何度か会っているのに
ちっともお名前を覚えられずに、気分を悪くしている方が
きっとイッパイいると思います

ごめんなさい
昨日も
お顔はハッキリ覚えているのに、どんな方かも覚えているのに
結局お名前を思い出せなくて
大変失礼をしてしまいました
※大好きな徳島にて(空港からの遠景)

画像(500x142)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2001


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.