谷 好通コラム

2002年05月16日(木)

418話 いよいよ手術か

「いよいよ手術か」なんて題名をつけると
すわっ、何事か!と思っていただける人が何人いるだろう
私は普段からいい加減なことばっかり言っているので
「何をまたバカなことを」と思われるぐらいであろう

でも手術とは、本当の話なのだ
と言っても「指」であるが (#^.^#)

1ケ月前ぐらいに、右手の薬指が「腱鞘炎」になったと書いた
指が曲がりにくくなって、痛む
でも、それを思い出すのは時々だけで、普段はすっかり忘れている
それで、ほとんど気にせずに放って置いたら
だんだん指が曲がらなくなってきて、ほんとに痛くなってきたのだ
先生からは
「湿布の効果があるクリームを塗って、しばらく様子を見て
腫れが引いて来なかったら、仕方ないので、ちょっと切り開いて
腱鞘を切ってやれば直ります」
と、言っていた

たまたまオフクロも、腱鞘炎になって、この間手術をしたばかり
オフクロの場合は、手の親指の付け根が腱鞘炎になって
やっぱり私の場合と同じように、指を無理して曲げると引っかかって
伸ばすときにポコッと鳴ったそうだ
お袋は昔から我慢強いので、痛いまま4カ月も我慢してしまったそうだ
それで、どうしても直らないので手術をした

オフクロいわく
手術は10分ぐらいのもので
麻酔の注射は痛いが、手術そのものは痛くない
麻酔が覚めると、しばらく傷の痛みがあって
こいつは、少しシンドイそうだ
あとは、一週間もたてば抜糸して、おしまい

何ヶ月も痛かったのがウソのように直ってしまったそうだ

あとひと月ちょっとで、またレースがある
それまでにやっちゃおうかな
痛みは、何もしなければたいしたことないが、なにせ握力が出ない
これでは、まともに運転できるかどうか

たった10分の手術
どっ〜しようかなぁ〜
オフクロいわく
「やっちぁえば、楽になるよ」

私は傷跡をいっぱい持っている
頭に2針
左目の上に4針
鼻の頭の傷は、病院に行かなかったので傷跡になってしまった
右手の親指に5針
同じく小指に3針
左足の太ももに6針
やけどの跡、数箇所
骨折3回(左足のすね、右鎖骨、左足の甲の骨)
子供のとき、あるいは若い時にやった傷がほとんど
私は小さいとき、ものすごく鈍くさかったくせに悪いことばっかりやっていたので
傷が絶えなかった

しかし
手術をしたことはない
(歯の治療ではやったが)
たった10分の手術でも、手術は手術
考えただけでも、ドキドキしてしまうのです

どっ〜しようかなぁ〜

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2002


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.