谷 好通コラム

2003年08月21日(木)

実録・タイヤワックスの話

今日はタイヤワックスの話をします。
とんでもなくめんどくさい話ですので、読むのにはチョッと覚悟がいりますよ。(^。^)


予備知識として
?まずタイヤワックスとは

一言で言えば、タイヤの艶出しシリコンワックス
タイヤワックスとは、ある種のシリコンをタイヤに付着させること

シリコンをタイヤに付着させると、タイヤに艶が出ると同時に
タイヤのゴムを傷める色々なものから、保護する能力を持っている。

タイヤワックスをタイヤに塗るということは、すなわちシリコンをタイヤに付着させること

?水性と油性
シリコンは、そのままでは粘土が高く
タイヤにスムーズ、かつ均一に塗ることが出来ない。
そこで、“石油系溶剤”とか“水”の中に、シリコンを混入させることによって
つまり“薄めて”、
タイヤに、容易に、しかも均一に塗れるようにしてある。

?油性タイヤワックス
一般に“油性タイヤワックス”と呼ばれているものは、
シリコンを、石油系溶剤の中に“溶かし”
タイヤに塗り易くしてあるもの。
※“溶けている”状態なので、一般的に「透明」である。
(長所)
油性タイヤワックスは、シリコンと溶剤が両方とも“親油性”であり
やはり親油性であるタイヤに密着し易く、塗りやすい。
油性のタイヤワックスは、タイヤに塗られたあと、
石油系溶剤が揮発して、シリコンをタイヤの上に固定する。
密着性が良いので、シリコンの濃度が低くても、良い性能を出し易いので
どの油性タイヤワックスも比較的安価である。
(短所)
しかし、石油系溶剤はゴムに少なからず浸透するものであり
度重なる使用によって
タイヤの組織を破壊する性格を多かれ少なかれ持っている。
そして、タイヤのひび割れとか
膨潤(溶剤が浸透してタイヤの組織が膨れること)によって
ゴム質の強度劣化、タイヤ内部の材質のはがれ、空気漏れなどの恐れがあり
各タイヤメーカーでは、きまって油性タイヤワックスは使わないようだ。

(結論)
油性タイヤワックスは、安く、塗り易く、よく艶が出るが
タイヤそのものを損傷する傾向があるので
タイヤのメーカー、ディラー、販売店では使われないことが普通である。
少なくとも私の知っている限りでは
どのメーカーも油性タイヤワックスは使っていない。

?水性タイヤワックス
水性タイヤワックスとは、界面活性剤により、シリコンを水に“乳化分散”させたもの。
この場合は、油性の物質が水に分散しているので
専門用語で言うと、“O/W”エマルジョン
(W=水ベースの、O=オイル=油性物質分散型のエマルジョンという)

“O/Wの乳化分散”とは、分子同士が交じり合う“溶ける”状態とは異なり、
油性の物質の微細なカタマリが、水の中に浮遊している状態。
身近な例で言えば「牛乳」がある。
※水性ワックスとは、乳化分散で出来ているので、その名の通り「乳白色」である。

水性のタイヤワックスの場合では
シリコン自体の油性が強く、それを水に分散させるのに
界面活性剤という“親油基”と“親水基”をその分子の両端に持っているケミカルを
液内に混入媒介させて、強制的に分散させるのが普通である。
水性タイヤワックスは
タイヤに塗られたときに、親油性の強いシリコンが選択的にタイヤに付着して
水の部分は流れ落ちてしまうか、蒸発をして、
タイヤの上から無くなってしまう。

(長所)
シリコン自体はタイヤのゴムに対して、破壊的な要素を持っていないし、
もちろん“水”も、タイヤに対して無害である。
だから、水性のタイヤワックスを繰り返し使用しても、タイヤに対する破壊性は無く
きわめて安全性の高いタイヤワックスと言える。
タイヤメーカーでは、この水性ワックスを必ずと言ってよいほど指定としている。

(短所)
もともと溶け合わない水と油を、“分散”という特殊な技術で
希釈してあるものなので、安定性に欠ける。
不安定な“分散状態”のものでは、静止させておくと、簡単に分離してしまう。

そこで、分散の安定性を増すためには
より強力な界面活性剤を使用すれば良いのだが
強い界面活性剤を使用すると、
シリコンがタイヤにくっつく前に、水と一緒に落ちてしまい
タイヤワックス本来の性能が出ない。

タイヤワックスとしての性能を上げるためには、できるだけ“不安定な分散”
安定性を取るか、性能を取るか
そのバランスが最も重要であるのだが、所詮、水と油であり
より多くのシリコンをタイヤに付着させるためには
シリコン事態の濃度を上げることになり、コストが高いものに成りがちである。
タイヤワックスの価格は、シリコンの濃度でほとんどきまってしまうのだ。

(結論)
水性ワックスは、タイヤに対してきわめて安全性が高い。
しかし、その構造上、油性タイヤワックスより高いものに成りがちである。

と、ここまでが
今までのタイヤワックスの常識的な、かつ化学的なお話

では、私達・快洗隊としては“油性”“水性”のどちらを使うか
当然、迷うことなく“水性”を使う

お客様の立場から考えてみれば
タイヤの艶出しをするたびにタイヤが傷んでいくことなど、うれしいわけが無い
私達は、お客様のため、お客様のお車のためになることをしているから
その報酬をいただいている。
だから当然、迷うことなく“水性”を使用している。

しかし、値段は高い
安い水性タイヤワックスでは、満足な性能が無いので
シリコン濃度の高い
つまり、価格がとんでもなく高い
某外国有名メーカーのタイヤワックスを使用していた。
10リットル換算で18000円もするものであった。高い!

と、そんな時
約半年ぐらい前であったであろうか
ドイツのSONAXでの研修開発の責任者であるマンフレッド・ピッチ博士から
乳白色のケミカルサンプルが2種類送られてきた。
わずか4リットル程度ずつであった
「VP-56」と「VP-59」

「ボディーの樹脂部分の艶出し、あるいはタイヤの艶出しに最高です。
しっとりした上品な良い艶になります。試してみてください。」とある

早速、開発部がテストしてみる。
「ホホ〜〜〜ッ」
いいではないか
ではということで、今度は快洗隊に持ち込んでみる

いつも辛口の酒部マネージャーが
「このタイヤワックス、すごいですよっ!
いつも使っているアー○○―○より、はるかにいいです。
ものすごくしっとりした艶で、
しかも、超塗りやすいです。こんなイイの初めてですよ。

早速、ドイツSONAXに報告
大変気に入ったので、これを欲しいと申し出た

しかし、「これはダメ」だと言う

訳を聴いたら
「これは非常に特殊な設備で造ったもの
今までのものとは桁違いの大変な高圧、高熱の釜で
海面活性剤を使わずに、強制的に“エマルジョン=分散”にしたものです。
シリコンも特殊なもので、このまま製造しても非常に高い価格になってしまう。
それでもいいですか?」

私達は業務用のケミカルメーカーだ
消耗品であるタイヤワックスを高いコストで作っても、販売は出来ない

私達の研究所のスタッフS氏(ハンドルネームDr.サンコン)ともジックリと相談した
確かに、高圧高熱下でのシリコンの水エマルジョンの技術が
最新の物として開発されているらしい

とりあえず、高いと言ってもどれぐらいなのか
こちらから指値(買上価格提示)をしてみる

とても無理だとの返事が来たが
「その価格でやれるものを、新しく作ってみる」とも言ってくれた

それから何回サンプルが来たことやら
最初のころ送ってきたものは
性能的にまったくダメで、「話にならない」と報告する
すると
「そりゃそうだろうね」と言って来る

しかしすぐに
「これならどうか?」と、すぐさまサンプルが航空便で送られてくる

性能的には、かなり良いものが出来てきた
しかし、静止テストをすると
案の定「分離」する

先に書いたように
水性タイヤワックスの性能を上げるためには
分散の安定を、不安定な方向に振ればシリコンがタイヤに付着しやすくなり
性能は上がる
しかし、当然のように「分離」がしやすくなるのだ
こんな子供だましのようなことは分かりきっているので、チョッと失望した

それを伝えると
また、すぐに、サンプルが送られてきた
あまりにも早い対応だったので
何をやったのかはすぐに分かった
「増粘」である
・・・・・・
・・

もう日付が変わってしばらく経った
これ以上は、今日はやめます。
この3日間、強行軍だったので
もう目がだめです。
ここからの話は、明日のなるべく早い時間に書きます。

ここまでの話をもっと分かりやすくしたチャートと
話の結末、つまりいよいよ製品化に成功した話をまとめて
明日書きます。

ごめんなさい

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2003


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.