谷 好通コラム

2004年01月18日(日)

874話 青い空<光<青!

グァムで休暇を取った
今はその帰りの飛行機の中

突然の思いつきで行ったので
実際に自由になったのは1日とちょっとだけ
それでも
その一日だけでも、十分であった
目一杯ストレスを発散することが出来た
鉄砲も思いっきり撃った
引き金を引く人差し指の先が痛くなるぐらい撃った
一発一発とうまく真ん中に当たるとスーっとして
頭の中の澱が取れていく

6カ月ぶりの「ウェスタン・フロンティア・ビレッジ(WFV)」には
朝起きて早速出かけた
店には山本さんの奥さんがいて
今回は突然行ったのでびっくりしていた
話が弾む
午後からは山本さんにも会えた

GUNの成績は今ひとつ
比較的うまく真ん中の15点エリアに入ることは入るのだが
外れるときは10cmぐらいいっぺんに飛んでしまうこともある
集弾しないのだ
点数も思ったように上がっていかない

集中力が足りない証拠だ

GUNは集中力の競技
テクニックもあるし、視力、体力もあるが
36発連続して、いいところに入れて行くためには
集中力の持続が勝負になる
的の真ん中の“白地に×”の部分だけに、すべての気持ちを集中する

ピストルを持った手は
無理に止めようとすると余計に動いてしまう
引き金は
引こうと思って力を入れると、銃口を動かしてしまうことになる

構えを基本どおり正確にとって
呼吸を整えて
自分の気を、的の中心にクーーーッと集めていくと
呼吸が自然に止まって
手が止まり、引き金が自然に引かれていく
1〜2秒後
自分の撃つ気とは無関係に、おもむろに撃発され
気を集めていた“×”の印に、フッと黒い穴が開く

すべてがうまく行くときはそんな感じ
これをリズミカルに
3〜4秒に1発ずつ撃っていくと
面白いように、2センチぐらいの真ん中に集中して入っていく

“うまく行くときは”である
昨日はダメ
なかなか集中できない
36発中、真ん中の15点エリアにはいいところ12発
400点に届いたり届かなかったり
少なくとも半分以上は真ん中に入らないと、400点中盤に行かない

午後からの射撃は
(昼からもWFVで撃っていたのだ(^・^))
まず最初に「グロック17」を撃った
たまたま、WFVに入ってきたばかりの銃で
まだレンジマスターの“ローリー”が、2発試し撃ちしただけの
まったくの新品である
早速撃ってみたら最高
動きがスムースで、精度の高さをなんとなく感じる
このグロック17
客では私が始めて撃ったのだそうだ
メーカーでの試射も入れてまだ3発撃っているだけの新品を
私は惜しげもなく36発も撃ってしまった
ものすごく得をした感じ

夜は、チョンさんの射撃場
(この日3回目の射撃場)
チョンさんは元韓国軍の狙撃兵
私が行くと、実に“うるさい”
教え魔なのだ
「谷さんは、教えて上げたら、出来る人だから、僕は教える。
僕が教える人はそう何人もいないよ」

そう言われては
素直に教えられるしかない(^^♪
今回も2時間ぐらい、レッスンを勝手にしてくれた
そして、また、イヤンなるぐらい撃った

この日一日で
何百発かを撃った

次の日
つまり、今日
当然のように、また射撃場に行った
いつものWFVへと、歩いていくとき
客引きに引っかかった
実弾射撃場の客引きだ

客引きをしている射撃場は大したことはない
設備も貧弱で汚いし
何より、銃のコンディションが良くない
でも、なんとなく人の良さそうなボブサップみたいな客引きだったので
親しみを感じ、着いて行ってみることにした
店の中はマアマア
とりあえずいつものベレッタ
最初バカ高い値段を言うので、帰ろうとするが
どうのこうの言って
結局、半分くらいの値段にしてきたので、1回だけ撃つことにする

なぜか判らないが
キチンとしていない射撃場は、訳の判らない絵を描いた“的”を使うので
まったく集中できない
いい加減に撃って
それでもほとんど全弾10cm以内には当たった

ボブサップ風の男が言う
「おまえ、やくざか?それともミリタリーか?」
何も答えずに去る
あ〜〜面白かった

余興は一回きりにして
本命のWFVに行く

今回のグァム最後の射撃だ
気合が入る
思いっきり、気合が入る

銃は一番使い慣れているベレッタMF-92
9発入れたカートリッジ4本が用意される

1本目のカートリッジ
初弾は、真ん中に入った
2発目も真ん中
3発目も、4発目も・・・・・
結局、カートリッジ分9発全部真ん中に行った
いい調子である
全弾撃ち終わって、空カートリッジを銃から抜き
2本目のカートリッジをセット

と、その時
スタッフが「チェンジ ターゲット」と言って
紙で出来ている的、ターゲットを交換した
あまりにも同じところに穴が開いているので、点数を数えるときに困ると言うのだ

いつもは、2つ目のカートリッジを撃ち終わった時点で
点数が良ければターゲットを替えてくれるのだが
今回は1本目が全弾、ど真ん中だったので
1本目でもう替えてしまったのだ

これは、まったく予定していなかったので
「えっ?」と思った
これがいけなかった
集中していたものが、フッと途切れてしまったのだ

ターゲットを替えて、カートリッジ2本目を撃ち始めたが
今度は1発も真ん中に行かない
その周囲1〜2cmぐらいのところにグルッと当たってしまう
ど真ん中が15点
その一回り外側は10点
ど真ん中に当たらなければ、400点以上では点数が上がっていかないのだ

焦る!何とか集中力を取り戻そうと
ちょっと間合いを取ったり、肩を大きく動かしたり、持ち方をちょっと変えてみたり
色々するが、もうダメ
結局、そのあと5発しか真ん中に行かなかった
合計422点

これが今回の最高点となった
今までの最高が450点ぐらいだったので
これは平凡な記録

これで終わり
あと3回撃ったが、それは楽しむことにした
それでも400点はいく
そこからが難しいのだ
15点の真ん中に10発入れば、あとは10点を20発、9点に6発
これで404点

450点以上挙げようと思ったら
15点の真ん中に20発、10点に16発
これで460点
404点から
56点上げようと思ったら
ど真ん中に2倍入れなければならない
10/36の確率から、20/36にしなければならないのだ

その差はものすごくあるのだ

これで、今回のグァムでのストレス発散は終わった

グァムでは射撃ばっかりしていた?
いやいや、一回だけではあったが、ちゃんと海にも入った
そして、浮かんだ

私は泳げない
だから、海では“浮かぶ”ことにしている
シュノーケルを着けて、うつぶせに浮かぶ
リーフの真っ白い砂の底を見ながら浮かぶ
ときたま天然色のきれいな小魚が見られて楽しい

仰向けになって浮かぶ
シュノーケルをはずしていても
ぽっかりと顔が出るぐらいで浮かぶことが出来る
全体重が浮力で相殺されて
気持ちがいい
これを「ぷ〜かぷか」と呼んでいる

今回はビーチでちょっとだけ昼寝もした
太陽がまぶしいが
強い光が体中を包んでくれて、体の中に力が充填されるような気持ちがする

画像(500x375)

地元の人がビーチを散歩
犬の散歩をしている人もいる

画像(500x375)

そして空は“青!”
紺碧の青!

画像(400x534)

青が美しい

画像(500x375)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2004


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.