谷 好通コラム

2004年01月13日(火)

872話 初めてのgive up

11日の深夜
上海のホテルで悪戦苦闘した
どうしても、インターネットにアクセス出来ないのだ

この日、ホテルに戻ったのは夜9時過ぎ
上海・快洗隊の“頼さん”と楽しく食事をして戻ってきた
あまりビールも飲まなかった

上海に来ると、食事が美味しいので
つい食べ過ぎで、いつも2kg以上太ってしまう
しかし、その前に
今年のお正月はあまりにも食べ過ぎ、飲み過ぎで3kg近く太ってしまっていたので
今回の上海では絶対に食べ過ぎに注意しようと決意してきた
だから、今回はビールをちょっと控えたのだ
(それでもやはり食べ過ぎではあった (^・^) )

ホテルの部屋に入ってまずやるのがパソコンの電源確保
特に今回のホテルは古い建物だったので、デスクにコンセントが用意されていない
早速、デスクを動かして後ろに隠れているテレビのコンセントを抜き
そのコンセントにパソコンのプラグを差し込む

中国の電源は220Vだが
パソコンの電源アダプターはそのままで問題なく変圧してくれる
どこででもそうだ
*まず電源確保

次に電話回線
部屋の電話器からコードを抜いてパソコンにつなぐ
このホテルの電話器のコードはすんなりと抜けた
*回線確保
アナログ接続をしてみる

私のパソコンには「GRIC」というソフトが入れてあって
世界中のアクセスポイントの電話番号を探すことが出来る
しかし上海は何度も来ているので
いつもの電話番号で接続することにする

まず、電話番号の頭に「9,」を付ける

ホテルの電話を外線につなげるには「9」をまず最初にダイヤルする
(日本のホテルは「0」である場合がほとんど)
だから、接続ポイントの番号の前に「9」を付けるわけだが
「9」が発信されて外線につながるまでに少しタイムラグがある
だから「,」を、「9」の後に付けて置く
「9,」になるわけだ

私がいつも使う番号は、上海の「(21)95963」
上海市内から掛けるので、市外番号の(21)ははずすので
最終的に「9,95963」となる

“いつものように”発信した
あれっ?発信音にならない

ホテルの部屋の電話が交換台で外線につながっていないのだ
普通、チェックインすれば
自動的に、その部屋の回線を外線につながるようにしてくれているのだが
中国の場合は、つないでくれていない場合が多い

早速、交換台に電話をすると
交換台の係員が“中国語”で出る
もちろん、こちらは中国語はさっぱりだ
だから「Hellow」と行く
三ツ星以上のホテルならば、交換台の係員は英語を喋る人
だから、こっちも英語で行くわけだ
英語が世界の共通語であることを実感として感じるときだ

「Hellow」
「I‘d like to call to outside of this hotel」
適当に考えたへたくそな英語で
大抵の場合通じる
こっちも英語は苦手だが、あっちも英語人ではないので
まっいいか、で適当にしゃっべっていると
何とか通じて接続してくれる

今回も、とりあえずOK

準備万端整って、発信

うんっ? 話中(はなしちゅう)の信号音だ
おかしい
以前、回線が詰まっていてこうなるのかな、と思って
間をおいて発信を繰り返した事があったが
必ず話中の信号音になって接続出来なかった
今までの経験で言うと、一度話中の信号が出た回線は
ちょっとやそっとではつながらない

番号を変えることにした

今度の番号は「17200」
だから「9,17200」で発信

今度は、受信音が出た
「ピ〜ヒョロヒョロヒョロヒョロ、ザーッ」って奴だ

IDとパスワードの認証に進んだら
「IDとパスワードのいずれか、あるいは両方が違うので接続できない」と来た

これは有りうる

日本で使っているときは
IDは、「○-tani@○○4」で通るが
外国に出ると
「○-tani@○○4.so-net.ne.jp」まで入れておかないとつながらないのだ
これは経験で憶えたこと

前回、上海に来たのは10月
それからパソコンを一度変えているので
接続のIDが、国内でつながればいいようになっているのかもしれないと思って
チェックする
が、大丈夫であった
きちんと「○-tani@○○4.so-net.ne.jp」になっていた
パスワードは保存してあるので問題ない
問題があったとしても、私はそのパスワードを覚えていないので (――;)
打ち直すことが出来ない

何度やっても、接続できないと出るので、この番号ではあきらめる

電話番号を変えてみることにする
今度は「38764510」
先ほどまで番号は5桁であったのに、これは8桁もある
なぜなのかは知らない

いずれにしてもやってみることにする
「9,38764510」で発信
今回も無事に受信音が来て
順調にIDとパスワードの認証が始まった
・・・・・
「接続!」

今回はかなり苦労したが、やっと接続できた
と、思って
インターネットを呼び出したら“通じない”
何も呼び出せない
メールの送受信も出来ない
パソコンは接続していると言っているだけで、実は通じていない
ここまでやって10時半
日本時間で11時半

あといくつか、GRICが提示している電話番号で接続を試みたが
結局ダメであった

もうやめた

あきらめてGRIT吉田君に電話をして、また代筆を頼んだ
「今、上海なんだけど、どうしてもインターネットに接続できないんだ・・・・・・・」

初めて接続に失敗した

前回の札幌で接続を断念したのは
外に行って電波を拾うか、公衆電話を使えば接続できたのだが
寒くて、とても外に出て行く気にならなかったから

今回のように
接続の仕方がわからなくなって、断念したのは初めての経験だ
ドイツからでも3回とも成功したし
韓国からでも、グァムからでも、もちろん7回の上海行きのときでも
苦労をした場合もあったが
すべて、接続に成功していた
それで、かなり接続には自信を持っていた
途中であきらめたのは
今回が初めてだ
久し振りに“挫折感”を感じる

なんてメゲテいる暇は無い
12日は半端ではない強行軍のスケジュールをこなしたのだ
今回は2泊3日
日曜日に出発して、日本が祝日である12日にギッシリと予定を詰め込んで
13日は帰るだけの予定になっている
飛行機の予約の都合でこうなってしまった
(中国はもうすぐ旧正月なので飛行機が非常に混んでいるのだ)

街には、旧正月の飾り付けが始まっていた

画像(500x375)

アイ・タック技研?に入社した李さんと
海外事業部荻野部長、李さんの直属の上司だ
上海郊外の縫製工場からの帰り

画像(500x375)

残念ながら
上海への飛行機の中で書きはじめ、ホテルで書き終わった871話も
この872話も、13日に名古屋に帰ってから上げることになる

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2004


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.