谷 好通コラム

2004年01月13日(火)

871話 事を進めるとき

(この話は、11日、上海に行く飛行機の中で書き始めたものです。
上海でインターネットへ接続に失敗して、何ともならず
13日名古屋に帰ってきてから載せたものなので
日付がおかしくなっています。)



昨日(10日)、刈谷産業振興会館の一番大きな会議室で
中期経営計画(3ヵ年経営計画)の発表会が行われた

集まったのは約70名
?快洗隊と?神戸快洗隊のスタッフは、店が営業しているので
残念ながら出席できなかったが
それを除けばほぼ全員が集まってくれた
経営幹部、営業部門、業務部門、管理部門、快洗隊など関連会社、広報
それに加えて販売促進に力を貸してくれる人たち
パートさん、アルバイトさんたちまで含めて
この会社をこれからか進めて行く人たちほぼすべて

たくさんの人の前で話しをすることは
日常的によくあることで、慣れているつもりであるが
この日は、一人一人すべて知っている人たちで
いつもとはまったく違う緊張感があった
全身に力がみなぎる想いが走る

3カ年計画を要約すると
まず、商品は今のラインナップで行くこととする
新しい商品は出さずに
たとえ何か出したとしても、同じ商品のバリエーションを拡げたり
ブラッシュアップをして、より高い性能と
多様な形態を作っていくことまでとする

ここ何年かたて続けに新しい商品を世に出してきて
いずれも、品質的には高く洗練されたものであると
それなりに自信を持っている
がしかし、あまりにも早いペースで新しい物を出してきたので
一つ一つの商品の告知が十分には進んでいず
本来の商品力の評価が得られないままになっている物が多い
そんな商品たちを
ジックリと広めて行くこととする

そして
キーパーなどの主力商品の販売領域をどのように拡げていくかを
大胆に考えていく
もちろん、商品としてのブラッシュアップも重要な課題だ

そしてアクアキーパー
これは使えば使うほどその凄さが判ってくる商品で
キーパーに匹敵する商品力を持ったもの
そしてこれは「汚れにくい車」を作り出し
びっくりするほど洗い易くなる
キーパーが有機物である「高分子共重合体の膜」を作り出すものに対して
アクアキーパーは、「ガラスを、ボディーにメッキ(ナノレベルで電着)するもの」

キーパーを好む客層とは、また別の客層に支持をいただける商品であり
その可能性はかなり大きい

このアクアキーパーに対する期待は
3カ年経営計画においても
将来のアイ・タック技研グループの1/4を占める主力商品に育っていくものと考えた

快洗隊は、大胆な計画で
?快洗隊・?神戸快洗隊などの直営店を
今の4店舗から、3年後には21店にするというもの

優れたスタッフをどのように育てていくか
ここが一番のポイントになる
しかも、その実現に凄まじいハイペースが要求されるのだ
効果的な教育の仕組み、募集の仕組みを構築しなければならない
加えて
店舗をそのようなペースで作っていくには莫大な費用が必要となってくる
その資金規模は億円単位のものとなる
資金計画をどうして行くのか
かなり綿密な計画を立ててきた

チェーン店さんは、3年で100店にする
快洗隊というビジネスが、もっと収益性が上がる魅力あるものにしなければならない
そのためには、直営店がどこまで進化できるか
本部がどれだけのサービス能力を持つか
それぞれの問題が明確になって
その解決できてこそ実現が可能となる

解決策の一つのポイントになるのが
快洗隊の“洗う”“磨く”“掃除する”の3つの要素に加えて“直す”こと
この部分をどのようにしていくのかである
そのキーワードは“品質”
めどは付いた
早々に実現にかかる

最後に、商品販売と快洗隊がダイレクトに連携したところで
一通りの計画が終わる

しかし
3カ年計画が終わった時点で、今度は本当のスタートが始まるのだ
ここからが本番

いずれにしても
今年は、新しいことを始めるのではなくて
今すでにあるものを“進める”“拡げる”ことに全力を尽くすということになる

あるいは
去年までが
“事を起す年”であり
今年からは“事を進める年”

キチンと強固な地盤を作り上げて
そこから大きなジャンプを図ろうということ

今回の発表会に、遠方から出席してくれた販促会社の方からもらったメールに
「とにかく、スタッフの人たちが凄い人たちで驚いた・・・」
と書いてくれていた

確かにそうだ

考えてみれば、凄いスタッフが
いつの間にか、どんどん増えてきていて
とんでもない力を秘めた陣容になってきている

今年は新しい“物”は出てこないが
たくさんの縁が、今年は本格的に”動く”年になる
今年は、動く年
本格的に“事を進める年”になる

※会議中は集中していたので、写真を撮るのを忘れてしまった
会議が終わってから、がらんとした会議室の中で吉田君だけ最後までいた

画像(400x300)

名古屋から上海に向かって飛ぶ飛行機の中でこれを書き始めた
ここまで書いた今は
上海のホテルの中
荻野部長がインターネットで探したこのホテル
妙に細長く、背が高いホテル
一泊498元(デラックススタンダードという部屋)
日本円で7,000円ぐらい

中国は物価水準からするとホテル代がメチャクチャ高い
そんな中ではかなりお安いホテル

部屋はなんとなく湿っぽく
服を掛けるところ(カタカナでクローゼットというのか?)は
カビ臭いので何も掛ける気にならない
が、しかし
窓からBADOUの風景のはじっこが覗いていて
「ほっほーっ」となった

画像(550x348)・拡大画像(600x380)

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2004


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.