谷 好通コラム

2018年12月11日(火)

12.11.一度キャンセルした予定はなかなか戻せない。

先日の突然の腰痛で、予定してあったスケジュールを随分キャンセルしました。
直前になってからのキャンセルは相手にご迷惑をかけるので、
キャンセルするおそれが濃い場合には、
前もってこちらから先にキャンセルするのが礼儀だと思い、そうしています。
しかし、あの激痛の感じからして
暫らくの間は身動きが出来ないと思っていたら、
発症してから10日目位を境に、楽になって、
キャンセルする必要がない予定までキャンセルしてしまった事態に気が付き、
慌てて、キャンセルのキャンセルを申し出ても
再度戻せる予定はほとんどありません。

それでも一件のIR(投資家向広報)を、時間をずらして戻すことが出来ました。
IR活動は法的な義務ではありませんが、
上場会社にとって非常に重要な活動と考えて積極的に行っています。
IRは情報開示が積極的な会社として信用度が上がるだけでなく、
私自身にも非常に役に立っている面があるのです。
それは、投資家に対して会社の現状と問題点を説明し、
解決策と見通しを筋道通して話すと、
自分の考えの整理と確認が出来るし、
今度は投資家から自分とは違う視点から質問としていただいたりして、
自分が思い至らなかった部分に気づかされたりするのです。

個人投資家から資金を預かって運用している機関投資家は、
多くの会社の経営を間近に見、
痛みを伴ってその存亡を見ているので、
私が知らない経験も数多く持っていて、教えられることが多くあります。
実際に会社を経営していると見えなくなっていることも、
投資家の視点からはよく見えることもあるのです。

今回の腰の激痛では先週約一週間会社を休んで、
迷惑をおかけしてはいけないと思ってたくさんの予定をキャンセルして、
意外と早く回復したので、キャンセルした予定を復活しようとしましたが、
一度キャンセルした予定はそう簡単に復活するものではありません。
それは、一度逃したチャンスは、
二度と取り戻せない事と似ています。

今回は、今日の充実のIRの1時間で、
一週間分の空白を埋められたような気がしましたが、
こんなラッキーはそう何度もある訳ではないでしょう。

明後日から1月18日の手術を目指しての準備の入院がまた1週間続きます。
今回、尊敬し信頼している稻田先生から「手術しよう」と言われたことを、
大きなチャンスと思い、
このチャンスを逃すと、二度と得られることはなく、悔いを残すのでしょう。
この予定は、万難を排して、必ず実行したいと思っています。


本文とは全く関係ありませんが、
甚目寺店の大看板が一新されました。

画像(640x479)・拡大画像(800x599)

Posted   パーマリンク

2018年12月08日(土)

12.08.やっと、冬がやってきました。

今年は12月に入っても半袖でいる者がいるほど暖かく、
年末の雰囲気もなかなか盛り上がりません。
猛暑の夏の次は暑いくらいの暖冬とはやはり異常です。
冬への変わり目に吹く「木枯らし」も、結局、吹かないまま
それでもようやく冬らしく寒くなったと思ったら
北海道と東北では大雪になっているとテレビで言っていました。
店舗の日報によると新潟や広島でも初雪が降ったようです。
最近の地球の気候は何かにつけて極端になってきました。

これが洗車とコーティングの事業にどう影響するのか。
プラスマイナス両面相半ばしていて、よく解らないが、
たとえば今日みたいな日は、
古くからの店舗はもう年末が始まったかのような繁盛ぶりだが、
新しい店舗では、忙しかった店舗と
まだ不思議なくらい静かな店舗もある。
何が違うのか。
いずれにしても、
お車を大切にしたい人達に役に立てる仕事と信じる。

画像(640x453)・拡大画像(800x567)

Posted   パーマリンク

2018年12月07日(金)

12.07.今日は、車の撮影日

今日は、年に二三回はある車のツヤ撮影日です。
新車種を定期的に撮り足して行き、レパートリーを増やしていきます。
特に今回は、
企画チームに世代変りがあったので、
赤嶺デザイナー、細村デザイナー、本多デザイナーなど
新しいメンバーにKeePer流の車のツヤ撮影が出来るようにするのも目的です。

デザイナーさんを直接に雇用したのは10年以上前のことになる。
それまでは当たり前のように、広告代理店、あるいは印刷屋さんの営業に、
こちらの販売促進策の意図を話して、
印刷物の制作を依頼して行ったものだが、
実際に絵や文字にする例えばデザイナーさんに話をする訳ではなく、
すべてを営業さんを通して伝えるので、伝言ゲームのように間接的で、
微妙に自分の意志が実際の絵や文字に反映されないまどこしさがあった。
それでも、宣伝広告というものは独特のものがあって、
デザイナーへの指示も特別な専門用語を知っていなければ
言葉も通じない特殊な世界の人達のような気がしていた。
しかし、間接的コミュニケーションに対する欲求不満は貯まる一方で、
ある広告代理店と決別することがあったのを良い機会に、
デザイナーさんを直接、募集してみたら、
びっくりするほどのいっぱい応募があって、
その中から若い女性のデザイナーさんを一人採用した。

最初の頃は、どれくらいの仕事があるのか分らなくて
恐る恐る一人のデザイナーさんを雇ったのだが、
仕事をやりはじめたら、どんどん仕事が片付いて、
たくさんの人の要望に応えていたらどんどん仕事が増えて、
次から次へと仕事をやっている内に、
すぐにデザイナーさん一人では足りなくなり、
気が付けば三年後には8人になっていた。

直接、販促物を造るデザイナーと話をするので、
造ったものに自分の意志がリアルに反映されていて、
たとえ食い違いがあったとしても、
その修正が素早く出来て、
あのまどろっこしさが全然ないのが気持ち良かった。

デザイナーさんに直接仕事をやってもらうようになるには、
どんな印刷物を造るかを自分で考えなければならないし、
文章も全部自分で考えなくてはならない。

しかし、
言葉を造るコピーライトと、
ディレクションは自分でやることを覚悟できれば、
気の合うデザイナーさんを直接雇って、
自分の思った通りに使っていくのは、
圧倒的に速いし、結果的にすごく安いし、
なんと言っても圧倒的にいい仕事が出来る。
ただ、
デザイナーさんは手に職を持つ職人さんのような面があって、
一人前の技術を持っていれば、
どこに行っても通用するので
独立心が強く、常に変動することを覚悟しなければならない。
しかし、デザイナーさんはそれぞれに持っている持ち味が違うので
ある程度の世代変りは、寂しい面もあるが
無くてはならない新鮮さの更新と考えれば意味も出てくる。

それに、KeePerの考え方に合っている人もいて、
長い間一緒にやってくれているデザイナーさんたちもたくさんいて、
おかげで、強力な体制がまた出来つつあります。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2018年12月06日(木)

12.06.改修・半田店、新・名古屋東店、改修・岡崎店、豊田店

12月に入る直前の五日間、
店を休んで改装工事をやった半田店に、昨日、行ってきました。
半田店はカーディラーが移転した後の店舗を居抜き改装して借りています。
約四年前のことです。
キーパーラボは、他にも多くの業種の店舗の跡を居抜きで借りています。

「居抜き」で
一番多いのがコンビニエンスストア跡。
コンビニ店舗本体がコーティングブースとゲストルームに改造出来、
駐車場にテントを張って洗車と仕上げの作業場を造ります。
大体同じパターンで出来るので一番多いパターンです。
全体の3分の1がこれです。

次にガソリンスタンドの跡は、
水道、排水、電気など多くのインフラが共通しているので、
意外と安い改造費でキーパーラボに変身させられます。
しかし、その形が千差万別なので、改造には一軒一軒に相当な工夫が必要です。
一宮、松戸東、船橋、江南、大府などがそうです。

靴流通センター、
これはかなり苦労しますが、店舗に迫力があって意外と面白く改造できます。
宝塚店、郡山店がそうです。

そしてカーディラーの跡は、この半田店と葛飾店の2軒で、
最初に思ったよりも改造に苦労しました。
カーディーラーは、商談スペースが広いショールームが大きくあって、
このスペースが特殊な構造をしていて、
つい、ゲストルームに使いたくなるのですが、
ここは最初からコーティングブースに割り切って使うしかないようです。
この半田店も改装の修正を2回やって、
今回また、照明のLED化と看板の改造と、造作の化粧直し等をしました。
かなり大掛かりだったので店舗を4日間休んで工事をしました。
もうこれでしばらくは良いでしょう。
カーディーラーの跡は一番難しいですね。

今度の改修は、充実です。
【半田店】デカすぎて威圧的であったサインタワーを少しカットして
新しいタイプのデザインにしたらグッと存在感が増しました。

画像(600x400)

インフォメーション看板は外の人にこの店が提供できる価値の表札です。

画像(600x400)

一級技術資格百合草ng>スタッフ、重松チーフ、一級技術資格磯部スタッフ

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

イチョウがやっと紅葉してまっ黄色になっていました。

画像(600x400)

12月1日にオープンした【名古屋東店】
狭い店舗ですが、存在感の強い店舗で、新規のお客様が多く来られています。

画像(600x400)

インフォメーション看板が活躍しています。

画像(600x400)

洗車をする場所が一か所しかないのが悩みの種です。

画像(600x400)

チームワーク抜群の夏原チーフ安部店長、一級技術資格小栗スタッフ。
この店は間違いなくすごい店舗になります。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

思い切って南下して、
改修工事のために5日間休業した【岡崎店】に来ました。
外からの印象も随分変わりました。屋根の上の看板は正月明けに変わります。

画像(600x400)

一級技術資格北尾スタッフ、年が明けたら2回目の産休に入ります岩崎シニアスタッフ、おめでとう!。
がんばる池田チーフ。新しいアルバイトさん。(名前忘れましたゴメン)

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

ちょっとした配置換えで洗車スペースがすごく広くなったように思えました。

画像(600x400)

せっかく岡崎店まで来たので、【豊田店】に来ました。この店も早く改修したいですね。
一級技術資格青山スタッフと、松川店長

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

Posted   パーマリンク

2018年12月05日(水)

12.05.我が心臓の冠状動脈は「太くてキレイ」だそうです

話はややこしいのですが、私は今、入院しています。
心臓カテーテル検査の為です。
それとは別に腰痛で苦しんでいたのですが、それとこれとは別です。

心臓カテーテルの検査は、
ずいぶん前の健康診断の心電図に怪しい波形が見つかって、
精密検査を受けるように指示が出たので、
近くの大きな病院の平敷先生の所でいろんな検査を受けた挙句に、
心臓を取り巻く冠状動脈(冠動脈)の状態がはっきり判る検査
心臓カテーテル検査を受けることになってしまったのです。
カテーテルという細い管を腕の動脈から入れて、
心臓の冠状動脈に直接、造影剤を入れて
その状態をリアルタイムで見る検査です。
12月3日に入院して、4日に本番、一晩経過観察で5日退院のスケジュール。

この検査を受けることは二週間ほど前に決まっていたのですが、
その後、腰に激痛があって苦しむ羽目になってしまいました。
こんな調子では三日間入院して行うような重い検査は無理かと思って
整形の稻田先生に心臓カテーテル検査の予定を言ったら、
わざわざ稻田先生が平敷先生に電話をしてくれて相談の上
来年に予定した脊柱管の手術の為にもしっかり見ておいた方がいいと
むしろ、賛成されて、結局、検査を受けることになったのです。

検査は、検査と言っても手術の部屋でやる手術のような検査で、
腕の肘に局部麻酔をして、
動脈の一部を開いてカテーテルを入れていくのですが、
カテーテルがぐいぐいと入っていく感覚が、よく解って、
体の中をひっかき回されるようで
大変気持ちの悪いものでした。
さすがに心臓近くまで行った感覚は判りませんでしたが、
たった30分ですが、しかも痛かったのは局所麻酔の注射だけだったのですが、
ものすごく怖く感じた手術台の上での30分だったのです。

結果は、
「狭くなっている個所は見られず、太くてキレイな血管でした。」だそうです。
結果的には良かったわけであり、
腰が治りかけの時期に二日半の入院はちょうどいい休暇だったわけですが、
体の中をカテーテルというワイヤーが心臓めがけて入っていく恐怖は、
何度も味わいたいものではありませんでした。
年とってくると、こんなことばかりが続いているような気がします。

今日からまた仕事が出来ます。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.