谷 好通コラム

2020年06月02日(火)

6.02.2020年5月のラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



5月のラボは、関東での4月の20日間休業の影響があり、
休業から明けた4月29日以降、5月の連休中にかけて
関東では来店が非常に多く、
しかも、洗車だけでなくコーティングやメンテナンスを注文される方が目立ち
それもリピートのお客様が多く、
休業中に「いつもの店で、いつものコーティングを」と、
待っていてくれたお客様が多いと感じました。

そんな関東を含む東日本は、
前年同月比128.5%(既存店だけでも123.5%)の218,105千円を売上げ、
5月1千万常連の札幌店と足立店、加えて世田谷店が
初の3店舗一千万円オーバーを果たした。
今年度初の新規店小平店も、オープン月・新記録の3,852千円を果たした。
また、特筆すべきはKeePerコーティング類の施工台数で、
クリスタル、ダイヤモンド、EXキーパー等で計6,029台の施工があり、
この台数は昨年の12月のピークでの6,910台の実に87%に匹敵する。
12月は平月の約2倍の施工台数がある事を考えるとこれは凄まじい数字です。
東日本は4月の29店舗休業を跳ね返さんばかりの好調な5月であった。
それに対して西日本は決して不調ではなかったが、
前年同月比112.4%の172,873千円であり、絶好調の東日本の前にかすんだ。
しかし全体としては、休業店舗のあった4月の前年同月比68.1%であったが、
5月は全体で前年同月比118.3%と挽回して、6月には完全挽回を目指す。

画像(640x495)・拡大画像(800x619)
画像(640x456)・拡大画像(800x570)
画像(640x572)・拡大画像(800x716)
画像(640x492)・拡大画像(800x616)
画像(640x349)・拡大画像(800x437)

Posted   パーマリンク

2020年06月01日(月)

6.01.続・すさまじき西東京 三鷹店、杉並店、世田谷店

絶好調スタートを切った新LABO小平店の責任者小澤課長の前任は
LABO三鷹店の店長であった。
【三鷹店】は豊かな住宅地にあって平均を大きく上回った実績を上げつつあり、
それには小澤店長のマネージメントぶりが大きく貢献していた。
この日の4件目はその三鷹店に行った。

三鷹店の新店長は渡邊店長、
彼の前の勤務地はトレッサ横浜店での店長で、
今度は自宅からぐんと近くなって、
しかも大きな実績を上げていた三鷹店の店長赴任に張り切っていた。
しかしコロナ禍直後であり、ただでさえイレギュラーなことが重なって、
苦労していたが、この5月は前年を上回ることが出来、
しかも750万を超す大きな実績を上げてきた。
三鷹店は決して大きな店舗ではなく、大変だったであろう。
しかし前任のトレッサ横浜店も狭いスペースでの運営で、
その点においてはお手のものだったのかも知れない。
三鷹店のスタッフは渡邊店長をはじめ、いつも笑顔が絶えず、いい雰囲気だ。

渡邊店長

画像(500x333)

一級技術資格榎戸スタッフ、一級技術資格山田シニアスタッフ・菅原チーフ

画像(600x400)

二級資格を先日取った新人の中村スタッフと、同じく新人の山崎スタッフ。

画像(600x400)

一級技術資格内田スタッフ。

画像(500x333)

三鷹店の地域は景観条例で赤い看板が上げられないので、地味な看板になっているが、
これはこれでシックでいい感じです。

画像(600x400)

LABO杉並店は、小平店がオープンするまで今年度唯一の新店であった。
その杉並店には自分で創意工夫が出来る保坂店長と関谷チーフが抜擢され、
期待が大きかった杉並店はエース起用の態勢だった。
オープンからちょうど一年経って、
杉並店はその期待されるポテンシャルに応えて
前年同月比150%にせまり、
13か月目で500万円にせまる高い実績を上げつつある。

ホームページの店舗紹介も一見の価値有りです。
http://www.keeperlabo.jp/suginami/about/

画像(600x400)

施工掲示板も外からも見えるようにと改造していました。

画像(500x333)

一級技術資格石川スタッフ、高田チーフ

画像(600x400)

一級技術資格山元スタッフ、頭脳派保坂課長

画像(600x400)

最後に世田谷店
当初は立ち寄る予定はなかったが、
杉並店から新横浜駅に行く途中でもあり、
この5月、世田谷店は札幌店、足立店に次いで1000万円を突破し、
特にこの日はお客様がたくさん来られていると聞いて、
いてもたってもいられず邪魔になる事に気を付けつつも寄ってみたのです。

1000万円突破で伊藤課長はどや顔いっぱいかと思ったら、
意外や、照れくさそうな笑顔でした。
プラス一級技術資格磯崎スタッフ。

画像(600x400)

一級技術資格岡安スタッフ。かわいいですね〜。

画像(600x400)

またまたかわいい子がいました。
新人の佐藤スタッフとその先生役の一級技術資格奥村スタッフ

画像(600x400)

藤本チーフ。一級技術資格田中スタッフ。

画像(600x400)

この日の最後に一級技術資格剣持スタッフ。
窓から見える環八は、たまたま車が見えませんが、結構車は走っていました。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2020年05月31日(日)

5.31.すさまじき西東京 八王子店、昭島店、小平店、

今日は、鈴置専務のお誘いに大喜びで乗って、
西東京のLABO店舗を廻ってきました。

西東京の店舗も4月は20日間休業したので、
4月の実績は10日間分だけで前年同月比40%台と惨憺たるものでしたが、
5月に入ってから、
それを取り返さんばかりのハイペースで来ています。

詳しくは明日の
「キーパーラボ運営事業の月次速報(5月度)」をご覧いただくとして、
いずれにしても、この実績が、
ただ単に提供する側(店側)のみんなの努力の結果だけでなく、
このコーティングというものが不要不急の商品なので、
かえって、休業中に減った販売実績分が、
お客様から「この店舗で、この商品が欲しい」と思われていたことによって、
再開店した時以降に、改めてその分が加わって買われたことになるようです。
だとしたら、これは究極のリピートと言えるのかもしれません。

まず、八王子店に行きました。
ここは「ドライブショップ・カレッツァ八王子店」の敷地の中にありますが、
今日はカレッツァの方もすごい数のお客様で、自粛の解除効果のようです。
ラボの方もブースも仕上げ場も盛況です。

小林店長、一級技術資格田中スタッフ

画像(600x400)

意志の強そうな新人長澤スタッフと一級技術資格大島シニアスタッフ。

画像(600x400)

専務の期待が大きかった元花屋さんの一級技術資格葭本(よしもと)スタッフ。

画像(500x333)

元気な野谷チーフ

画像(500x333)

新しいKeePer LABOの基本スタイル。

画像(500x333)

次の昭島店は、八王子店から車でわずか15分。
狭い店舗ですがインターネットでの好評ぶりがすごく、
すでに八王子店の実績を越しています。
今日も車でびっしりの盛況で、驚きました。

画像(600x400)

しかも、たまたま今日は4名のスタッフしかいなくて、大変なようでしたが、
店長はじめスタッフの皆にちっとも悲壮感など無く、
むしろ、みんなの笑顔に大忙しを楽しんでいるようなたくましさがありました。

一級技術資格石川スタッフ、絶好調の岡野店長

画像(600x400)

千葉チーフと一級技術資格嶋田シニアスタッフ。

画像(600x400)

さて、次に約1か月前にオープンした「キーパーラボ小平店」です。
この店はちょっと大型店なので、関東初の純水ドライブスルーを入れています。
そして初の試みとして5月いっぱい「無料開放」をやってみたら、
何と2,694台も純水洗車をしていかれたそうです。
皆さんに残らず、ご挨拶とクリスタルキーパーのチラシを配りました。
しかしそこからのコーティングはほとんどなかったのですが、
それとは別途にクリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーがいっぱい来て、
4百万近くの売り上げ実績がありました。
これはKeePer LABOオープン月の新記録です。

写真は、応援の店舗部嶋田スタッフと一級技術資格藤井スタッフ、矢島部長

画像(600x400)

すっかりシャープになった関口チーフ

画像(500x333)

一級技術資格坂本スタッフ。

画像(500x333)

エース小澤課長

画像(550x366)

この日は、あと3店舗行ったが、今日はここまでにさせてください。また明日。
くたびれました。

Posted   パーマリンク

5.31.唯一私は一級検定を受けていません。

一昨日、企画チームの新人(と言ってももう二年目)の二人が、
何か月かキーパーラボの店舗に入って、
1スタッフとしてコーティング技術を教えてもらい、実際に作業に加わって、
このたび「KeePerコーティング技術一級資格」が取れた。と、
二人そろって挨拶に来ました。
企画チーム店舗部所属の中島デザイナーと、企画チーム西村デザイナー、

画像(600x400)

この会社では、事務職の人間でもLABO店舗での実践を経験して、
一級技術資格も取って、実際に戦力になるようにしています。
キーパープロショップ事務局の女性事務員三人も全員一級技術資格ですし、
経理の高木君も1年以上LABO大垣店の有力戦力でした。
総務の神谷マネージャーは半年間LABO安城店にいましたし、
同じく総務の鈴置主任はLABO中川店のチーフでした。
電算の中崎君はLABO東海店のチーフまでやっていました。
いつでも店長も出来ます。
中崎君は今度ふるさと九州に帰り、福岡のLABOに勤めます。
代わりの電算課スタッフには、
LABO鳴海店から羽生さんが只今PC特訓中です。

もちろん、全員一級技術資格。
これからも着々とLABO経験者、一級技術資格者が増えていくでしょう。
もちろん、代表取締役社長も専務も、
部長も、マネージャー・所長も、課長連中ももちろん私も、
営業連中から誰もかれもが
全員、店舗で車をキレイにしてきたバリバリで全員一級技術資格です。
ただ私は、二十年近く前に一級技術資格を作ったほうので、
唯一、一級検定は受けていません。

Posted   パーマリンク

2020年05月29日(金)

5.29.世界中がお辞儀をし始める時

最近、コロナ以後の事業展開についてマジに考えることがあります。

新型コロナウィルス禍によってこれからの世の中がどう変わっていくのか。
緊急事態宣言が解除になって休業要請が撤廃されても、
その後の営業形態は大きく変わらざるを得ないだろう。
新型コロナウィルスは消滅した訳ではなく、
ある濃度で世の中に広がっています。

人間は、感染はしたが無症状のまま体の中に抗体が出来て、
症状が出ないまま終わってしまった人は、もうコロナに罹る心配もない。
そんな人は発症した人よりもはるかに多く、
イギリスのデータだと、無作為で抽出した国民の18%に抗体があったらしい。
つまりイギリスでは全国民の5人に一人が新型コロナウィルスな感染して、
そのほとんどの人が無症状のまま自分で体の中に抗体を造って、
自分で治ってしまい、もう二度とコロナで発症することはない。
若くて元気な人は、こういう人がほとんどなので、
コロナはそんなに怖がる必要はないようだ。

しかし、
例えば私のように歳を取っていたり、
若くても基礎疾患を持っていたりすると、
重症化して生命の危険があるということなので、
うっかり感染する訳にはいかない。
しかも、感染率は5人に1人なので、
本気でビクビクして、
ひたすら用心をするしかないようだ。
それは新型コロナ感染拡大の嵐が去った後でも同じことのようだ。

コロナに感染しても無症状のまま、
抗体が体の中に出来て治ってしまう(陰性になる)までの期間、
無症状であっも陽性のままの期間は、ウィルスを吐き出しながら元気なので、
無症状の無自覚なテロリストは、
彼らの多くは若くて、
すべての人の中の高い確率で現実にいるのだから
重症化の恐れのある人は、
そんな無自覚のテロリストから、ひたすら身を守るしかない。

そんな恐ろしい状態は、感染拡大の嵐が去った以後でも
確率が下がっているだけで、危険であることに違いはない。
だから、感染に対する自衛は、
新型コロナウィルスに対して有効なワクチンが開発されて、
世界中の人々にあまねく接種が行き渡ってウィルスがほぼ消滅するまで続く。

だから、それまで、多分数年の間は、
コロナ以前の生活に戻ることはなく、
手洗いとうがい、マスクの着用の生活は続く。
しかし
それはいいとしても、
ソーシャルディスタンスの確保はあらゆるものに影響を与えるのでしょう。
あらゆるスポーツとイベントから「満員の観客」が消え、
それどころか採算の取れる数の観客の確保はあり得なくなって、
すべてのプロスポーツと
エンターテイメントそのものが成り立たなくなるかもしれない。
オリンピックも人類の生活から無くなってしまうかもしれない。

世界中から「ハグ」と「キス」「握手」と「ハイタッチ」がなくなって、
日本のような「お辞儀」の文化にならざるを得ないかもしれない。

あるいは、
あらゆる業種から「接客」がなくなり、対面の「営業」もなくなり、
対面販売そのものが非現実的になると、
世の中、通販が流通を牛耳るのかもしれない。

密集、密接の公共交通手段がなくなって、
総自家用車時代が来るのか。

今の新型コロナウィルスが、
有効なワクチンで克服されても、
次から次へと、変異して強力になったウィルスが現れ、
あるいは人間は、
家畜に恐ろしいぐらい大量の抗生物質を気軽に使ったおかげで、
あらゆる抗生物質に耐性を持った菌が現れるのは時間の問題と言われている。
すると、
いつまでたっても、手洗いとうがいをして、
人類は滅亡するまでずっとマスクをして、
地球温暖化で熱くなった地表で
お互いに接することなく、ペコペコとお辞儀をしているのかもしれない。

こんなことを書いているとだんだん気が滅入ってきた。
やめた。
明日は、もっとポジティブに未来を考えよう。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2020


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.