谷 好通コラム

2019年08月20日(火)

8.20.その差が大きくなる。

お盆が終わりました。
LABOもPRO SHOPもどの店舗も、
今年は大盛況のお盆でした。
19日現在に至っても全体で前年同月同日比140%を越しているのは驚きです。
ただしここから先、週間天気予報の表には雨マークが散らばり
月末までがそう簡単には行かないことを予感させています。

どんなビジネスでも同じかもしれませんが、
特に車を綺麗にするこのビジネスは、お天気の良し悪しに大きく影響されます。
キーパーなどのカーコーティングは
雨が降っても予約がキャンセルになることはあまりなく、
売上げ実績にも大きくは影響しませんが、
普段のお手入れである「洗車」は雨が降ったらそれで終わりです。
雨が降っている最中に洗車をする人はまずいません。

雨が降ったり曇ったりしていると、
既に予約を入れているコーティングはあまり影響されませんが、
洗車をする気が無くなるので、コーティングマインドにも影響して、
全体としてはマイナスに効きます。
逆に今年の長梅雨のように、異常に降って、
スパッと晴れ上がると、一挙にコーティングマインドも跳ね上がって、
洗車のラッシュと同時にキーパーコーティングなども大忙しになります。

来る時は一挙に来るのです。

需要というものはそういうものなのでしょう。
でもそんな時に、「自らの意志で働いている人」と
「働かされている人」の差が出ます。
自らの仕事によって多くの人が喜んでくれている事を、
自らの喜びとも感じることが出来る人は、
忙しければ忙しいほど、
自らの仕事でお客様が得る喜びが大きくなるのだから、
自分にとってもより大きな喜びとなり、
結果として売り上げも伸びて、仕事の報いである報酬も増えて、皆で喜びます。

これが逆に
仕事をやらせる人の下で働く「働かされている人」は、
こんな一挙にお客様が来る時は悲劇です。
雨が降って暇な時と”同じ給料”で、
何倍もの洗車とコーティングの作業をしなければならないのでから、
最悪です。
「お客様をお待たせすると申し訳ないので・・・」とかなんとか言って、
ていよく仕事を断って、
電話でも、「忙しい?」と聞かれたら、「はい、忙しいです。」ときっぱり。
何とか仕事量を減らそうとします。

「自らの意志で働き、
仕事によって得られるお客様の喜びが、自らの喜びでもある。」人
と、
「働かせる人」に「働かされている人」では、
その結果に大きな差が出る。

その大きな差とは、
結果としての実績の差であり、
つまり、それはお客様が得た満足と喜びの量でもある。
更に、それは自らの喜びと満足の量と質の差にもなる。

洗車とかコーティングは必要商品ではなく欲求商品なので、
特にその差が大きくなる。

Posted   パーマリンク

2019年08月18日(日)

8.18.蒲郡竹島水族館の大ヒットはグソクムシだけではなかった。

愛知県蒲郡市の三河湾に面した観光地「竹島」に、
日本で4番目に狭いと自称する蒲郡市営の水族館「竹島水族館」があります。
お盆連休の最後の日に、とうとう休んでこの水族館に行ってきました。

竹島水族館は狭いだけではなく半端なく古い水族館で、
観客数もある時までは激減していて、予算もつかず、
日本国中にいっぱいある閉鎖必須の、老齢、狭小、公営水族館の一つでした。
それが、いつの事か、
どうしてなのか理由は知りませんが、
30才台前半の若い館長を起用して、
彼がこの水族館に革命を起こして、今では大繁盛水族館になっているのです。
最初に大きな話題になったのは、
深海の巨大ダンゴ虫「オオグソクムシ」を、
タッチプールで観客に触らせたことでしょう。

オオグソクムシは深海の生物で最近発見された生き物ではありますが、
大量に生息していて希少な生物である訳ではないのですから、
多くの人に触ってもらう企画は自然保護を無視した暴挙ではありませんが、
見た目は気持ち悪いそのものであり、
それを触らせるとは奇抜な企画ではあります。
そんな変であり奇異な話題はSNSの世界であっという間に広がって、
それまで全く無名であった竹島水族館を一躍有名にしてしまいした。
と言っても、
竹島水族館はグソクムシを触れるだけが取り柄の水族館ではなかったのです。
多くのここを見に行った観客が、
「面白い」「素晴らしい」と高評価をしたのです。
テレビにも何度か取り上げられたのかもしれません。
私の頭の中には「竹島水族館→深海の生物」の図式だけが残っていて、
いつか行きたい所の一つになっていたのです。
それで今日、お盆の連休最後の日、
どこにも連れて行ってなかった家族ととうとう竹島水族館に行ったのです。

竹島水族館には、23号線バイパスに乗ってどんどん南下し、
バイパスの一番南の端まで良き、そこから数kmです。
びっくりするほどの古い建物で、
「竹島水族館」と書いてあるのですぐに判ります。

さすがに人気水族館のお盆連休最後の日、
駐車場の空きがなかなかありません。
少し並んで大人一人500円の入場券を買い、入口へ、

入った途端にほとんどびっしり状態の満員です。
混んでいるとはある程度予想していましたが、まさかここまで混むとは。
中に入ってからも中々列が進みません。
みんな、展示の説明の文字を一生懸命読んでいて、進まないのです。
でも、ちょっと方角を変えたら、
びっしり状態は解消して、何とか展示を見られる状態にはなったので、
一緒に見て回りました。

水族館の設備としては古い方なので、
決して良い設備ではないのですが、展示の内容は素晴らしいものでした。
なによりも、生き物がみんな活き活きしていて健康に見えます。
私は専門家ではないので判りませんが、
たぶん本当に健康で幸せそうです。
丈夫でいっぱい獲れる「ウツボ」なんて、これでもかと言うほど居ます。
珍しい生き物、つまり看板となるような展示はあまりありませんし、
大迫力の回遊大水槽なんて派手な展示もありません。
つまり、展示側が自慢したくなるようなハードは全くありませんが、
観る側の目的である展示の生き物は、みんな活き活きしていて、
大合格です。
展示されている生き物たちに対する飼育スタッフ達の愛情をひしひしと感じます。

列がなかなか進まない原因の一つになっている「説明書き」というか、
解説員のつぶやきの様な、家族を紹介しているようなコメントが面白いので、
そう感じるのかもしれません。
また、観客からのコメントにも面白いものがありました。
そう、そのやり取りはSNSのコミュニケ―ションそのものです。

展示の生き物たちの学術的な価値がどうなのかは
素人の私には解りませんが、
見たことの無い種類の魚やカニがいたり、
深海の生き物であって、世界最大の甲殻類であるタカアシガニが、
最大級の大きさで”生きて”展示されていたり十分に堪能しましたが、
それ以上に、
展示側と観客側に本気でのコミュニケーションがあって、
グソクムシのタッチ展示に対する批判的なコメントも表に出して、
それに対して謙虚な展示側の意見も述べて
本音のコミュニケーションが、SNS上の世界と同時にありました。

竹島水族館は、SNS世代のパパとママが子供をいっぱい連れて、
展示を真剣に見ているのです。
不思議なくらい真剣に見ていました。

この老朽狭小公営水族館の異常なまでの人気は、
どんな経緯で任されたのか判らないが、有能な若い責任者たちが
本気で生き物たちを幸せにしようと造りだした素晴らしい展示という仕事と
説明文という自分たちからの発信を本音で語って、
それに呼応する形でいただいたコミュニケーションを大切にした。
言ってみれば「本気」と「本音」が造りだした
スーパー大盛況とでも言えるのではないだろうか。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

私達のビジネスでも「本気」は、
いつも本気で車をキレイにするから、
キレイにするという作業をさせられてしている作業とは別物の、
本物のキレイを提供できるし、
お客様をいつも本音で歓迎の気持ちを持った接客応対をすると、
お客様も真剣に相談していただける。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年08月17日(土)

8.17.東京23区内店舗の板橋店、葛飾店、世田谷店、

今回の関東LABO訪問の予定に、当初、板橋店などは入っていなかった。
東京に来たついでの用事はいくつも入ってくるので、
それをこなしながらだと店舗訪問を最優先とする訳には行かず、
今回は板橋店などを予定外にしていたが、
お盆の間の都内は想像以上に道が空いていて快調に回れたので、
板橋店を予定に入れることが出来た。
しばらくぶりだ。
しかし板橋店は、個人的な都合で転勤してきた店長が、
またまた個人的な都合で転勤を希望して、ついには退職してしまって、
その間の募集の手配もなかったので、
売上げ実績からすると6人から7人の配置が必要なのに、
4人しかいない状況になっていた。
こういう状態の時には、
つい、お断りに接客になったり、否定的な電話応対になりがちなのだが、
木村新店長は見事な積極的な受け入れ姿勢で、
お客様の満足を能動的に受け入れ、
前年比130%以上で予算を100万以上もオーバーする実績を上げつつある。
最高だ。

その姿勢に、全メンバーが積極的について行っているのが、
みんなの表情を見るとよく分る。
以前の消極的な受け入れにみんな業を煮やしていたのかもしれない。

木村優斗店長、一級技術資格吉田スタッフ。

画像(600x400)

岩波チーフ

画像(550x366)

一級技術資格廣田スタッフ。

画像(550x366)

すっかり応援要員になってしまっている小暮マネージャー

画像(550x366)

板橋店に行ったからには、
そこからすぐに行ける高島平店に行くのが当然なのだが、
ふいに、かなり距離がある葛飾店に行こうと思ってしまった。
高島平の高井店長に電話で謝ってから、
ギリギリの時間で行けると踏んだ葛飾店に向かう。
昨日の夜、
半田店から松戸店に1か月の約束で、元気を届けに来ている横山美咲店長と、
何年振りかで専務たちとも一緒に五人で飲んだ。
六本木の、意外と安い、でもすごくうまいペルンズバ―と言うドイツバーだ。
そこで横山店長が好きなだけ喋りまくった中で、
葛飾店の羽山チーフの事が出てすごくホメていたので、
今回の東京訪問中に会っておきたくて、
高島平の高井店長にごめんを言った上で、葛飾店に行ったのです。

葛飾店は、羽山チーフ赴任と時を同じくして快進撃が始まっていて、
特に皆がすごい前年比を上げている今月は、
なんと2倍近くの数字になっている。
積極性を持った、
お客様のお車を本気でキレイにしたいという気持ちを持った接客受注は、
お客様からの注文の内容がガラッと変わる。
その差は大きい。

羽山チーフ、一級技術資格若狭スタッフ、石井店長。

画像(600x400)

元東京営業所は、今、立派にKeePer LABOとして実績を上げつつあります。

画像(600x400)

この日最後の世田谷店では、
大切な用件があったので、みんなとはほとんど話が出来なかったが、
世田谷店は、みんなまとまりが良く、実績を伸ばし、
現在、豊田店を僅差でかわし全国第三を突き進んでいる。
最後までの接戦が見ものだ。

そのキーマンの一人一級技術資格松本シニアスタッフ。

画像(550x366)

一級技術資格藤本スタッフ、一級技術資格田中スタッフ。

画像(600x400)

一級技術資格坂本スタッフ、佐藤チーフ伊藤店長

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

8.17.ガラガラ高速を横浜綱島店、トレッサ横浜店、246玉川店

8月16日、お盆最終日の都市高速ガラガラでした。
まず行ったのは【横浜綱島店】
この店は広くない敷地に変則的に建てられたコンビニを、
かなり無理して改築した物件で、
ここで初めて行った新しい試みもうまく行かずに、
オープン当初は来店が極端に少なく苦しんだ店舗だった。
そんな当初の店舗を、
尼崎店や湘南平塚店に用いられていた方式を取り入れ、
加えて、失敗した新しい床の処理方式を直した上で、
元々の濃いマーケットを活かして
二代目の伊嶋店長たちが誠実な運営で見事に復活させた。


伊嶋店長と一級技術資格小嶌スタッフ。

画像(600x400)

ここに問題の失敗床処理があった。

画像(600x400)

ゲストルームの観葉植物が元気でさわやかであった。

画像(600x400)

小嶌スタッフは一級技術資格の検定会でトップだったそうだ。
一級技術資格合格。

画像(366x550)


【トレッサ横浜店】は、
新横浜に近い地に造られた巨大な自動車総合施設と言えばいいのか、
トヨタ系のカーディーラーが何軒も集まりの別棟に
ビル型のドライブショップがあって、
その大きなピットの一部に、「LABOトレッサ横浜店」が造られている。

画像(600x400)

非常に変則的な構造を持ったKeePer LABOで、
ビジネス的にうまく行くのかどうか不安いっぱいの店だったが、
オープンから三年目を迎えて、驚くほどの実績を上げつつある。

画像(600x400)

この変速的な店舗を成功させた渡邊店長

画像(366x550)

一級技術資格小澤スタッフ。

画像(550x366)

活躍著しい飯野チーフ

画像(550x366)


世田谷店に近い【246玉川店】

画像(600x400)

土屋チーフ矢野目チーフ

画像(600x400)

新入生の児玉スタッフと一級技術資格秋元スタッフ。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年08月16日(金)

8.16.調子に乗り相模原店、相模原淵野辺店、上溝店、足立店

最近は一日四軒と決めていたが、昨日は調子に乗ってあと4軒。
八王子店に行ってから
16号線を南下して【相模原店】は20分くらいで着く。
オートバックス相模原店の駐車場に造られたLABO相模原店は、
土地だけでなく建物までオートバックスからの借り物で、
こちらの意志の自由度が無く、
旧態然としていて、
洗車屋快洗隊のような構造であり、
直営店で唯一密閉型のブースを持っていないから、
ビニールカーテンの組み合わせを工夫してブースらしき空間を造っている。
ここのスタッフは本当に苦労しているが、
有る条件の中で、みんな明るく、たのしくやっている。

KeePer LABO随一のしっかり者の一級技術資格堀口スタッフ、
渡辺チーフ、信頼の林田店長

画像(600x400)

古いけど意外と働きやすいとも言います。

画像(600x400)

相模原店から約4kmに【相模原淵野辺店】がある。
近いけど、相模原店からのお客様は10%くらいで少ないと言っていた。

とってもかわいい一級技術資格川崎スタッフ、
ひときわデカイ羽田チーフ、一級技術資格手代木スタッフ。

画像(600x400)

4台+α同時施工の最新ブースタイプ。

画像(600x400)

【上溝店】は、大型倉庫タイプで機能的だ。

須藤チーフ、一級技術資格<strong>大森スタッフ
一級技術資格田中スタッフ、今度社内結婚をする小林店長

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

強い風か吹き始めている。

画像(550x366)

【足立店】までやってきた。

この店は本当にすごい。今月はもう800万円を越している。すざまじぃ。

一級技術資格中川スタッフ。一級技術資格大塚スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

一級技術資格早乙女スタッフ、阿比留マネージャー兼店長。高山チーフ

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

ゴメンゴメン撮りこぼれていた一級技術資格中里スタッフ。

画像(550x366)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.