谷 好通コラム

2019年04月23日(火)

4.23.既に商品化されている物に初めてKeePerブランドを着けた?

前話でKeePerの製品はそれぞれ独自性が強い訳を書きました。
ましてや、売れている他社商品を真似て造って
その商品にKeePerの名を付けるなんてことはありません。
では、過去にも一度もないかと言うと、
20数年前に、一度だけやったことがあります。

北陸のある町で
簡単なアイディア商品が飛ぶように売れている話を聞き、
造り方はごく簡単だったので、
すぐに真似して造って全国の皆さんに紹介したのですが、
一通り出廻ったら、それだけで、後がまったく売れません。
変だなぁーと思ったのですが、
エアゾール商品だったので、1ロットで最低の1万本を造った後です。

どうも「飛ぶように売れている。」と言った人は、
自分の関わった商品がすごいとホラを吹いただけで、全く売れた実績などなく
それに乗って真似した私がバカなだけだったのです。
私は大量の売れないエアゾール商品を抱え、
当時の狭い倉庫を占めているだけのこのクズ商品を、泣く泣く
費用をかけて処分したのです。

自社開発製品でなく、他社の真似をして作った商品はこの時限りで、
自分のバカさ加減に悔しい思いをしたものです。
あの時の悔しさが、二度と真似はするまいと、大きな教訓になっています。
人間は懲りて学んでいくものですから、いいのです。(笑)


ドイツのSONAXブランド商品にも良いものがいっぱいあるのですが、
その商品にそのままKeePerブランドを着けることはありません。
たとえば、
ドイツ車の塗装と日本車の塗装はかなり性質が違う車があるので、
日本の車の塗装に合わせた配合にしないと、具合の悪いケースがあります。
更に、日本では「カーコーティング」を施工した車が50%以上あり、
カーコーティングを施工する習慣のないドイツのケミカルそのままでは、
コーティグ被膜を損ねてしまう恐れがあり、
お得意のテストの繰り返しで、
どんな日本車に使っても、ドイツ車にも、コーティング施工済みの車にも
あらゆる車に使って大丈夫な配合に変更してKeePer商品にします。
KeePerブランドのケミカルの約4割をドイツSONAXで製造していますが、
SONAXブランドの商品と全く同じ内容のKeePer商品というものは存在せず、
KeePerブランドの商品はすべてKeePer独自の商品なのです。


そんなKeePerが、このたび、
他社が造った商品のセットをほとんどそのままに
KeePerのブランドを着けて発売することにしました。
杏林製薬製の「ルビタスクリア」と言う「嘔吐物処理セット」です。

車のあらゆるキレイを実現する専門店として営業していると、
いやがおうでも、
「子供がシートで吐いちゃったんです。キレイにしてもらえますか?」と
嘔吐物で汚れた車を持ち込まれることがあります。
これをプロとして断る訳には行かないので、
ぐっと我慢して、店長とか、たいてい上の職の者が処分します。

しかし、この嘔吐物が意外と危険なのです。
子供が車に酔って吐いただけでなく、
あるいは大人が酒に酔って吐いただけでなく、
インフルエンザや伝染性の病原菌が原因で嘔吐した場合、
嘔吐物には、当然、その病原菌が混じっている事が予想されます。
それを、目を背けながらイヤイヤ処分の作業をしていたのでは、
酷な仕事なだけでなく、いかにも”危険”です。
しかし、
これを宿命として我慢するしかなかったのですが、
ある機会に「ルビタスクリア嘔吐物処理セット」という物を見つけました。
嘔吐物を安全に処理するための、
殺菌、消毒薬を始め、袋や手袋、マスク、固形物など、
あらゆる道具と薬がセットになっている。
杏林製薬という本職の製薬メーカーが仕組んでいるので間違いなさそうです。
KeePer LABOでも、何回か、本物で、試してみました。
そうしたら
「これ、具合がいいです。これなら安心です。」
と、いたって評価が高い。

そこですぐに全部のKeePer LABOに一つずつ配備した。
みんなからは「これはあるだけで安心ですね。」と評判がいい。

そこで考えたのは「キーパープロショップにも、これを配備しよう。」と。
八月のキーパー選手権で、
プロショップ全店に、一度、無料で配ってしまおうと考えたのです。
無料で配って、その配備品を使うことがあれば、
その便利さにまた注文してくるだろう。
これを1セット販売しても数百円しか利益は無いし、
一年に一回使うかどうかしか需要は無いので、
最初の投資を回収するまでには10年以上かかるかもしれないが、
KeePerコーティングをビジネスとする職場の環境改善の一助になれば、
投資以上に意味がある。
ということで、杏林製薬の「ルビタスクリア嘔吐物処理セット」を、
杏林製薬のブランドはそのままだが、
あえて「KeePerルビタスクリア嘔吐物処理セット」として、
KeePerの製品として扱うことにしました。

しかし、我が製品開発課は、
「消毒薬に着いていた”赤い色素”は、シートに色を付けてしまうので、
色を抜いてもらって造ってあります。」と言っていた。
こんなものも、ちゃんと、車をキレイにするKeePerの独自性がありました。

画像(640x424)・拡大画像(800x531)
画像(640x424)・拡大画像(800x531)

Posted   パーマリンク

2019年04月22日(月)

4.22.目的ではなかったのにたまたま出来た名品

我がKeePer技研株式会社の製品部には、
製品開発課があって、
常に新しい性能と成果を求めて、毎日テストを繰り返しています。
本当に毎日がテストの繰り返しで、はた目から見ても感心します。
ドイツSONAXや日本の工場から数限りなく新しく求めた性能のサンプルが送られて来て、
研究員の手であらゆる車を使ってテストされています。

加えて、それとは別に
研究員は主に二日、あるいは最低でも一日、LABOに入って、
通常の営業に加わります。
もちろん使うケミカルはすでに製品化されている通常のケミカルで、
いわゆる。普通のKeePer LABOでの営業です。
新製品のテストは絶対に通常の営業で使われることはありません。
いつものキーパー製品を使って、
いつものようにお客様の車をキレイにするからこそ、
研究員が、二日、あるいは最低でも一日、
LABOに入って、通常の営業に加わる意味があります。

だから彼らの研究室でのテストは、単にテストの為のテストではなく、
実際の営業を想定した、実戦的なテストになっていて、
その評価は、実に正しく、
日本だけでなくドイツの研究員もその評価を真剣に受け入れてくれます。

KeePerの製品開発の能力の真価は、
実にこの正当なテストと、どこまでも正しく有ろうする”評価”にあります。
彼らの評価のお目にかなったテスト品は、
実際の製造にかかるまでに、年単位での耐久テストにかけて、
果てしなく手間をかけて、完璧な製品を目指すのです。

KeePerは、
すでに製品として世の中に出ている他社製品で、
よく売れているものを真似て自社製品を造る事をしません。
誤解を恐れず言うと、
私たちは他社製品を知りません。興味もありません。
KeePerは、実際の現場を持ち、
実際にお客様の車をキレイにしていく中で、
必要と感じた性能を突き詰めて開発して行くので、
他社製品と似た製品が出来てこないのです。
キーパー製品がオリジナル性が強く、結果として特許登録にもなるような
独自性の強い製品が揃っているのは、
製品を販売するために開発された他社製品を見向きもせずに、
ひたすら、自分達がお客様の車をキレイにしていく中で、
あくまでも、その必要性と求める性能を目指して造った製品であり、
さらに環境性能に100%妥協せずに造られているので、類似性が無いのです。

そんなコダワリにコダワリを重ねたような製品開発にも、
ちょっとした異端児もいます。
明日の朝一番で発表される「ホイールコーティング2」です。

ずっと私たちの大きなテーマであった
「”スーパー”ダイヤモンドキーパーケミカル」の開発製品、
何百種類もある開発製品の内の一つが、面白い性質を示したのです。

コーティング被膜の表面が「サラサラ」するのです。
何か粉が吹いている訳でもないのに、
粉にまみれているような手触りで、不思議なのです。
そしてをの艶は、メタリックな感じで、かなり強く、はっ水もすごい。
そして、その表面のサラサラ感が、汚れを落としてしまうような防汚性が強い。
しかし、基本的な性能は満たすものだが、
車のボディ全体に塗り拡げられるような簡便性が無い。
エアゾールに詰めることも出来そうにない。

でも、面白い性能を持ち合わせているこのテスト製品を何とか活かしたい。
そう考えて、ふと思ったのが新しいタイプの「ホイールコーティング」。
それから、また、たくさんのテストを繰り返して、
KeePer初のパウチタイプのパッケージで、
「ホイールコーティグ2」をデビューさせることにしました。
すで多くのキーパープロショップの皆さんにも試してもらい、
高い評価をいただいています。

本当は、スーパーダヤモンドキーパーケミカルとして
もう何年も開発のために提供されたなん百種類のテスト品の中から
変わった性質を見出されて、
本当の目的には違って、
新・ホィールコーティグ2としてデビューします。
また、独自性のかたまりようなKeePerらしい製品です。

画像(452x640)・拡大画像(566x800)

Posted   パーマリンク

2019年04月21日(日)

4.21.時間をかけて、じっくりと育った店舗

昨日は彦根イオン店に行って来ました。
彦根イオン店はもう4年前にオープンした店で
ショッピングモールの中に出来るLABOとしては初めてで、
みんなの期待を背負ってオープンしたのですが
ショッピングに来たお客様がなかなかLABOには来店せず、
実績は低迷気味でLABO店の中でも問題店でした。
しかしここに至って、
不調のよどみから脱出したかのように好調に飛ばしているのです。

この店舗は約300万円がペイラインであるが、
このラインがなかなか突破できずに、減損会計の対象にも毎度上がっていた。
それが20日現在、彦根イオン店はすでに約265万円の実績が上がっており、
前年同月同日比160%以上という超立派な実績。
この調子で行くとペイラインをはるかに超す400万円は堅そう。

何があったのか
久しく行っていないこともあったのですが、
何はともあれ、現場に見に行ってきました。

彦根イオン店は、初めてショッピングモールの中での出店した店舗です。
彦根市唯一の大型ショッピングモール「イオンタウン彦根」の、
すさまじい集客力に惚れ込んで出店したのですが、
目の前の駐車場に車を停めたお客様は、LABOには目もくれません。
低迷の実績が過ぎて行きます。
ショッピングモールの中を歩く人に来る日も来る日もチラシを配って、
LABOへのご来店を呼びかけるのですが、
何度も同じ人にチラシを渡したのでしょうか、
そのうちにチラシを受け取ってもらえなくなりました。
ショッピングモールの一番奥に位置していたLABO彦根イオン店は、
チラシをまいてその存在を知ってもらわなくては誰も気づきません。
そのチラシも、もう要らないみたいだし、
どうすればいいのか判らなくなって、困り果てました。

そこではたと気が付いたのは、
ショッピングモールに来たお客様は、
一度駐車場に車を置いてしまったら、
あちらこちらの店でショッピングをしてから車に戻って、帰るのであって、
それからLABOに寄って、
車をキレイにしていくことなどあり得ない訳です。
だから、車をキレイにしてもらうならば、
ショッピングモールに来たら、
まず、
LABOに車を預けてもらって、それから買い物に行く順序でなければ、
LABOにチャンスはない訳です。
だから、まず、最初にLABOに車を預けてもらうために、
ショッピングモールに来る前の人にそのことを訴えなければなりません。
だから、
ショッピングモールの中でチラシをまくのではなく、
ショッピングモールの外の、
つまり、彦根の町にチラシをまくべきと気づきました。
それから、彦根の町にポスティングで根気よくチラシをまいて、
LABO彦根イオン店の売上げ実績も少しは良くなった感じでしたが、
なかなか成果は数字になって表れることはありませんでした。

この事で一つの鉄則がLABOに出来ました。
ショッピングモールにLABOを出す時は、
「【奥】は禁物であり、必ず【入り口】に近い所でなければならない。」です。

あれから、中々認知が進まない彦根イオン店で辛抱強く運営を続けましたが、
ジワリジワリとしか実績が上向かず、
彦根イオンさんに家賃を安くしてもらうお願いをしたり、
今は亡き山戸部長や辻店長たちは大変苦労をしましたが、
不採算状態は続き、残念でした。

そのうち関西でも新しい店舗が何軒も出来て、
辻店長は新店に行き、糸川チーフが新店長となり、西畑新チーフになって、
またしばらく。
竹村スタッフが加わり、しばらく経って一級技術資格を取り、
今年には新卒の初の女性スタッフ須田さんが加わって、
その間にもジワリジワリと実績を上げ、良くなっては来ても、
減損会計のリストにはまだ常連で、でも、そんなに目立った存在ではなく、
で、
ふと気が付いたら、
前年比160%オーバーで走っている。
もう、とても減損会計に出すような状態ではない。

LABO彦根イオン店に行って聞いてみた。
「いったいどうしたんだい? すごいじゃん。」
糸川店長と
西畑チーフは口を揃えて言う。
「お客様に紹介された新規のお客様が目立って増えました。」
LABOはストックビジネスであって、
お客様に店が提供する商品を気に入ってもらい、
リピートのお客様が積み重なって来て、
時間をかけて繁盛店が出来上がっていく。
店舗の認知の速さによって、リピート客の積み重ねのスピードが変わる。
だから、
多くの店は「二年目のジャンプ」を果し、普通に繁盛店に成る。

しかし、中には、認知性の悪い店舗、あるいはマーケットの薄い地域では、
評判が評判を読んでの新規のリピートのお客様が増えるスピードが遅い上に、
来店の頻度の低さが足を引っ張って、
積み重ねのスピード遅く、繁盛店に成長するまでに大変時間がかかる。

しかし、この彦根イオン店のよう
ショッピングモールの一番奥にあるような不利な場所でも、
丁寧に真面目なキレイを提供し続ければ、月日はかかっても、
繁盛店にまで届く臨界点を越すことがあるので、
LABOはやめられないのですね。

糸川店長西畑チーフ、一級技術資格竹村スタッフ、LABO交野店から応援に来ていた川添チーフ

画像(640x425)・拡大画像(800x532)

彦根イオン店の中は、すごくきれいだ。

画像(600x400)

この店が一人前になるとは感無量である。

画像(600x400)

先日、東郷店に行きました。
この店は構えが仰々しすぎてストックビジネスの店舗になり損ねていたが、
今度イメージを大きく変える工事を思いついたので、きっと繁盛店になるに違いない。

まだ新人のイメージがあった友田チーフがすっかり大人になっていた。たくましい。

画像(500x333)

一人前になっている一級技術資格松永スタッフ。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2019年04月19日(金)

4.19.自分の未来を作るようで楽しかった。

今日は久しぶりに二泊の出張の日程を、
飛行機の時間表とにらめっこをしながら作りました。

初日、午前中に欠かすことが出来ないことを済まして、
午後から空港に行って、
夕方、札幌千歳空港に飛ぶ飛行機に乗って、
向こうに着くのは18:35。
それから雪解け時期で大変忙しくなっているLABO札幌店と手稲店に行って、
両方の店が閉店後、みんなを食事に誘って、楽しく食事をして、
その時に、大変お世話になった坂本氏にもお会いできればお礼を言いたい。
その日は札幌駅の前のホテルに泊まり、
翌日の朝一番で、札幌にある会社で新製品の打ち合わせをして、
午前中に札幌千歳空港に走って、
釧路空港行きのプロペラ機に乗って
釧路空港に到着するのは14:05。
すぐにレンタカーに行って、ワゴンのレンタカーを借りて、
約2時間かかって「霧多布」に走る。

霧多布に到着するのは、たぶん、16時ぐらいだろう。
急がないと東の果ての霧多布では日が暮れてしまう。
間に合えば、湿原の木道を先っぽまで渡って、
運が良ければ湿原の絶品の夕焼けを撮ることが出来るかもしれない。
更に時間があれば、
夕陽の前にヒグマが住むという「鷲の巣の森」をこの目で見て見たい。
その日の夜は、霧多布に住む友人と語り明かして、
いい夢を見て寝て、
次の日の朝は遅くとも6:00には起きて、
6:30から釧路空港に向かって走り、8;30にはレンタカーを返して、
9:00の札幌千歳行きの飛行機に乗る。

千歳空港には9:45に到着して、
空港ビル内を歩いて、10:45発の中部空港行きの飛行機に乗る。
中部空港には12:25分に着陸して、
まっすぐ会社に戻る。
その後、午後から欠かすことが出来ない事を済ます。

二泊二日のような強行軍の日程だ。
色々考えて工夫して、北海道でのどうしてもしたいスケジュールを押し込んだ。

本当は最初、霧多布に泊まることは無理だと思っていたのですが、
何とか工夫している内に泊まることが出来る日程を作ることが出来ました。

こういう飛行機がらみの込み合ったスケジュール作りが、
昔は当たり前であった。
特に昔のある時期は海外が絡んでいて大変だった。
その度に無茶なスケジュールを立てて、
殺人的な日程をこなすのが、自虐的な快感になっていた。
あの頃は面白かった。
仕事の成果は上げられなかったが、少なくとも面白かった。
日本→ロス→ニューヨーク→ドイツで、
世界一周を短時間でやった時は、死ぬほどしんどかった。

しかし、スケジュール作りは、
それが無茶であればあるほど、
自分の未来を自分で切り開いているようで、
私は大好きであった。

若い時は、痛い足を引きずりながらでも、何でもできた。
そんなことを、
今日のスケジュール作りをしながら、思い出し、
ちょっとグッと来てしまった。
昔に戻れたらと、胸に迫って来て、最近はそういうことが多い。


その昔、本当に世界一周をやった時の、
ロスからニューヨークへ飛ぶ飛行機の中から撮った本物の『摩天楼』。

画像(500x462)

Posted   パーマリンク

2019年04月18日(木)

4.18.引退間際のジタバタは仕方ないのだ

今日はまた東京に行ってきました。
東京の機関投資家の皆さんへIRで社長交代と会長就任の挨拶です。
しかし実質的には、
私が社長を引退する決別の挨拶のような意味もあります。
と、私もそのつもりはあったのですが、
もともと私はこのIR(インベスターリレーション)が嫌いではなく、
投資家の皆さんから色々な事を教えてもらえるので、
むしろ、好きなので、
IRのいつものペースで事業状況などを説明している間に、
スイッチが入ったのか、ホントにいつものペースになってしまいました。

ところが午後からのIRで、
大変お世話になっているある投資家の方から、
「長い間お世話になりました。」と決別を意味する挨拶をされ、
はたと、今日のIRの目的を思い出しました。
そうしたら、
妙にさみしく思えてきて、
「IRには、気が向いたら、また、私も来ます。」と、つい、言ってしまい、
そんなだらしないことは出来ないなと反省したのです。
それでも、
機関投資家へのIRは、
今の事業状況を説明していると、
気が付かなかった事に改めて気がついたり、
将来の事について思いもよらない可能性に突然気が付いたり
話をしていてワクワクするので、私は大好きです。
私は社長を引退して会長になるのはいいのですが、
このIRに来れなくなるのは、残念だな、つまらないなと思って、
色々と考えてしまいました。

引退に際してのジタバタは、
仕方ないのです。


孫娘に耳を広げられて可愛いリンダと

画像(375x500)

おすましチーちゃん

画像(375x500)

孫娘とモデルガンを構えるアホなおっさん

画像(375x500)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.