谷 好通コラム

2017年05月27日(土)

5.27.「評価されること」と「役に立つこと」の違い

ある人が仕事をしていて、
「こんなに優秀な自分を、ちっとも評価してくれない。」と、
不満を持ったとしたら、
この人はずっと浮かばれないかもしれません。
何故かと言うと、
仕事にとって、その人自体の評価なんてどうでもいいので、
その人は、この先も、ずっと評価されないままでしょうから、
不満を持ったまま行う仕事でいい仕事が出来るわけがありませんから、

仕事とは、他者(お客様・会社・世間)に対して
何らかの付加価値を作りだし、提供すること、つまり役に立つことですから、
その人によって作られ、提供された付加価値の量、大きさ、質によって、
それが他者にとって役に立ったか、
他者がそれを欲しいかどうかで、
見合った報酬・給料を払い「買う」「使う」「利用する」ことによって、
他者によってその人とその仕事が評価される訳です。

だから、その人そのものが評価されるわけではなく、
その人によってなされる仕事の質、量、大きさ、正当性が評価され、
その評価に見合った報酬と地位と職務権限が決められ、与えられます。

ここに、学生だった頃と社会人になった時の決定的な違いがあります。
学生だった時は、試験による点数によって
その人そのものの記憶力、計算力、論理力、知識の正しさ・大きさが評価され、
その点数が高ければ、その人は「優秀」であると評価されます。
学生だった頃は、その人の頭脳・体力・能力によって、
その人が評価されました。

しかし、社会人になると、
その人が行う仕事が、
他者(お客様・会社・世間)に対して役に立つかどうかを、評価して、
その人の仕事に与えるべき報酬・地位・職務権限を決めます。
その人自身が持っている記憶力、計算力、論理力、知識の正しさ・大きさは、
それ自体が社会において評価されることはなく
それは仕事に活かされて、
評価すべき価値ある結果を出して、
つまり、他者・会社の役に立って、初めて評価されるものです。

学生の頃のその人そのものの評価は、
社会人になる時の参考でしかなく、
つまり、いい仕事が出来る可能性が高いかもしれないということであり、
学歴とか、学生の時に得た能力そのものは、
それ自体では、社会に役に立つものではない。
その人自身が持つ能力を活かして、
他者が評価するような役に立つ仕事が出来て、結果を出して、
初めてその人が仕事の出来る人として評価されるのだろうと思うのです。

それを理解できずに、
「こんなにも優秀な自分を、評価してくれない。」と思うのは、
優秀な学校への入試成功など学生の頃の「成功」と、
周囲の圧倒的な「ホメ」の体験によって、
その人の価値基準が硬直化されてしまったのかもしれません。

入試に重きを置き、
その大学で学ぶことや
活かすことを”軽んじる”今の大学の制度と学歴を偏重する社会の文化が、
そんな歪みを作り出しているのかもしれません。

Posted   パーマリンク

2017年05月24日(水)

5.24.カラーコピーした入場券を自慢していた人

昔、私がまだ自分でレースに出る前、
私はある人に案内されて、
ある田舎のサーキットに、
耐久レースを見に来ていていました。
それは公式なレースだったので、
入場するための入場券が必要です。
そして
サーキットでレースを見ている間、
その入場券をビニールケースに入れ、
紐で首からぶら下げていなければならないので、
当然、私も入場券を買ってそうしていました。
しかし、
私を案内してくれた人は、
自分がぶら下げている入場券は本物ではなく、
カラーコピーで造った偽物で「ばれたことはない」と自慢しました。
その若者は、
その田舎のサーキットが地元であり、
自分の同級生も働いているとも言って、
ここが自分のホームグラウンドであり、自分の青春がここにあるとも言う。
その言葉と、カラーコピーした偽物の入場券を自慢する言葉が、
妙にすれ違っていて、違和感を強く持ったことを憶えています。

結局、私は後になってその人からこっぴどく裏切られるのですが、
今思えば、あの時にその人の根本的な不誠実さに気づけば良かったと思います。
後になってから思えば、その兆候は随所にあって、
周りにも気づいていた人は多かったようなのですが、
自分がその人に持っていた好意に盲目になっていたのでしょうか。

そんなことは、今までの人生で何度もありました。
そのたびに、なぜあの時気が付かなかったのだろうかと後悔するのですが、
「好意」は、その不誠実さを、「何かの間違いだろう」と、
自分で勝手に言い訳してしまうのです。

でも、あの時ふと持った胸につかえるような違和感は、
後になって「やっぱりそうだったんだ」と、いつも思い当たるのです。

しかし私は今、とことん信頼できる人を何人も知っています。
そういう人はいくつかの特徴がありますが、
間違いないのは、絶対に約束を破らず、
どんなに小さい事でも決してこちらの思いを裏切らないことです。
そんな人を何人も知っています。
そんな人は、
自分の損得を計算して話すことはないので、
私たちのことを真剣に思って話してくれるので
むしろ私を刺激して腹が立ったり疲れることもありますが、
そんな人こそ本物なのだと、ずいぶん前から気が付いていました。

しかし、65才にもなってそんなことを言う私は鈍感でした。
人に対する前提としての好意は、
かえって人を鈍感にするものなのかもしれません。

私は今、とことん信頼できる人を何人も、何十人も、何百人も知っています。
だから、そんな人たちが、
どんなに自分の不本意でされてしまった約束でも、
決して破っていけないことを、
みんなが教えてくれます。ありがたいことです。

私は今、とことん信頼できる人を何人も、何十人も、何百人も知っています。
だから、誰にでも最初から好意をもっても怖くありません。

カラーコピーの入場券を自分の青春で使う奴は偽物であることは憶えたので。

Posted   パーマリンク

2017年05月22日(月)

5.22.浦和美園店、さいたま店、草加店、足立店、高島平店

今朝は店が開くだろう午前9時前に浦和美園店に行きました。
まだ開店前なのですが、
もう三台のお車とお客様がいて、
平日からこんな開店前行列みたいなふうなのかと聞いたら、
そこまでではなく、今日はたまたまだと言います。

それにしても浦和美園店は、
平月でも700万円を越そうかという優秀店。
最初は大丈夫かと心配した浦和美園店は、
今や立派に優秀店の仲間入りです。

【KeePerLABO 浦和美園店】

画像(550x412)

KeePerの原点を求め、萩原店長がさわやかでした。

画像(520x390)

すっかり優しくなっていた木村チーフ

画像(520x390)

見違えるほどかわいくなっていた一級技術資格池田スタッフ

画像(530x397)

【KeePerLABO さいたま店】

ブースの透明部分が何かおかしい。
紫外線カットフィルムが貼ってあるらしいのだが、
熱線カットとは関係なく、不気味さだけを演出していた。

画像(550x412)

一級技術資格南屋スタッフと、奥村店長

画像(550x412)

ここの待合室は音が響きすぎていた。

画像(550x412)

不気味なフィルムだ。

画像(550x412)

【KeePerLABO 草加店】
この店舗は交通量の非常に多い国道沿いにあるので、大型の看板を立てた。
しかし草加店にはこれでいいのだが、
これが各所のLABOに威圧的な看板がはびこる発端となった。

画像(412x550)

実力が発揮されるようになった小暮店長と新人の木村スタッフ

画像(550x412)

新人のスタッフと保坂課長

画像(550x412)

もうすぐオープンの「大宮店」の元になった草加店は、素晴らしく使いやすい。

画像(580x435)

南下して【KeePerLABO 足立店】に、

まず迎えてくれた新人の本田スタッフ。

画像(520x390)

足立店はこの日早々と一千万を突破した。
もう別次元の世界ですね。

画像(550x412)

別次元の店に別次元の後藤店長と、一級技術資格益子スタッフ。

画像(550x412)

新人の高田スタッフ

画像(520x390)

「最高のあなたに、お車の美、あります。

画像(600x450)

卸売市場近くに【KeePerLABO 高島平店】がある。

画像(520x390)

余裕の押谷店長

画像(550x412)

たくましくさわやかになった高井チーフ

画像(550x412)

Posted   パーマリンク

2017年05月21日(日)

5.21.新・小山店⇒新・大宮店の高速は事故で大渋滞だった。

LABO新・昭島店から本当はLABO三鷹店に廻ってから、
栃木県の新・小山店に行く予定であったが、
すでに時間が遅れ気味だったので、
三鷹店は今度行くことにして、
まっすぐ新・小山店に行きました。

小山はやっぱり田舎でした。
何か月か前に、ここに視察に来た時は、
ホームセンターのカインズさんの集客力がなければ
絶対に成り立たない立地であり、
新しくできるカインズ小山店と一蓮托生の関係になるので、
どうすべきかと考えたあげくに、
思い切ってLABOの新店も出すことにした経緯があります。

その新・LABO小山店がオープンして、
すでに150万円を売り上げ、
昨日も16万円程度の実績報告がきていたので、
皆でびっくりしてしまいました。
田舎とはいえさすが関東は違うなぁと感心したものです。

画像(550x412)

しかし、
今日行って見ると、やっぱりLABOの新店はヒマです。
それでも、木下店長は、たまに来ていただいたお客様を、
堂々と歓迎して接客します。
たくましい店長になっていました。

画像(550x412)

LABO野田店より計算された分少しだけ広く、
野田店に勤務経験のある甲斐チーフは、うんと使いやすい。と言っていました。

画像(550x412)
画像(520x390)

若い甲斐チーフも木下店長の話し方に似てきていました。
いい関係のようです。
東京営業所の三浦所長がポスティングを手伝いに来ていて、
東京のチームワークは良いようですね。

画像(550x412)

信頼できるコンビです。

画像(580x435)

LABO小山店から東北自動車道で大宮に行く途中、
大きな事故での渋滞で二時間近くのロスが出て、浦和美園店、さいたま店への訪問は明日になりました。

画像(600x450)
画像(420x314)・拡大画像(550x412)

事故現場はなんと10台の玉突き追突で、
それも結構壊れ方がひどい事故でした。

6月10日オープン予定の
【KeePer LABO 大宮店】
かなりの大型店で、迫力のある設備です。

画像(550x412)

洗車関連のテント部分も草加店に匹敵する規模で、
大きなキャパシティが期待できます。

画像(550x412)

LABOには珍しく「軽量鉄骨」で建てています。

画像(550x412)

十分すぎるほどの交通量で、視認も文句なしです。

画像(550x412)

Posted   パーマリンク

5.21.刈谷店、富士、上溝店、相模原店、新・昭島店。

一昨日、本社出荷倉庫の責任者として中村君が赴任しました。
と言っても、まずKeePer LABO 刈谷店で、
KeePerそのものを知ってもらうための研修期間です。
ただ、中村さんは技術者になる訳ではないので、
大雑把に一通りを経験し、商品とその働きを身に着けてもらいます。

LABO刈谷店にて、
中川副店長、一級技術資格富上シニアスタッフ、中村伸六業務マネージャー、横山店長

画像(600x450)

今日は、久しぶりに関東のLABOにやってきました。
途中では富士山がうっすらと見えます。

画像(600x450)

中部の店舗は少しずつでも行けるのですが、
関東の店舗となると泊りがけでなくては行けず、
機会があったら行こうと思っているうちに、
三軒の新店が建ってしまい、何とか工夫して今日、来たわけです。

朝、まず新幹線に乗り「新横浜」まで来て、
東京に単身赴任している佐々木マネージャーと待ち合わせして、
村藤君の運転する車で出かけました。

まず、【KeePer LABO 上溝店】
ここは国道129線の側道を入ってすぐの200坪の大きな倉庫そのものです。
分りやすいように大型の看板が入り口に立っています。

画像(412x550)

相模原店から応援に来ていた一級技術資格飯野スタッフと、小林一聖チーフ
上溝店と相模原店は兄弟店の関係です。

画像(550x412)

奥の専用ブースはエアコンが効いて快適です。

画像(550x412)

ブースの外は西日が強烈に入って大変です。
もう一段階、西日対策を考えました。

画像(550x412)

菊壽店長とアルバイトの安田スタッフ。

画像(550x412)

一級技術資格田中スタッフと新入の金島スタッフ。

画像(550x412)

新入社員の尾崎スタッフ。

画像(550x412)

入り口から中を見るとこんな感じです。

画像(550x412)

只今大躍進中の
【KeePer LABO 相模原店】

新入生の関根スタッフ、エース三津原店長、評価の高い渡邊チーフ

画像(580x435)

新入社員の舟木スタッフと一級技術資格豊島スタッフ。

画像(550x412)

二年目の一級技術資格長谷川スタッフ。

画像(550x412)

ここはテントを張り替えたいと思います。

画像(550x412)

不思議にLABOにはセグロセキレイがやってきます。

画像(500x326)

【新・KeePer LABO 昭島店】
9月まで休業中の八王子店のお客様が大量にお越しいただいています。
林田店長と新入の千葉スタッフ

画像(550x412)

新人の望月スタッフと、応援中の石川営業所長。
オーバイ大好きの一級技術資格折戸スタッフと、岡野チーフ

画像(590x442)

LABO昭島店は団地をバックにしているので防音にすごく気を使っています。

画像(550x412)

こじんまりしていても、感じがいいゲストルーム。

画像(550x412)

ネームプレートを忘れて隠す恥ずかしい石川横浜営業所所長

画像(520x390)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.