谷 好通コラム

2017年07月21日(金)

7.21.意外なヒントをくれる味方

定期的に機関投資家のアナリストとの取材があり、
これをIRと呼んでいます(インベスター リレーションの略)。
※カジノと関わりのあるIR=インテグレーテッド リゾートとは
まったく関係ありません。

私はこのIRが好きです。
取材を受ける時には、1日に5社から6社から1時間ずつ、
30分の間をあけて続けて行うのでかなりハードですが、
普段の仕事からは得られない多くのヒントを頂くことが多いので、
何か月かに一回のIRが、
何をどうしていくかの経営方針にけっこう大きなヒントになるのです。

IRでは、事業の現況を詳しく説明するから、
自分で喋っている話から、逆に自分が気が付くことも多いものです。
それだけでなく、
店舗の在り方とか、代車がお客様に与えている影響とか、
商品を選択する際の効果的なツールのヒントとか、
KeePerのPRに有効な方法のヒントとか、
とにかく、普段の仕事の中では気が付かないたくさんのヒントを、
お客様目線で言っていただけるだけでなく
さらに株主目線という会社と利害の一致する目線まで加わって、
ヒントをいっぱいもらえます。

それ以外にも、店舗に行って感じたことを、
直接メールでいただくこともあります。
お客様からの投稿もありますが、
その場合はあくまでもご自分が主体であって、
反省させられることもありますが、
こうすれば良いというアドバイスやヒントまでいただけることはありません。

今日は「名証IRエキスポ」という一般の投資家さんへのIRだったので、
私たちのブースには開発部長、キーパープロショップ部長、経理部長が詰めて、
大勢の一般投資家の皆さんのご質問に、一生懸命応えていました。
私は会場の別の場所で、
機関投資家のアナリストの皆さんに個別IRを受けていました。
ブースでの部長たちのIR振りの多くを見ていた訳ではありませんが、
彼らにも投資家の皆さんからのヒントの意味が、
きっと分かってくれたのではないかと思います。

IRは事務畑がこなさなければならない厄介な義務ではなく、
このビジネスの本体かつ主役である現場に直接関わる人たちが参加してこそ、
たくさんのヒントをいただくことになって
投資家の皆さんにとっても、参加した者にとっても有意義であったと思います。
来年からも、ぜひこのスタイルで、主役たちをたくさん連れて来ましょう。

もちろんブースデザインも自分たちで作った物です。

画像(640x403)・拡大画像(800x504)

Posted   パーマリンク

2017年07月20日(木)

7.20.キーパープロショップが5,500店を越えました。

キーパープロショップの1号店が、
2008年の春、名古屋市千種区春岡通りに出来ました。
それから10年弱、
2017年の今月、5,500店を越えました。

キーパープロショップは、
キーパーコーティングを熱心に施工する人たちが、
KeePerを正しく施工する技術力に
一つの基準を作って欲しいという願いを実現する形で、
今の二級、一級コーティング技術資格を作り、
その一級技術資格者が在籍する店舗を、
キーパー技術認定店として、キーパープロショップと称しました。

キーパープロショップは入会金もロイヤリティもなく、
そこで施工するキーパーコーティングの商品品質を
高く維持し、実践することだけを義務とするサービスブランドです。
だから、フランチャイズチェーン店の範疇ではありません。

最初のスタートから、
キーパープロショップへの募集活動はせず
募集パンフレット、入会説明パンフレットすらありません。
先にキーパープロショップに登録した一軒一軒の店舗が、
確実に高品質のキーパーコーティングを実現し続けて、
お客様の信用をみんなで築き上げてきた結果が、
キーパープロショップ一軒一軒の成功と繁栄をもたらし、
それが吸引力になって5,500店という大きな信頼を作り出しました。

しかしその過程では、
その店舗のキーパーコーティングの品質が
一定にレベルに維持されていないと、判断されたら、
あるいは一級技術資格者の在籍が無くなったと判断されたら
プロショップ登録を抹消して、
キーパープロショップ全体の品質の信頼を守ってきました。
そのために年に二回の全店チェックを約70名のスタッフが行います。

サービスブランドであるキーパープロショップが、
10年足らずの間に5,500店もの多くの皆さんの参加を得たのは、
募集など店舗数を増やすため活動をせず、
品質を維持する努力をかたくなに行ってきたことが、
第一にお客様の支持を実現し、その結果として
キーパープロショップに登録している仲間たちの利益につながり、
その数を5,500店にまで増やして来た大きな力であるものと信じます。

数を追わず、質にこだわる。

Posted   パーマリンク

2017年07月19日(水)

7.19.組織の長が楽をすると下の者が辞め始める

どんな小さな組織であっても、
そのトップに立つ人は、能力があって仕事が一番出来るから、
一番いい仕事をしてくれることを期待してトップに据えます。
ところが、トップに立つと、彼に命令をする人がいなくなり、
彼が仕事をしなくなっても、誰も咎めないので、
決まりきった仕事をするだけで、
その組織を発展させるような前向きの仕事はせずに
”楽”をしてしまう場合があります。

自らの組織を発展させるような仕事はしないので、時間が余り、
しかし、代わりにやって楽しいことがあれば、それをやって楽しみます。
たとえ、そうしていても、
やるべき決まりきったルーティンの仕事はやっているので、
中央はそれが解らず、
何か問題が発生しないと、
「無事にやっている問題のない組織の運営」と映ってしまいます。

しかし、全体が成長し発展している会社だと、
その地方だけがちっとも発展しないので、
その要因が、トップとその組織が決まりきった仕事しかせずに、
その組織を発展させるような前向きの仕事はせず、
“楽”をしていることに気が付きます。

あるいは、
その組織の二番目が辞め始めることによって発覚することもあります。
これは、その組織のトップが発展的な仕事をしなければ、
当然、その組織は発展も成長もしないので、
そのトップは出世することもなく、その組織から発展的に出ていくこともなく、
すると二番目の彼は、永遠に発展しないその組織の二番目であり続け、
向上心を持ってもチャンスはないと
そんな組織から出ていくことを選択するのです。つまり辞めるのです。

二番目の人にとって、
楽をしているトップは、
自分ではどうしようもない「蓋(ふた)」になって、
自分の可能性を封じ込めているので、辞めて羽ばたくしかありません。

こんな行き詰まりの組織を解決するには、
トップを代えるしかないようです。
その楽をしているトップは「自分はやるべきことはやっている」ので、
自分の”楽”がその組織を行き詰らせている事に気が付かないし、
自分の”楽”は、自分が偉いから得られる特権ぐらいにしか思っていないので
自分がその地方組織の成長を止めているとは思わず、
二番目の人に絶望感を与えている事にも気が付かず、
自らの”楽”を捨てようとはしません。

トップが決まりきった仕事だけをして、
”楽”をし始めたら、
どんなに注意をしても、自己防衛に入って、気が付くことは無いので、
その者をトップから降ろして、トップを替えるしかありません。
地方の組織、あるいは小さな組織でよくある現象です。
その組織の二番目が辞めると言い出したら、残念ながらたいていこれです。

Posted   パーマリンク

7.19.あの頃の、夏の思い出。

私は暑いのがすごく苦手です。
昔はこんなではなかったのですが、
今では多くの時間を、クーラーの入った事務所か、
エアコンの入った車の中にいて、軟弱な生活を送っています。
たまに外に出ると、パンチで打ちのめされるような暑さに、
他愛もなくノックダウンされてしまいます。

何十年も前、
若い頃は、私も
こんなにも暑さに弱くはなかったし、
家にあるクーラーは居間に一つだけでも幸せでした。

我が夫婦の初代マイカー「コルサ」にはクーラーは着いておらず、
でも、それが当たり前でした。
窓を全開にして、
小さな子供二人を乗せて富士山五合目まで登りました。
五合目の涼しさが最高で、いつまでもそこにいましたが、
やがては下界に降りて来ざるを得ず、
五合目で体が冷えた分だけ、下界の暑さがこたえました。
それでも、あの頃は惨めさの微塵もなく豊かでした。
多分、今より誰もが豊かでした。

冷房の入った場所で仕事をするのが当たり前になると、
暑い外が地獄のように感じられ、外に出た分だけ不幸になりますが、
多くの時間を冷房がない場所で仕事をしていると、
KeePerコーティングの話をお客様にさせていただき、ご注文をいただいて、
弱冷房の入ったコーティングブースで、集中して涼しく施工をすれば、
きっと良い仕上がりにお客様は喜び、
「ありがとう」をいただき、幸せです。
てな、良い調子ばかりではありませんが、

とにかくこの暑さには、ある程度、体を慣れさせるのが一番です。
昔は、私も、暑さに強かったわけではありませんが、
もうちょっとましでした。
もちろんあの頃は、コーティングブースなんてありませんでしたが、
先頭に立って、KeePerをガンガンかけていました。
冷房の事務所から出ない今より、幸せだったかもしれません。

Posted   パーマリンク

2017年07月17日(月)

5,000話突破までにあと2か月ぐらい。「飲み会」やりますか。

このブログを書き始めたのは2001年の1月だから、
もう16年半も書き続けていることになります。

16.5年×365日で計算すると約6,000日になり、
今が4,943話なので、
6日に5話、ナンバーの着けていない話もあるので
おおよそ1週間に6話のペースで書いてきました。
週休1日は、週休2日が当たり前の今日で言えば、ちょっとやりすぎです。

しかし5,000話−4,943話=57話ですから、
多分あと68日ぐらいで5,000話に到達します。
だからどうだと言えば、
別にドおってことない訳ですが、
1,000話突破の時は、「ただの飲み会」と称してみんなで酒を飲みました。
2,000話の時も、同じように酒飲み会を開いたのですが、
この時は会を開いてくれた人が、
何を勘違いしたのか、私に全く話をさせずに、
やたらと花輪をくれたり、昔話を持ち出したりで、
私を”泣かせる”のが目的の会にしてしまったので、しらけてしまいました。
こんなことで感動したりして泣く理由なんか何もないので、しらけたのです。
それから3,000話突破も、4,000話突破も、
このブログの切りの良いタイミングでの酒飲み会はやりませんでした。

しかし、5,000話の区切りは、
これで何もしなければ、次は10,000話になる訳なので、
さすがに、あと5,000話を書く自信はありません。
ここまでのペースのままでも、あと16年と8か月くらいかかる訳なので、
5,000話突破が65歳と6か月ぐらいだとすると、
10,000話突破は私が82歳と2か月ぐらいになっていて、
そこまで、ひょっとしたら生存率30%位で生き続けているかもしれませんが、
そこまで週休1日で、ブログを書き続けていたとしたら、
それは化け物であって、
とても挑戦する気にはなりません。

だから、言い訳がましいですが、
5,000話突破の「飲み会」をやろうかなと思います。

どこで、どのようにやろうかとは、全く決めていないし、
準備周到な会にはとてもならないと思いますが、
あと二か月後をめどに
取りあえず、やろうと思いました。

今日は「目ざましじゃんけん」にはパーのあいこで勝てませんでしたが、
「カウントダウン星占い」は、
私の「うお座」はトップだったので、
今日の思いつきは、やっても後悔しないかもしれません。

ただ、5,000話の飲み会をやっても、
ただ、みんなで酒を飲んで、バカ騒ぎして終わりです。
せっかく来てくれた人もいると思うので、余興は考えますが、
いずれにしても、飲んで騒いで、楽しくて面白い会をやろうと思います。

多分あと2か月ぐらいあとです。

どうしましょうか、やっぱりやめた方がいいでしょうか。

画像(450x337)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.