谷 好通コラム

2018年04月25日(水)

4.25.四分の一に残る闘い。

今日はキーパー技術コンテストの
全日本チャンピオン決定戦の準決勝の日です。
45名の全国各地の県チャンピオンとタイ・香港チャンピオンが
明日の11名による決勝戦に残るために全力で戦います。
四分の一に残る闘い。
参加者すべてがチャンピオンなので、
その競技施工は完璧であり、どの選手も100%本気です。

この仕事をやってきて本当に良かったと思う瞬間でもあります。
人が一つの事に熱中できることはすごい事だと思うし、
その結果が誰か(お客様)の喜びに繋がり、
その喜びが、やっている本人の喜びに直接つながるという連鎖は、
それがビジネスとして成立すれば、
成長の連鎖となって、多くの人を幸せにするに違いない。

この技術コンテストの競技は仕事そのものであり、
仕事とは誰か他人(お客様)に喜んでもらえる価値を作り出すことだから、
みんなから必要とされ、世の中に役に立つことだから、
その技術を、競技として、全力で競うことは、
単なる競技を競うだけよりも、
より大きな意味のある事なのかもしれません。

ある選手が「KeePerがオリンピックの競技種目になればいい。」と言いました。
そんな風に思ってくれるなんて、
うれしすぎて、泣けてきます。
誰か他人に喜んでもらえる価値を作り出す為の技術を
世界の人が競い合うようなことがあったら
それはもう必然的に
世界中がきっと平和になるに違いありません。

画像(560x420)
画像(560x420)
画像(560x420)
画像(560x420)
画像(560x420)

Posted   パーマリンク

2018年04月24日(火)

4.24.キーパー技術コンテスト・全国チャンピオン決定戦前夜

今日は一日中雨でした。
春はひと雨ひと雨と暖かくなると言いますが、
今年は雨が降らずとも一挙に暖かくなって、雨のありがたみが減ります。

2月の半ばから全国各地で開かれていたキーパー技術コンテストの予選が、
3月には46名の県チャンピオンを生み出して、
その県チャンピオンが愛知の中央トレセンに集まって、
全国チャンピオンをいよいよ決めます。

今日はその前夜。
KeePer技研滑e地の営業所から所長、課長クラスが、
明日の全国大会の準備に集結しています。
準備は大変ですが、みんなでやるので割とすぐに終わります。
時間がかかるのが「目線合わせ」と呼んでいる採点の基準合わせです。
参加者の誰かが作業を行って、
それを皆で見て、みんなで採点してその点数を合わせていく。
合わなければ、合うまで何度も繰り返し、
採点者の評点にばらつきが無いように、目線を合わせていく。
午後から集まって、夕方までに準備を済ませ、
夜になって外は真っ暗になり時間を忘れて、採点を繰り返し、話し合い、
それぞれが納得のいくまで合わせていく。
ただ今午後七時、いつもならば午後11時に終われば早い方だ。
全員晩飯抜き。
目の前にコンビニが出来たので、いつまででも安心してやっていられる。


設営

画像(560x420)

設営

画像(560x420)

予行演習

画像(560x420)

応援FAX、カラー?

画像(560x420)

応援FAX

画像(560x420)

目線合わせ

画像(560x420)

目線合わせ

画像(560x420)
画像(560x420)
画像(560x420)

Posted   パーマリンク

2018年04月23日(月)

4.23.北海道はただ今、年末?真っ最中だった。

昨日までの実績を送って来た時点で、
FC店を含む全LABO79店舗のトップは
独走態勢に入りつつあるLABO札幌店で10,732千円。
二位のLABO足立店が10,056千円で肉薄しているように見えるが、
LABO札幌店は「雪溶け後の大ラッシュ」の始まりが今年は遅く、
まだ上旬のうちは圧倒的に足立店がリードしていたのを、
中旬になって土日も関係なく連日の大ラッシュが札幌店に始まって、
足立店を勢いよく追い抜いてのトップなので、
このままトップを独走する公算が強い。
ただ、大需要地の雄である東京の足立店はずっと油断できない存在ではある。

春の「雪溶け後の大ラッシュ」は、
北海道だけでなく雪が多い東北や北陸でも有ることは有るが
特に寒さの厳しい北海道の店舗において顕著であり、
札幌では頻繁にまかれる融雪剤の塩化カリウム、塩化カルシウムなどに加え、
コスト的に安い塩化ナトリウム、つまり”塩”そのものを岩塩の形で撒くこともあって、
いずれも、車の下回りには錆を呼ぶので、
雪国の人は雪が溶けてなくなると、車の下回りをキレイにしたがります。

更に下回りだけでなく
ボディに溜まった汚れを、春の訪れと同時にキレイさっぱり落とし、
塗装を守るのに有効だと定評のキーパーコーティングで、
小ざっぱりとお化粧するのです。

4月1日から22日現在で、札幌店では
ダイヤモンドキーパー46台、クリスタルキーパー160台、ピュアキーパー60台
何ともすさまじい台数であり、その多くがリピーターの皆さんです。
この時期に集中してご来店されます。

「春」は言って見れば内地での「年末」に当たるのでしょうか。
ただ内地の年末特需は一ヶ月だけですが、
北海道の「春」の特需は4月、5月、6月と続き、
下手すると7月にまで食い込むことがあり、特需のスケールが違います。
だから、頑張る期間もはるかに長く、
ガムシャラに頑張るだけでは続きません。
スタッフ全員の誰もがチームワークを重んじ、淡々とした努力と
店長やチーフの落ち着いたリーダーシップと公平さと細やかな心遣い必要です。

今春の雪溶け特需に対して、
今年の札幌店の陣容は8名。
四月に入社したばかりの新入生は、
この混乱期に札幌の店舗にいても、何も教えられないので、
全員が東京の店舗に散って配属され、東京の先輩に仕事を教えてもらっています。

だから札幌店にいる8名は
二年生以上のすでに立派に技術者となっている人達です。
8名でたぶん15,000千円ぐらいを越してくるのでしょう。本当に大変です。

千葉圭店長

画像(570x427)

二年生の一級資格鈴木スタッフ

画像(560x420)

一級資格スタッフ。

画像(560x420)

一級資格田畠スタッフ

画像(560x420)

一級資格尾崎シニアスタッフ

画像(560x420)

一級資格千葉陽太スタッフ

画像(560x420)

営業からの応援川上主任

画像(560x420)

力が付いた吉田チーフ

画像(560x420)

もう帰り間際ですね。

画像(570x427)

札幌のすべてをまとめる瀧澤所長

画像(560x420)

札幌店のリーダーたち。

画像(560x420)

「足立店に勝つ」そうです。

画像(560x420)

初心忘れるべからず。

画像(560x420)

基本です。

画像(560x420)

札幌には二つのKeePer LABOがあります。
昨年の5月にオープンした「KeePer LABO 手稲店」で、
この四月でちょうど一周年を迎えます。
LABOの新店は、どの店舗でも、
お客様がリピーターとなって積み重なってくるまで、
少ないお客様での運営となり、この手稲店も始まった当初は、
実績も少なく担当スタッフは苦しいものです。
しかし、ポスティングなどの告知活動もこなして、
来店されたお客様には確かな品質で確実に満足していただき、
与えられた目標予算は確実にクリアしてきました。

それが、春の大ラッシュ期に花開いたのでしょう。
4月22日現在で350万円を越してきていて、
月末までには500万円に迫る勢いです。
22日までのコーティングも
ダイヤモンドキーパー20台、クリスタルキーパー64台、ピュアキーパー15台
ちょうど一年目に、この実績はなかなか出せるものではありません。
関東の超一等地にオープンした店舗並みの実績で、
とても札幌の端にある手稲店の実績とは思えない立派なものです。

その手稲店は1名の新入生と、3名だけの陣容です。
生産性も札幌店の7,877円/人時に対して、手稲店は7,924円/人時で、
生産性においても決して負けないどころか、
全国トップ店舗である札幌店を微妙に負かしているくらいです。

内地の店舗が繁忙期の年末をきっかけに、
一人前の実績を上げるようになることが多いのと同じような現象が、
北海道での春の雪解け大ラッシュの時期に実現しているのでしょう。

近藤店長は、立派な体格が戻りつつあります。

画像(560x420)

谷チーフは、お父さんになるようです。最高ですね。

画像(560x420)
画像(560x420)

昨年新卒の一級技術資格岩崎スタッフは、立派に3名の中の1名としての戦力です。

画像(560x420)
画像(560x420)

今日の帰りの飛行機で、同行の佐々木マネージャーが素敵な富士山を見つけました。

画像(603x397)

Posted   パーマリンク

2018年04月22日(日)

4.22.久しぶりに乗る飛行機、山に感慨

つい何年か前まで、
私は飛行機に頻繁に乗っていました。
海外はもちろん、国内も九州各地、北海道各地、
山陰、東北も飛行機は直行便があるので、
飛行機に乗って行くのが一番効率的で、特にローカル都市へは、
大好きなプロペラ機の、それも一番好きな小型機が飛んでいるので、
このんで飛行機で行くルートを取っていました。
飛行機に乗った回数は、昔、数えた事があったのですが、
たぶん、通算で1,000回は超していたと思います。飛行機が大好きだったのです。

それが何年か前に、椎間板ヘルニアで腰を痛め、
長い距離を歩けなくなった時、
飛行機に乗る為に搭乗口までの空港内の距離を歩くことが出来ず、
仕方なく車いすを乗るようになってから、
空港カウンターや、手荷物検査場、搭乗口での、
いちいちのチェックや確認、案内、説明がわずらわしくて、
そんなどうでもいいようなことが理由で
新幹線で行けるところは遠くても飛行機に乗らず新幹線に乗るようになって、
ローカル都市にはあまり行かなくなったし、
行っても車を運転してもらって、楽をするようになりました。

車いすを使うには、人の手を借りなければいけないので、
飛行機に乗ろうとすると
「いちいちのチェックや確認、案内、説明がわずらわしくて・・」なんて
言ってはいけないのですが、
人は、何か不自由な事があって、
人の手を借りなければ出来ないことがあると、
かえって、自分で出来ることは自分でやりたいと思って、
自分でやれることにまで「手を貸そう」と言われると、
かえって反発してしまうのは、
自分の中の情けない性(さが)なのでしょうか。
言われたことに「わずらわしい」と感じてしまうのです。
そんな事でしばらくの間、飛行機に乗らない期間ができました。

しかし今日は、のっぴきならぬ用件が札幌に出来たことと、
今、LABO札幌店とLABO手稲店で
例年の「春の大ラッシュ」が始まっていて、
4月21日現在で札幌店が990万円を突破して1千万円に王手をかけており、
もちろん全国のLABOナンバー1を独走し始め。
開店1年未満の手稲店ですら300万円を突破して、
立派に「春の大ラッシュ」を繰り広げつつあって、
これを黙って数字の上だけで見ているのも情けなく、
全部の思いを背負って、北海道に行こうと決心したのでした。
つまり、久しぶりに飛行機に乗ろうとも思ったわけです。


久しぶりに飛行機に乗ってどうだったのか。
乗った飛行機はJAL国内便の定番、ボーイング737-800。
乗るまでのわずらわしさは、
私も少しは大人になったのでしょうか、少ししか感じず、
スムーズに乗機することが出来ました。

乗って、飛び上がって、しばらくしたら「御嶽山」が眼下に来ました。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

また、もうしばらくしたら、もう一つの単独峰「乗鞍岳」が来ました。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

それから日本アルプスの一端が見えて、
(進行方向に向かって右の席なので槍ヶ岳は見えず残念)

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

雪をかぶった3000m級の山達を観ていたら、
「ごめんな、しばらくほっといて」なんて言葉が頭の中によぎりました。
されに、じわっと涙まで滲んで、
今までに何百回となく見たアルプスの山達を、
しばらくぶりに会った恋人のように思えてしまったのです。
ばかですね。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)
画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2018年04月21日(土)

4.21.新卒採用は募集サイトだけでなく足で稼ぐことが必要なようです。

今日は、朝から新幹線に乗って東京に向かっています。
来年四月卒業予定の大学生の面接のためです。
実は、こんなに早くからの面接は初めてのことです。

会社が成長するにしたがって、より多くの人の力を必要としてきていて、
積極的に採用活動をしています。
しかし昨年までは、
企業としての当たり前の採用活動が何なのか知らなかったので、
有料の募集サイトにお金を払って募集の記事を載せていただけでしたが、
それでは全然ダメで、
自分たちが思っていた時期よりうんと早い時期に、
各大学での合同会社説明会に参加させてもらう活動が始まりであることを
先輩会社の方から勉強させていただきました。
それで、今年は「採用チーム」を作って、
各地域にマネージャークラスで副業としての「採用担当」を決め、
それぞれが本業である営業やLABOの運営の仕事のかたわら、
地域の大学を廻って、会社説明会への参加活動、
あるいは独自で会社見学会を実施し、多くの学生に働きかけてきました。

その成果が、今日は東京営業所で15名の学生を面接し、
何日か後には愛知の本社事務所で15名の学生を面接する事になりました。
その他にも面接の予定がいくつか立っています。
昨年、一昨年のこの時期には、面接はゼロで、
5月の後半、下手すると6月からやっと面接が始まったものですが、
それでも、翌年の今年四月には62名、
昨年の四月には64名新卒採用が出来ており、
今年はこの時期にその数の半分以上の人数の面接が確保できている訳なので、
最終的にどれくらいの採用規模になるか、
また、どれくらい内容の濃い人財確保が出来るか、期待が膨らみます。

採用活動は、お金を使うだけではダメですね。
まず、自分たちの足を使って、こちら側の会社を紹介して売り込み、
たくさんの人にこの会社を知ってもらわなくては、人は集まりません。
お金を払って募集サイトを使った活動はそれなりに効果がありますが
あくまでも一律の効果であり、
努力の成果は得られません。限定的です。
つまり、お金を使っての募集のための業者はいくらでもいますが、
それはあくまでも業者の商売のためであり、
募集する側の為には、一定のサービスが提供されることに限定されます。

“中途”採用は結局、募集サイトを利用するのが一番効果的なようですが、
“新卒”採用の場合は募集サイトに頼っているだけではまともな成果は得られません。
やはり足で稼ぐことが絶対的に必要なようです。

しかしそれにしても、先日、
肺炎で入院して一度は弱くなった体力も、
ふと気が付くと、昔のようなハードスケジュールをこなしつつある。

きょう東京の日帰りで連続15人の”魂を込めた面接”をこなし、
明日は上海からのお客様と商談+昼食のあと、中部空港から千歳空港に飛び、
二軒のLABOを訪ねた上で札幌に泊まり、
翌朝から三件の新規物件を視察して、
午後2時過ぎの飛行機に乗って夕方4時までに中部に帰り、
夕方からの大仕事を片付ける。
そして翌々日にはKeePer技術コンテスト全日本チャンピオン決定戦が始まる。
一時は弱った私をいたわってくれていたようなスタッフ達も、
ふと気が付くと、以前のように私を十二分に使ってくれているような気がする。
気のせいだろうか。(笑・・嬉しい)


うっすらと朝もやの中に見た今朝の富士山

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.