谷 好通コラム

2019年09月15日(日)

9.15.タンクトップ姿がまぶしかった初代?所長遠藤さんと

珍しいお客さんが、仙台からやって来た。

KeePer技研の創業会社(株)タニの代表であった私が、
KeePerのケミカルを持って、全国行脚を始めたのは平成5年頃。
まず、最初に仙台に行ったのは、
当時GSも運営していた潟^ニの石油卸し元の営業所が仙台にあったから。
生命保険の外交員が、まず自分の親戚の所に行くのと同じだ。
何の営業でも、最初は、すでに持っている縁をたどっていくのが常套で
知っている人を尋ねていって、その地の誰かを紹介してもらって、
その誰かへの営業活動の中から、そのまた誰かへの縁が出来て、
あるいは向こうからこちらに縁を求めてきたりすることもあって
その地の縁が広がっていく中で、
営業活動が広がり活発になって「常駐の人」と「拠点」が必要になってくる。
最初の出先の拠点は東京トレーニングセンター兼営業所で、
開所は平成12年。

今考えると、
最初の頃の”出張”による全国への営業活動は7年も続いていたのだ。

東京の錦糸町に古い材木屋さんの倉庫を借りて、
車が2台入るだけの超狭小トレセンを造った。
それでも、当時としては随分思い切った投資だったが、
営業マンの常駐と、常設トレセンの設置は、営業効果抜群だった。

愛知県の本社事務所を拠点にして非効率な出張での営業活動を
7年間も続けていたのは、
出張というある意味無駄な時間が時間の流れを短くしていたのかもしれない。
無駄が人間を鈍感にするという典型だったのかもしれない。

全国に営業を展開するのならば、
全国各地に”拠点”と”常駐の人”が絶対に必要であると気が付いて
急いで全国に物件を探し、常駐すべき人の確保に走った。

仙台のKeePer施工店に勤めていて、
KeePerの施工に熟練していたが事情があってその会社を辞め、
違う仕事をしていた南条さんという女性とひょんなきっかけで知り合い、
仙台常駐の社員になって欲しいと頼んだ。

それからどんないきさつがあったか、まったく憶えていないが、
南条さんは応えてくれて、入社し、営業スタッフとしての仕事を身に着けて、
仙台に常駐することになり、とりあえず、事務所を造った。
と言っても普通の1ルームのアパートの一室に机を置いただけの事務所で、
トレーニングセンターを兼ねる営業所を造るまでの臨時のものだった。
その事務所を、私は営業部長と暑い夏のある日に見に行った。
臨時の事務所なので、クーラーもなく暑く蒸し返った事務所で、
南条さんは汗びっしょりになって仕事をしていたが、
そのタンクトップ姿がまぶしくかった覚えがある。
あの時が、初めてのKeePer仙台営業所・所長の誕生だった。

やがて南条さんは地元の男性を結婚して遠藤さんとなり、
子供を授かって、産休し、男の子・久平君が無事に生まれ、
産休明けで復職した。
復職して遠藤さんはインストラクターとして活躍してくれた。

ある時、遠藤さんと仕事で車に乗っていた時、
お腹が痛くなって、ちょうどその時、
遠藤さんが子供を昼間預けていた実家の近くを通りかかっていたので、
実家のトイレを借りたことがあり、
その時、遠藤さんのお母さんにも挨拶出来たし、
大きくなった久平君を見ることが出来たので良かったのですが、
久平君にとってはお母さんの突然の帰宅だったので、
また仕事に出ていく時、久平君が遠藤さんを後追いして泣いて、
その姿が私には可哀そうに思えて
遠藤さんに、出張の多い営業仕事はしばらく控えて、
トレセンで研修会だけアルバイトとしてやって、
久平君との時間を多くしたら?
と話をしたら、
ただでさえ守備範囲の広い東北地方の営業は、宿泊も伴う出張もあり、
遠藤さんは無理して、緊張感を持って仕事をしてくれていたのでしょう。
その張っていた気がプツンと切れたかのように残念ながら退社しました。

私は、あの時の事がずっと気持ちの中で引っかかっていて、
後追いする子供が可哀相だと思うのは母親が一番に決まっていて、
それをぐっと耐えていたのに、
他人の私が「可哀相では…」というのは、
いかにも無神経だったと、後悔した。
しかし、その事を久しぶりに会った遠藤さんに言ったら、
「えっ? そんなことありましたっけ?
久平は、いつも後追いしなかったですよ。」と、あっけらかん。

しかし、あの時の子、久平君が今23才というので、
今が令和元年で、平成で言うと31年なので、
31-23=8
ということは、仙台トレセン準備室として初めて仙台のアパートの一室に
仙台営業所が出来たのは、それよりも少なくとも1年以上前であって、
平成7年以前ということになる。
とすると、東京トレセン兼営業所が出来るより5年も前であり、
仙台営業所はKeePer最初の営業所であり、
遠藤さんは、KeePer初の営業所所長ということになる。


タンクトップ姿がまぶしかった遠藤さんと、
今は浜松の自動車メーカーに働く23才の久平君。

画像(600x400)

車好きの久平君がお母さんを乗せてきたアルトワークス。
こだわりの車ですね。

画像(550x366)

Posted   パーマリンク

2019年09月14日(土)

9.14.看板計画はあらゆる視点からを仮想して

サービス業として専門店であるLABOは、
派手に目立てばいいと言うものではありません。
ストックビジネスの一つの典型であるLABOは、
集客よりも、お客様に通っていただけるような店舗でなければいけません。
だから、威圧的なイメージを与えず、落ち着いた建物とデザインが必要です。
しかし6年ほど前の一時期、新設で建てた数店の店舗が、
不必要に建物が大きかったり、ばかでかい看板が立てられたりして、
本来の店舗コンセプトとは外れた店舗になってしまっていて、
運営的にもいまいちな所があります。
そんな店舗の一つLABO東郷店は、
小さな修正を加えながらここまでやって来ましたが、
この度、ガラッと印象を変えるべく大改造を行うことになりました。

無駄に背が高過ぎて威圧的な印象を与えるコーティングブースを、
新たに建てる低い大型テントで、視線を塞いで目立たなくして、
その大型テント2つが、今まで小さすぎた洗車場と仕上げ場を確保します。

色々なタイミングの問題で
今期の新店は、
すべてが年明けになってしまいそうであり、
年内は鳴海店をリプレースしての大型店化や、
この東郷店のリニューアルなど複数店のリニューアル工事を進めます。

特にこの東郷店は、
印象をガラッと変える必要を感じており、
同時に洗車の作業キャパシティを増大する必要もあり、
随分考えに考えて、新しいデザインに至りました。
ここから、あらゆる視点からの視線を考えて看板計画をしていきます。

これは図面から作ったパース

画像(640x380)・拡大画像(700x416)

以下の枚はパース+合成写真。
すごいですね。
店舗部の佐伯デザイナーはものすごい技術を身に着けつつあります。

画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)
画像(640x334)・拡大画像(700x366)

本文とは全く関係ありませんが、
あまりにもいい写真だったので、意味もなく載せました。

画像(434x580)

Posted   パーマリンク

2019年09月13日(金)

9.13.どんどん、何でも、しかも超念入りに造る。

先のブログで、この会社にはデザイナーさんが7名もいて、
KeePerのブランディングにつながる仕事をしていると書きました。
彼らは私達のリクエストを魔法のように実現します。

LABOのスタッフは、店舗の周辺によくポスティングをします。
今は新聞を読む人が減って、新聞の折り込みチラシはあまり読まれないので、
自分達の足で歩いて周辺の住宅などにチラシをポスティングします。
これは住宅がまばらな田舎の場合は、数を配るのに大変ですが、
都会では住宅が密集しているので、比較的、数を配るのがたやすく、
通常、2万枚とか、3万枚とか、
私たち年寄りでは出来ないような多くのチラシを配ってしまいます。
もちろん大変ですが、比較的店が暇な時期もあるので、頑張って配ります。
しかし、そんな大変な目をして配るのですから、
その店にとって納得のいくようなチラシを、
それぞれが自分達の考えで個々に造ることを許可しています。
そんな時、デザイナーさん達の出番で、
デザイナーも、そのチラシを、
若い子たちが苦労してたくさんの数を配ることを考えて、
何度も再校の上
独自のチラシをデザインしてくれるので、
なかなか良いチラシが何種類も出来上がります。

たとえば、今日出来上がってきたポスティング用チラシのデザイン。

画像(640x451)・拡大画像(687x485)

もちろんKeePerのブランディングに直接関わるので、
それぞれが個々に造ることが許可されていると言っても、
それぞれがバラバラに好き放題に造って良い訳ではなく、
企画部のブランディングの観点からの審査を通らなければ使えません。
これはWダイヤモンドキーパープレミアムのパンフレットのデザインを、
部分的にそのまま使っています。どうしましょうか。
考えどころです。


他にも
色々な用途によって、
独自のチラシやパンフレットも造られます。
これは、建設工事などでたまに起きる
「ペイントミストの飛散事故」のリカバリー作業が、
私達の店舗が大変得意としていて、
被害を受けた方にも「キレイになった」と喜んでいただいている事を、
建設工事に関わる会社の方々や、損害保険会社の方々にご案内するチラシです。
これが意外と効果的で、
よくリペイントミストの飛散事故のカバリー作業の依頼をいただきます。
昨年は、
9月の暇な時期にとても大きな仕事を依頼されて、
みんな助かったことをおぼえています。

画像(424x600)
画像(423x600)

Posted   パーマリンク

2019年09月12日(木)

9.12.純水手洗い洗車を見直す

KeePerは、その昔、手洗い洗車から始まりました。
自分の車をKeePerを施工してキチンとキレイにしたい人は、
どちらかというと手洗い洗車を好む傾向があります。
KeePerは、特にダイヤモンドキーパーなどガラスコーティングを施工すれば、
洗車機にかけても、まったくキズが着くことはなくなります。
だから、KeePerユーザーが手洗い洗車を好むのは、
キズが着くことを恐れているからというよりも、
人の手で隅々までキチンとキレイにしたいから、手洗い洗車を好むのです。

だから手洗い洗車であっても、雑な手洗い洗車ならば、
それは手洗い洗車の意味が無いだけでなく、期待外れということで、
その店舗の手洗い洗車は二度と買わないだろうし、
ましてや高付加価値のKeePerコーティングを施工しようとはしません。
実際、KeePerコーティングを
どの店舗で施工しようかと探している人は、
まず、行ったその店で手洗い洗車を頼んでみて、
この手洗い洗車の仕上がりで腕前と、気配り、真面目さを試してみて、
その店でコーティングをするかどうかを決めるお客様が多くいます。
手洗い洗車が上手かったから、
その何十倍もの値段のダイヤモンドキーパーを、
その店で施工してもらったという話をよく聞きます。

だから、高いKeePerをたくさん施工している店だから
手洗い洗車も上手いというだけでなく、
手洗い洗車が上手いから、
高いKeePerコーティングをたくさん施工していると言えます。

手洗い洗車は技術料というよりも「手間賃」という色合いが強く
生産効率が決して高いとは言えず、
技術料の意味合いが強く、生産効率が高いKeePerコーティングに比べると
一見、割の合わない仕事に思える手洗い洗車ですが、
この手洗い洗車を疎かにすると、KeePerコーティングも少なくなって
いわゆる”暇な店”になってしまいます。

とすると、コーティングはカーディーラーで新車の時にやって、
手洗い洗車だけをその店でやって、
コーティングは決してやらせていただけないお客様は、
店としても立つ瀬がない訳で困ってしまいますが、
そんなお客様には、
あらゆるコーティング車に、
 純水手洗い洗車にプラス30分!
 メンテナンスとは違う
 新しい発想の「艶パック」
を、ぜひお薦め下さい。きっと喜ばれます。

画像(455x640)・拡大画像(498x700)
画像(455x640)・拡大画像(498x700)

Posted   パーマリンク

2019年09月11日(水)

9.11.全店訪問で持っていったルビスタ

キーパー選手権が開催されている1ヶ月間は、
8月も12月もトレセンでの研修会を全休して
KeePer技研営業のスタッフが、プロショップ全店を訪問します。

訪問は選手権に参加の皆さんへの応援の意味が一番ですが、
キーパーコーティング技術資格者の在籍と品質の確認、作業環境の確認、
KeePer技研からの新製品や新技術のご案内なども行っていきます。
年2回の全店訪問は
品質最優先のキーパープロショップの仕組みの
最も重要な行事と言え、むしろ生命線でもあります。

今回はそれに加えて「ルビスタ」なる物を全店に配りました。

これは製薬会社大手「キョ―リン製薬」の関連会社の製品で、
「ルビスタ・嘔吐物処置キット」と銘打ったものです。
これは文字通り、人が車の中で嘔吐した場合の後始末のための処置キットで、
中にはシリコンゴム手袋、前掛け、マスク、
消毒薬、消臭液、丈夫な大ごみ袋、密閉箱など、
不快な嘔吐物に一切手を触れずに、
不快な思いを極力少なくして、あくまでも安全に処理できます。
人が嘔吐する時は、
酒に酔っぱらったり、乗り物酔いなどの他に、
細菌性の中毒などで食べた物を戻すことがあり、
特に細菌性の要因によるものは嘔吐物に触れると大変危険です。

ルビスタは、そんな危険を伴う可能性のある作業を、
消毒薬、消臭薬で滅菌しながら、
手袋、マスク、前掛けなどでガードしたスタッフが、
手順を踏んで、マニュアル通りに作業をしていくと、
最低限の不快で、安全に作業が出来るように仕組まれたセットです。

私自身、若い時からスタンドでこのような処理作業を何度も経験しており、
そのツラさも良く知っています。
特にこの作業がツラいので、店のスタッフにさせられず、
自分でやる店長が多いことも知っています。

なので、このルビスタという製品を知った時に、
ぜひ、全部の店に置きたいと思ったので、
全国約5,800店のキーパープロショップと92店のラボに配る事にしました。
とりあえず無料で。
でも、約6,000個のルビスタは、使って再注文をいただいたら、
その時は、ルビスタ1個を送って、1個分の伝票を切らせてもらいます。
「富山の置きクズリ」のようなものです。
だとするならば、全国に置いた約6,000個のルビスタは、
“在庫”で通るはずですが、
無理かもしれません。

会社にとって、報・連・相は最重要事項であって、
特に密室化しがちな経理部門の報・連・相は生命線とも言えるものですが、
ここが一番難しい所です。
永遠に一つも減らない仕組みになっている在庫は、
減損会計の対象になるのは明白です。
しかし、たまに出荷するルビスタは、わずかですが利益を生むので、
少しずつでも出荷が続けば金銭的にはいつかは元が取れるはずです。
だから、減損にしなくてもいいはずだと主張は出来ますが、
何百年かかるか、何千年かかるか判らないので、やっぱり駄目でしょう。
しかし、
それで全国の仲間たちが、
とてもツラい仕事が少しでも軽くなったら、
更に安全が確保できれば、約6,000個分の減損は無駄ではないと思います。

「富山の置きクズリ」作戦は、無理でしたが、
有意義であることは違いなく、
決して後悔するものではありません。
会社も決して損を被ったことにはならないと思います。

画像(569x640)・拡大画像(600x674)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.