谷 好通コラム

2020年01月19日(日)

1.19.これぞハーレム 。

東京に出かける新幹線の車中、時間つぶしの一話。

我が家のペットトリオ
おばあちゃん猫「チーちゃん」と、
新参の「小ミミ」、底抜け娘の「リンダ」は、いずれもメスであり、
我が家のオスは私とリクガメのトンボだけ。
トンボはあくまでもマイペースで生きているからイイとしても、
ほぼ唯一のオスである私は、メスに囲まれてハーレムなのです。

どうハーレムかというと、
朝、仕事に出かける時、我が連れ合いに抱っこされたリンダと共に、
不思議と、玄関にチーちゃんも小ミミも出てきて、
三匹で、私を見送ってくれるのです。
三匹が揃ってですよ。
反対に、
私が仕事から家に帰ってくると、
大歓迎で大喜びのリンダと共に、チーちゃんと小ミミも一緒に
三匹で私を玄関に出迎えてくれるのです。

これをハーレムと言わずして何をハーレムと言うのでしょうか。
私はそれだけで一日ご機嫌です。

でも、三匹が揃うのはほんの一瞬で、
何度かカメラを出して三匹のお揃いを写そうとしたのですが、
すぐに解散してしまうので、なかなか写せません。
なので、
仕方なく三匹バラバラですが、

まず「小ミミ

画像(600x400)

リンダの寝床。あるいはおもちゃ集積所。
買ってもらったオモチャやぬいぐるみ、ペットボトルのキャップが山となっている。

画像(600x400)

チーちゃんは見れば見るほど美人で我がハーレムの主人公です。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2020年01月17日(金)

1.17.キーパー選手権12月優勝はENEOSフロンティア与野新都心

2019年12月のKeePer選手権は最後の最後に大波乱が起きた。
KeePer選手権を只今三連覇中のENEOSウィング・湾岸浦安TSを逆転して
ENEOSフロンティア・セルフ与野新都心店が優勝したのです。

その波乱の主、矢部光輝マネージャーは30歳。十代の頃からこの店にアルバイトで務めてきたという生粋の与野新都心店人。

画像(600x400)

メンバーは他に社員さんが5名と、
なんとアルバイトさん19名(12月は計2,000時間)で構成された
セルフSSと手洗い洗車の専門店。
手洗い洗車が2レーン4台分と、
コーティングのレーンが2列の4台分。
いつも洗車やコーティングの車で詰まっている。自動洗車機はあえて無い。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

この店では、2018年12月まで20%offの洗車チケットを、
毎年7月に四~五
百万円分と12月に五~六百万円分を集中的に販売してきたが、法的な改正もあって、洗車チケットの販売を1年前の2019年1月以降中止した。
だから、今回の12月はそのチケットの残りの使用もあったので、
洗車コーティングの売上的には8百万円強と若干少ないが、
その内容はチケットを販売していた時よりはるかに濃くなった。
ピュアキーパー   88台。 440,000P
クリスタルキーパー 94台。1,598,000P
ダイヤモンドキーパー61台 3,050,000P
(以後DKと省略)
W・DK 43台。3,01,000P
W・DK・プレミアム24台 2,880,000P
DK・Aメンテナンス 79台 553,000P
DK・Bメンテナンス 98台 1,470,000P
合計13,001,000p
また、アラカルト部門でも3,684,000pを上げて全国4位に食い込んでいる。

最初は10月、DMに手洗い洗車500円引き券の送付から始まり、11月には43,900軒にポスティング、12月にはクーポン券配布も加えてやった。
・普段1台1,500円の洗車に500円引き券はよく効いて、洗車でにぎわった。
・洗車でご来店のお客様には必ず店内カウンターで接客受注する。
・このカウンター受注が一番肝心で力のあるカウンタースタッフが中心になる。
・「コーティングはしてありますか?」「駐車は?」と沢山のことをお聞きする。
・11月、12月のキーパーコーティング予約を取って行った。
・高い価格の商品からご紹介すると、驚くほど高い商品が売れた。
・クリスタルキーパーは予約ではなく、その場で施工する。
・新車時コーティングの車でも、アラカルトが面白いように売れた。

洗車チケットをやめたら、お客様の仕上がり確認が細かくなったので、作業をする者もより真剣に作業するようになって、
商品品質が上がった。

画像(600x400)
画像(600x400)

去年のクリスタルキーパーが今年はダイヤモンドキーパーにグレードアップする人が半分以上いて、喜んでもらえた。

この与野新都心店は、元々圧倒的なマーケットに支えられた集客力に
手洗い洗車を定着させ、それを10月にキャンペーン的に500円引きして、
沢山の集客に主力メンバーがカウンターでの「聞く接客」を徹底し、
主に外車に乗っているような高い収入の客層に、
高い品質のダイヤモンドキーパーを3種計128台も提供した。
ダイヤのメンテナンスも177台と非常に多かった。
リピートのお客様が多く、クリスタルキーからのグレードアップが多かったが、
新規のクリスタルキーパーが足されて台数をむしろ伸ばしている。94台。

矢部マネージャーは、自分自身もアルバイト時代が長く、
その思いをよく理解しているので、
雨が降って来ても、勤務途中で返したりしないと言う。
それが良いか悪いかは見方に寄るが、この与野新都心店では、
19名もの多数のアルバイトさんが長く勤務が続いて技術を上げ、
キーパー選手権全国優勝の一助になっている事は間違いなさそうだ。

それに加えて、綿密な集客計画と、実践。
洗車チケットをやめた効果を逆手にとって、
徹底した「聞く接客」に徹し、高価格、高付加価値商品を大量に販売した。

今後は、このチャンピオンをいかに長く続けるか、この一点にかかっている。

画像(640x426)・拡大画像(750x500)
画像(640x426)・拡大画像(750x500)

Posted   パーマリンク

2020年01月16日(木)

1.16.とりあえず92kg→89kgにはなったが

12月20日に一大決心をして、体重を76kgまで落とすことにしました。
少なくともあと10年キチンと生きていくために、
とりあえず、とりあえずですが、体重を落とすことにしたのです。
しかし効率よく、かつ健康の為には、
ちゃんとお金を払って、誰かプロの指導を受けなくてはと思いつつ、
どこの誰に頼めば良いのか分からないまま、ここまで来てしまいました。
それでも、朝食はヨーグルト。昼は普通に少なめにして、
夕食はまず温野菜をいっぱい食べてから、パンとおかずを少なめに食べて、
間食はなし。運動は自転車を少しだけ漕いで、
これで、とりあえず三週間で92kgが89kgになりました。
しかしこれ位は、
トイレに行った後と前の違いとか、便秘中と下痢した後の違いとか、
いわゆる生活の中の誤差程度のことでしょうから、
ガタガタ騒ぐようなことではないですが、
メーターの数字が実際に変わると嬉しいものです。
ここからあと13kg、手を抜かずに落としていこうと思います。

そういえば、昨日、定期的に通っている病院での血液検査で、
ヘモクロビンA1Cが健康の値になっていて、
中性脂肪も大幅に改善されていたのには驚きました。
やっぱり太っている体形を維持させるような食事自体が多過ぎで、
体重が正常に落ちていくような食事がちょうどいいのかもしれません。
妙に納得した昨日でした。

Posted   パーマリンク

2020年01月15日(水)

1.15.あれからの小ミミたちはどうなったのか

足が悪いくせに荷物の高い所に登って、落ちて、
腰の骨を骨折して大手術をしたのをきっかけに、
みんながかわいがってくれた会社の倉庫から、
我が家に引っ越してきたチビのサバ虎猫の小ミミは、
めでたく回復して、傷口を舐めないようにつけられたエリザベスも取れて、
あれからどうなったでしょう。

同居のプードル犬リンダと16才になったキジ猫のチーちゃんとは、
小ミミはうまくやっているのでしょうか。
小ミミは約1か月ケージの中で過ごしたのですが、
傷が全快してから家の中に放されて、最初にチーちゃんと会った時、
小ミミはチーちゃん図々しくも、くっついて行ったのですが、
チーちゃんはそれに怒って牙をむき出し
「ファー(シャー?)」と怒りの声を上げたので、
ひと噛みで殺されるかと思ったら、
小ミミはコテンとチーちゃんの足元にひっくり返って、
「はい、降~参」とばかりにお腹を丸出しにしたのです。
そうしたら、チーちゃんは
「じゃあ、いいわ」と、小ミミを許したのです。
それを何回か繰り返して、
それで終わりです。
チーちゃんは小ミミの事が積極的には好きではないようですが、
いる事に怒るようなことは無くなって、平和になりました。
小ミミはチーちゃんが大好きでチーちゃんの後を着いて回りますが、
チーちゃんはうるさそうにするだけで、
怒ったりもしなくなり
チーちゃんのお気に入りの場所に小ミミがいても、べつに怒りません。
ちょっと離れて、のんびり寝ていたりします。
チーちゃんは小ミミとの同居を、少しだけ距離を置いて受け入れています。

では、プードル犬のリンダとはどうでしょうか。
小ミミはリンダを最初に見た瞬間から兄弟のようにくっついて行きます。
いえ、両方とも女の子なので「姉妹」ですね。
リンダの方は最初の時期だけちょっと戸惑いがありましたが、
翌日からもう大丈夫で、
小ミミはリンダにふざけてかかって行き、
すぐに追っかけっこになります。
小ミミはリンダのおもちゃが全部好きで、
すぐにお姉ちゃんのおもちゃに手を出しますが、
心の狭いリンダは、すぐに取り返そうとして、また追っかけっこです。
食いしんぼのリンダは、小ミミのキャットフードをすぐに食べてしまいます。
小ミミもリンダのドックフードを食べますが、
ちょっとお腹に合わないようで、下痢になったので、
今は、お互いの餌を食べないようにしています。

小ミミは、下痢になっても、トイレのマナーがすごく良く、
必ずトイレにします。本当にえらいものです。

だから、小ミミとリンダとチーちゃんの生活は、
種を超越して、すごくうまく行っていて、
本当にこんなにうまく行くとは思いもよらなかったので、
見ているだけで幸せです。

小ミミは、最初はあまり可愛げのない猫かなと思っていましたが、
とんでもない。
ものすごくかわいい、抱きしめたくなるようないい猫です。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2020年01月13日(月)

1.13.叱るよりホメよ? 冗談じゃない。

子供を育てるのは大変で、つい、叱ってばかりになることをたしなめて
「叱るよりホメて育てよ。」と言われるが、
小さな子供についてはそうかもしれないが、
会社において社員を育てていくには、そうはいかない。
少なくとも、急成長を果たしつつある発展途上の会社においては
絶対にそんな訳にはいかない。
発展途上で、ぐんぐん大きくなりつつある会社では、
組織が大きく成長する過程で、
係長とか課長とか部長などの役職者を、
短期間でたくさん造って行かなくてはならない。

たとえば、誰かを所長にする時、
その人が所長としての能力と人格を身に付けてから所長にするのではなく、
所長として成長する可能性があると判断したら、
その人が所長としての能力や人格を備える”前に”
とりあえず所長にして、
所長としての仕事をする過程で、
所長としての能力と人格を育てようとする。
だから、
彼は所長という役職になっても、
まだ、所長としての能力と人格を持っていないので、
所長としての仕事は間違いだらけで出来ない。
失敗して行く過程の中で、懲りて、学んでいくことになる。
もちろん、その過程で部下や会社、世間に対して迷惑をかけることになるが、
彼が所属する組織が急成長しているので、ある程度仕方がない。
彼はまだ所長としての能力も人格も身に着いていない
言って見れば、
まだ「ナンチャッテ所長」なのだから、
その所長の上司が気を張って、
皆さんにご迷惑をかけないように気を配るしかない。

だから、叱る。
何かがあって、成長途中のナンチャッテ所長が間違う度に、
「それは違う、君は間違っている。」と、厳しく叱責して、
短期間に学習して、成長するように、しょっちゅう叱ることになる。

ホメられるような事が出来るまで待っていたりしていたら、
そのナンチャッテ所長は、
世間や部下に対して間違った行動や言動で、
迷惑を振り撒き回ることになる。
会社が急成長する中で、そんなナンチャッテ所長がたくさんいて、
世間に迷惑を振り撒き回っているのに、
成長のためにホメることが出来るまで叱ることを控えたりしていたら、
そんな無責任な会社はひとたまりもない。

ナンチャッテ所長が、何かしでかす先に回って、
ご迷惑をかける前に「叱ってたしなめる。」
そのたびに、ナンチャッテ所長は懲りて、学習して、成長する。
そして、短期間に成長して、所長としての能力と人格を身に付ける。
ホメている余裕などないのだ。

しかし、多くの場合、そうはいかない。
辞令が出て所長になった人は、
所長になったとたん、所長としての能力と人格を備えたつもりになって、
自分が、まず、ナンチャッテ所長として、
いっぱい失敗して、叱られて学習せねばならない立場である事を忘れ、
「所長”らしく”」ふるまい、
「所長”らしく”」扱われることを求め
ひどい場合は、所長の役職に就いたとたんに威張り始めて、
かえって謙虚さを失って、
横暴に振る舞い、
叱られることを嫌がり、
叱られるとかえって反抗するようになると、
その人は、所長としての能力や人格を身に着けることは出来なくなって、
ナンチャッテ所長のままで学習も成長もせずに、
単に空威張りするだけの馬鹿者になり下がって、
去っていくか、うまく行っても格下げされることになる。

上に上って行く者は、
上に上げられた途端に今まで以上に叱られ始めることを知っていて、
上に上げられた途端に、
今の自分ではだめだと強く思うようになって、
より謙虚になって
叱られるたびに学習して、
その上の役職にふさわしい能力と人格を備えようとする。

上に上がれない者は、
上の役職にした途端に、威張って仕事をせずに楽をするようになって、
叱られるたびに反発して学習が全く出来ない傲慢な者で、
早く下げないと取り返しがつかない。

信賞必罰というが、
信賞は簡単だし、誰からも喜ばれ称賛され、
ホメた本人も気分が良いが、
必罰が的確にタイムリーに出来る人は少ない。

人は叱るよりホメて育てよ。とは、冗談じゃない。
そんな悠長なことをしていたら、会社はあっという間につぶれる。簡単だ。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.