谷 好通コラム

2016年08月27日(土)

8.27.ちょっと本気で怒れたこと

私は最近『スイカ』にはまっていて、
朝食と夕食を家で食べる時には、必ず食後にスイカを食べます。
ブドウとか、梨とか、メロンとかのフルーツも良いのですが、
いつからか、断然、スイカが好きになって、
今は食後に必ず「うまいな〜」とため息を漏らしながらスイカを食べます。

私がスイカを食べた後の厚い緑色の皮の部分は、
亀のトンボが大好きで、
美味そうにバリバリと食べます。
だから、私とトンボはスイカ仲間なのです。

それはそれでいいのですが、
ここ何日かのスイカの実に簾(す・隙間)が入っていて
実がしまってなくて、おいしくなかったのです。
でも、当たり外れの範囲の中だと思い、
その内、”当たり”が来ると思って我慢していたのですが、
昨日、真相がわかりました。

連れ合いの妹からかかってきた電話で、
彼女が家事をしながら家中を歩き長電話を話している時、
スイカの話になって、
「最近、市場のおじさんが、『亀のトンボにちょうどいい』と、
小さな細長いスイカを一個100円で売ってくれるんだよ。」と言っています。

それでピンと来ました。
最近、スイカが変だと思っていたのは、
亀のトンボに上げるといいと言われて一個100円で買ったスイカを
私もいっしょに食べさせられていたのです。
どうりで、簾が入っていてうまくないと思っていたわけです。

私もそれを横耳で聞いて、笑っていたのですが、
自分が一個100円のスイカを亀のトンボと一緒に食べていたと思うと、
そのうちに、ちょっと真剣に怒れてきて、
「くっそーなめんじゃない」と怒鳴ってしまったのです。
しかし、しばらくしたら、またおかしくなってきて、
結局、これからは私には人間用の
ちゃんとしたスイカを買ってくる約束をして終わりです。

私は長く商売をやってきて、
連れ合いのこのデリカシーのなさ、というかこのタフさに、
いつも助けられていたのかもしれません。
ストレスの多い仕事で、
カリカリしている時も、
彼女のおおらかさというか
タフな神経が私を救ってくれたのでしょう。ありがたいことです。

Posted   パーマリンク

2016年08月26日(金)

8.26.また駅弁が主食になる日が来るか

私はかつて、日本国中(世界も)を走り回っていました。
年に180泊はしていたのではなかっただろうか。
外国泊も入れれば、それ以上だったかもしれない。

出張先で夕方まで仕事をして、
そのまま移動して、移動した先のビジネスホテルに泊まる。
だから、夕食は、駅弁が標準であった。
ビールを飲みながらの駅弁は、電車に揺られながらだと結構きつくて、
夕食を駅弁で済ませることはまったく平気だけど
駅弁を美味しい〜と思ったことはない。
それは今でもそうだ。
駅弁は嫌いではないし、嫌ではないが、好きなわけではない。

だから、あの頃の出張漬けの毎日の中で、
私の記憶に残っていて、また食べたいと思う駅弁はない。

一昨日は大変おいしい晩御飯をご馳走になってしまい恐縮したのですが、
昨日は仙台から名古屋への新幹線の中で夕食として駅弁を食べ、
今日は昼からまた東京に出かけて、
帰りの東京から名古屋への新幹線の中で、再び夕飯で駅弁を食べて、
昔の、駅弁が私の主食のようだった生活を思い出しました。

あの頃に戻りたいかというと
昔のガムシャラな生活に戻ってもいいと思う気持ちはあっても、
不思議と、あんなつらい生活は、もう二度と嫌だという気持ちはない。
あんな無茶は、私を含めて健康の塊のような皆だったから、出来たのでしょう。
また駅弁が主食になってもかまわない。
あの頃に戻ってやり直したいことが、いくつかあります。
人生をやり直したいとは思いませんが、
あの頃に戻って、
今になって判ったバカな間違いを、心底、やり直したいと思います。

あの頃、飼っていたパグ犬の”もん”と、
この間死んだ芝猫の”リン”ちゃんにそっくりな3Dの人形が、
岩合光昭のねこの写真展で売ってので、
私の机の上の住民が増えました。

画像(520x390)

Posted   パーマリンク

8.26.いつの間にか、忙しく。名古屋250名⇒東京・三鷹⇒名古屋

昨日の夜、仙台から帰ってきて、
今朝は名古屋で気持ち良く目覚めました。
やはり名古屋はよく眠れます。蒸し暑くても平気です。

昼、どんどん庵でうどんを食べてから、
久しぶりに大人数の個人投資家のみなさんに会社説明会をしました。
中電ホールで約250名のみなさんです。

昔は、研修会で百人を越す人の前で講演したことも多くありましたが、
今は、私が話をして研修会をするよりも、
若い子達の技術の実習や訓練を伴った研修の方が、うんと役に立つので、
私が大勢の前で話をする機会はぐんと減っています。
それでも株式を上場してからは、
機関投資家向けのIRや、個人投資家向けのIRや会社説明会があります。
創業社長の話は人気があるそうで、またどこかでお呼びがかかるかもしれません。

慌てず、案外、解かりやすく説明出来たのではないかと思います。
なぜでしょうか、地元での説明会では、みなさんが親戚のように感じるのます。

出番10分前、まだ6分の入りです。

画像(570x408)

それから大急ぎで名古屋駅に行って、新幹線に乗り東京に向かいます、
今やっているブランディングのプロトタイプ(試し)を、
先日8月12日にオープンしたばかりのLABO三鷹店で実行してみたのです。
それを見に行きます。
見たら、どうするかを相談して、名古屋に帰ります。

だから、今日は、昼から東京への日帰り出張です。
仕事が結構、ハードになってきました。
健康が戻りつつある証拠でしょう。

ハードスケジュールが出来て幸せです。

でも、やっぱり富士山は見えませんでした。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2016年08月25日(木)

8.25.北海道から仙台に来ています。風呂掃除がKeePerの練習?!

今日は午前中の飛行機に乗って千歳から仙台にやってきました。
ある特約店さんのKeePer強化キックオフミーティングに参加しています。
そこで思い知らされたのは、
みなさんのKeePerに対しての深い信頼と親愛です。
こんなにKeePerが愛されているなんて、胸に響きました。
同時にひしひしと重い責任を感じます。

私は最近、
キーパーLABOばかりに行って、
キーパープロショップには全く行っていないように見えますが、
もちろん、そんなことはないのですが、
やはりLABOに行く頻度の方が多いのは確かです。

ケミカル商品は開発部で100%の完成度まで持っていき、
多くの場合、LABOとPROSHOPと同時にデビューさせますが、
その販売手法や運営施策については、まずLABOの直営店でやってみます。
これを何度も繰り返したり、修正したりして、
ある程度の完成を見てからPROSHOPに展開します。

キーパーLABOはまだ53箇所しかないので、徹底もしやすいし、
修正も早く出来るので、ここで完成度をより高くするのです。
しかしキーパープロショップは、もう5,000か所をゆうに越えているので、
余程の完成度を上げてからの展開でないと、修正が聞きません。
だから、LABOにより足しげく通うことになります。
今はWebを使った簡単な予約の仕組みを造って、試しています。
圧倒的多数のプロショップの皆さんのことを忘れてはいません。
この予約の仕組みも、
もっと気軽に役立つものとしてとして、
うまく行き始めたら、プロショップさんが自由に使えるようにします。
まだ時間はかかりますが、きっと役に立つツールになると思っています。

しかし、プロショップさんとお会いすると、
また別角度でのアイデアをいただくことも少なくありません。

仙台のエネオス・ウィングさん内で行った技術力コンテストの予選で、
女性二人が、トップと二番手を勝ち取って、
9月に行われる全国の決勝戦に出て来られるそうです。
本人から直接聞いたわけではありませんが、
主婦である彼女の練習は、
毎日のお風呂掃除で、風呂を車のボディに見立てて、
KeePerを掛けるように
スポンジを滑らかに、ムラなく、スムースに動かすのだそうです。
私も長年、KeePer をやっていますが、
風呂掃除がKeePerの練習になるとは初めて聞きました。

本当に、毎日、新しい事があって、私は幸せです。

※私の両側の女性が技術力コンテスト東北予選1位と2位の方です。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2016年08月24日(水)

8.24.どんな調子になるか判りませんが、また書き始めます。

久しぶりに二日間これを書くのをサボリました。
私の頭の中の思考が、
どうもネガティブになっていて、無理して書いても、
一方的に批判的になったり、攻撃的な文章になって出てきます。
だから、書いても途中でやめて消してしまいました。

今、札幌に向かう飛行機の中、どんな調子になるか判りませんが、
とりあえず、また書き始めます。


世の中には、ほとほと困った人もいて、
今朝のニュースで、
北朝鮮が、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の水中発射に成功したと
その様子を視察する金正恩の映像付きで伝えていました。
恐ろしいことです。

SLBMとは、いつでも海中を移動し続けて
発見しづらい潜水艦から
大量殺りく兵器であるである原子爆弾を積む弾道ミサイルを発射する兵器で、
事前把握がしづらく、阻止が難しい究極の兵器の一つです。
これを、韓国や日本に敵意丸出しの北朝鮮が開発に成功し手に入れた事は、
想像以上に恐ろしい事態です。

核兵器を積んだ弾道ミサイルは、
朝鮮半島周辺のどこかの海中から発射されると、
ものの数十分でソウルに到達して音速の何倍もの超高速で落下し、
広島、長崎で何十万人もの人々を殺した原爆の何倍もの原子爆発をします。
韓国のソウルは北朝鮮に近くに位置しているので、
それこそあっという間です。
日本だって地球儀で見れば、北朝鮮の隣にあって、
その脅威はソウルと変わらず大きなもので、SLBMを発射されたら、
迎撃ミサイルが運よく打ち落としてくれるか、
韓国と日本の国民が、数十分後に数千万人死ぬかのどちらかです。
それとも、弾頭に付けられた核爆弾が故障して何もなかったりするかもしれません。
北朝鮮の雑な精度からすると、これが案外いい確率かもしれませんが。

いずれにしても、この北朝鮮のSLBM成功は、
米ソの冷戦時代以降、最も危険な時代の印かもしれません。
こんな恐ろしい危機は、
北朝鮮の人民が望んでいることではありません。
人民は貧しく飢えていて、
生きていることで精いっぱいで、
他国民を殺戮することなど、どうでもいい事でしょう。
この狂気は、自らの存在を守り、正当化し、
自らの満足を満たそうとする金正恩の我欲、エゴでしかないのでしょう。

エゴの主張は一見強そうな論理であっても、
いずれは孤立の中に沈んでいく惨めさがあります。
孤独の中で、狂気が狂気を加速して、
数千万人を殺す手段で、自らの存在を守ろうとする事を正義だと思っています。
本気で、自らのエゴを正義だと思っています。
その正義に自分ががんじがらめになって行くことを判っているのにです。
これこそが正に狂気が狂気たる所以でしょう。

しかし、
これは意外と一般社会の中でもあることで、
自分でも、自分のエゴが、悪い事と十分に解かっているのに、
そのエゴの部分を正当化するために、
無理矢理「何が悪いんだ。」と理不尽に居直っていると、
そのおかしな論理に、初めは相手にしてくれていた人たちも諦めて、
誰もが相手にしなくなってきて、孤独の海の下に沈んでいきます。
まるでSLBMのように、
あるいは、面白おかしく、オモチャにされておしまいです。
せっかく明るい陽のもとに救い上げたのに、
またエゴの世界に飛び込み闇に帰るのは、力の及ばない領域のことなのでしょうか。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2016


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.