谷 好通コラム

2018年09月20日(木)

9.19..冒険家猫のチーちゃんの活躍

私達が玄関から出入りするたびに、
「出たい!」と玄関でじっとアピールしていた猫のチーちゃんが、
この度、念願かなって玄関からの脱出に成功したのです。

チーちゃんの友達である犬のリンダが、
何度もトイレの散歩をねだるので、お母さんは、
仕方なくリンダを抱いて
チーちゃんが出てしまわないように警戒し
確認しながら素早く玄関の扉を開け閉めして、外に出て、
ショート散歩に出かけたのですが、
それが何度目かになると、
形だけの警戒になっていたのでしょうか、
ふと、家の中にチーちゃんがいなくなっているのに気が付くまで、
チーちゃんが脱出してしまったことに誰も気が付きませんでした。

気が付いてから、
今までもチーちゃんは変な所に入り込んで寝てしまうことがあるので
お母さんは「チーちゃん、チーちゃん、出ておいで」と叫びながら
家の隅々までひっくり返しながら探したのですが、
いつものようにチーちゃんが首の鈴を鳴らしながら
「うるさいな〜」みたいな顔をして出てくることはありませんでした。
お母さんはだんだん焦って、
「前の家に行って見てくる。」と言って車庫に出たのですが、その時、
玄関の外の自動で動く者を感知して明かりが点く仕組みが働いて、
玄関の外がパッと明るくなったので、そちらをちらと見たら、
チーちゃんの影が見えたのです。
お母さんは「チーちゃん、チーちゃん、こっちおいで」と、
慌てて声をかけたのですが、チーちゃんはスッと離れてしまいます。

そこでお母さんは辛抱強くやさしい声で、
「チーちゃん、チーちゃん、こっちおいで、もう帰ろうよ」と
声を掛けながら、チーちゃんに近づくのですが、
チーちゃんは玄関の外から庭の方に廻ったりして、
お母さんから離れようとし、明らかに捕まらないように動きます。

それでもお母さんは、
じわっじわっと近づき、
「チーちゃん、チーちゃん、大好きだよ。」とラブコールしながら近づいて、
10分も経った時に、チーちゃんを抱くことに成功して、
家の中に戻ってきました。

家に帰ってきたチーちゃんは、
近所の公園で砂浴びでもしたのでしょうか心なしか白っぽくなったように感じました。
でも何の外傷もなく、いつものチーちゃんに違いないのですが、
チーちゃんは家の外に出てきたので、
その緊張感で、目がきつくなって、
誰かが動くとパッとそちらを見て、警戒した表情をします。
犬のリンダがいつものように「遊ぼうよ」とちょっかいを出しても、
まったく興味無さそうに、でも怒ることもなく、リンダを無視します。
その表情は、まるで
「私は今、外に行ってきたの。
私はあんたみたいな家ペットじゃないんだから、
気安く『遊ぼうよ』なんて声を掛けないでよ。私は今、外に出てきたの。」と、
リンダに対して明らかに優位に立った”上から目線”の表情です。

そんな緊張感あふれる気高いチーちゃんも、
次の朝、
目覚めたチーちゃんは、
外の事はもうすっかり忘れたのでしょうか、
リンダと追っかけっこもして、元のチーちゃんに戻っていました。
しかし、
私達が玄関から出ようすると、
チーちゃんは、今までよりも、
本気で、隙あらば外に出ようとしている気が、
体全体から溢れています。

ちょっとした油断があったお母さんの隙をついて外に出たチーちゃんは、
立派に油断も隙もない冒険家猫チーちゃんになっています。

冒険猫チーちゃんではなく、
冒険”家”猫チーちゃんですね。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2018年09月18日(火)

9.18.今の時期が面白い

昨日、愛知の事務所で、来春大学卒業予定の 3名と、
アルバイトから社員への登用を希望する若者2名と面接をしました。
そして今日は東京で東日本の高校卒業予定者12名との連続面接です。

来春の大学卒業予定者は、
すでに就活も終盤であり、
公務員になり損ねた人が多いのかと思ったら、
少なくとも、今回お会いした人たちはそうではなかった。
この時期にありがちな部活に夢中になっていて就活をしなかった人たちで、
お話をすると非常にユニークで面白い人であり、
また、すごい得をしたような気分になりました。

今日は今日で、
東日本の来春高校卒業予定者は、
前回よりも人数が多めなのに、しかも、粒ぞろいであり、
活き活きとした面白い若者が多く、
大変に充実した一日で、クタクタになってしまった。

夕方、とんぼ返りで名古屋に帰って、
明日は西日本の来春高校卒業予定者12名と面接することになっています。
入社承諾書を送ってくれた内定者を合わせて、
来年四月も、昨年62名、今年64名に近い人数が確保できそうです。

深刻な人不足が叫ばれている今、
コンスタントに新入社員数が確保できている事は、
ありがたいことに他ならないが、
それにつけても、スーパーGTでの#37 KeePer TOM’S LC500の活躍が、
リクルートにこんなに大きく影響するとはびっくりです。

画像(426x640)・拡大画像(450x675)

Posted   パーマリンク

2018年09月16日(日)

9.16.スーパーGT、SUGO戦は、今日は、J-スポーツで

最近、何かの拍子に足を痛めてしまい、
ここ何日か、歩くのに具合が悪くなっています。
と言っても普通に仕事や生活をするには
杖をつく程度で全く問題はないのですが、
ちょっと長く歩いたりすることができません。

今日はスーパーGTのSUGO戦があったので、
直前まで、行こうかどうしようか迷っていたのですが、
行けばそれなりに歩くことになって
これ以上痛めると、本当に歩けなくなってしまう心配もあったので、
今回は仙台と菅生(すごう)まで行くのをやめて、休みました。
本当は東北のお客様と、
サーキットでお会いすることも大切な目的だったのですが、
今回は、申し訳ないのですが、ちょっとすっぽかしてしまいました。
仙台営業所のみんなと
仙台と郡山のラボ店のみんなとも会えるのですが、
今回はあえてなしにしました。
と言っても、
悲壮な思いでそうした訳ではなく、
今は、東西の支社長がすべてにおいて代わって出来るので、
安心して、自分は行かないことを決めました。

その代わりに、私は、家のケーブルテレビで
スカパーのJ-SPORTで、
SUGO戦の初めから終わりまでを、しっかりと見ました。
自宅の居間でゴロゴロして、お茶菓子をつまみながら、
実にきめ細やかに見ることが出来ました。

J-SPORTで流されるのはライブであり、
いつもサーキットのチームのテントの中で見る映像そのものであり、
私はサーキットで実際のレースの実像を見ることはあまりなく、
実際の音はよく聞こえますが、その姿を見ることはあまりなく、
テントの中に座ってJ-SPORTで流れるライブの映像を見ています。
当然、私も観客席に行って、
みんなと一緒に歓声を上げながら、
応援するというスタンスでレースを見たいのですが、
ピットのテントから観客席までは、かなり歩かなければならず、
それを誰かにサポートしてもらおうとすると、
余計な世話をかけることにもなるので、
テントの中からあまり動きません。それで慣れてしまいました。

しかし、サーキットに行かずに
自宅で、居間にゴロゴロして、初めて、”J-SPORT”のライブを見ると、
なんとも楽ちんで、
いつもと同じ迫力と情報量で得ながら
いかにも怠惰の安楽であり、
人間がダメになってしまいそうに楽なのです。

スカパーのJ-SPORTを見えるようにしてしまった今、
エイヤッと自分に気合を入れないとサーキットに出かけられません。

レースの内容は、いいとこなしのノーポイントでした。
ドライバーのメカニックもチームの誰も手を抜いたわけではなく、
全力で戦ったのですが、闘いは時の運。こういうこともあります。


写真は中村カメラマンから昨日送られてきた予選での様子。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

Posted   パーマリンク

2018年09月14日(金)

9.14.数が先か、技術が先か、それとも同時?

今年の春から決まっていたのだが、
夏のキーパ―選手権で圧勝したENEOSウィングさん単独の
“技術コンテスト”が今日、KeePer技研の大府のトレセンで開かれました。

夏のキーパー選手権では、全国ランキングベスト100に、
1社で何と60店舗も入賞させ、特に全国ベスト10には8店舗も入るなど
まさに圧勝であった。
それも従来のキーパー選手権の上位入賞店を150%も上回るような
軒並みの高得点であった。

しかし、上位入賞店へのインタビューでは、
全店に「品質は大丈夫でしたか?」と遠慮なく聞かせていただいた。

強いSSの「商談力」による「販売力」でキーパーコーティングを売って
売り切った上に、
いい加減な作業で”数をこなして”しまった場合、
悪い仕上がりで、お客様にキーパーコーティングに対する信頼を無くすと、
キーパーの最大の強みである
リピートの積み重ねを得て継続的な収益を造り上げるどころか、
単発的な儲けだけで済んでしまう最悪のシナリオになってしまうので、
あえて、失礼を恐れず、
「きちんと施工できましたか?」
「こんなにたくさんのダイヤモンドキーパー、品質に自信ありますか?」
「お客様は満足されていますか?」と皆さんに聞いた。
すると、
まったくためらわずに「大丈夫です。」
「良い品質があってこそKeePerですから、品質には絶対に自信があります。」
と、自信の回答を残らずの人から聞いていたので、
たまたま、直ぐ後に実施された技術コンテストの結果を楽しみにしていた。
昨日の前夜祭でも、
「その自信のほどの裏付けとしての技術を、とくと見せていただきます」
と挑戦的に挨拶した。
それがKeePerを主宰する者としての責任だと思ったのです。
あるいは、5700店舗を越す全国のキーパープロショップの仲間に対して、
果たさなければならない責任だと思ったのです。

そして、その技術コンテストを今日一日行って、
結論を先に書けば、
その懸念はまったく無用であり
皆さんの技術、特にキーパー選手権の上位入賞の店舗からの技術者の腕は、
半端なく上手く、大丈夫でした。

みなさん、キーパー選手権でたくさんのKeePerコーティングを施工したから
上手くなったのでしょうか。
暑い夏の中、数えきれないほど施工してきたから上手くなったのでしょうか。
私は最初そう思いました。
半端ないその上手さは、数をたくさんやっている人の上手さでした。

しかも、
その技術コンテストでの点数が何ともすごいのです。
27名の全国からの勝ち上がってきた技術者の競技獲得点(時間加点なし)は、
1位が162点であり、2位、3位、4位までが162点の高得点であり、
10位まで160点以上でした。
毎年のオープンの技術コンテストならば、ゆうに県チャンピオンを取れる
160点以上をいっぺんに10名以上出す競技会は、見たことがありません。

しかもすごいのは、
競技車両をオープンの技術コンテストと同じ「プリウス」で実施し、
一台の半分を一人競技者が施工する同じ方式で、
トップの長谷川選手は
今年のオープンの技術コンテストで22分の新記録を出した張本人であり、
今日のこのENEOSウィングさんのクローズドでの技術コンテストでは、
なんと”20分ジャスト!”の新記録を、その本人が出しての優勝だったのです。
しかもそれまでの記録である22分台をかなりの人数が破っています。

つまり、その上手さが半端でないだけでなく、
記録的な速さを持っていて、それが”みんな”である所が実に驚異的なのです。
ここまでは一ヶ月のキーパー選手権の期間中に得られるものではありません。
それにこの会社の社長は、この会社でキーパーを始めた当初から、
「キーパーは技術だ。高い技術あってこその価値だ。だから差をつけられる。」
と、技術が大切であることを繰り返し言ってこられた。
だから、1店舗に一級技術資格者が5人は普通で、多い店舗では9人もいる。
二年間「技術」を高め、数多くの実践も続け、
満を持して、
「キーパー選手権のベスト100に40店、あわよくば50店をいれよ。」
と、キーパーで大爆発を起こす号令が出され。
日本国中の上から下までのスタッフの人達が、
自らの意志で、みんなで頑張ったのです。
だから、
“先に”あるレベルまで上手くなって、繰り返し日常的に実践して、
腕を上げ、自信を蓄え、
ある時、一斉に販売を強化して、
凄まじい数の施工が、上達した技術で実践された。
その結果、今までの常識を超越するような上手さと速さが実現し、
とんでもない収益が実現したのだろうか。
さらにリピートを積み上げるENEOSウィングに隙はない。

しかし、実は、
更なるキーワードは「自らの意志で、みんなで頑張った」にあった。
その話は、また時間を取って、じっくり書きたい。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)
画像(640x480)・拡大画像(800x600)
画像(640x359)・拡大画像(800x449)

Posted   パーマリンク

2018年09月13日(木)

9.13.昨日に引き続き酔ってしまいました。

たまたまですが、今日も昨日に引き続き酔っぱらってしまいました。
今日は素晴らしい経験をしたのですが、
お酒もだいぶ飲んだので、
その素晴らしい経験をうまく書くことが出来ません。
だから、何も書かないことにしました。


その代わりに、
猫のチーちゃんの写真を三枚。

寝たふりで薄目を開けてこちらを見ています。

画像(640x423)・拡大画像(700x463)

目線の先には友達の犬のリンダがいるのでしょうか。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

チーちゃんは引っ越し先で迷い猫になるといけないので外に出してもらえません。
でも、チーちゃんは出たいので、玄関先でいつまでもじっとしています。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.