谷 好通コラム

2016年05月25日(水)

5.25.仕事だから「すいません。もう一回お願いします。」

矢部選手の施工技術の撮影は、
まず最初に、洗車からダイヤ、レジン2、仕上げまでの通しを撮ることになった。
約1時間の連続作業です。
洗車は「快洗7」が設置してあるトレーニングセンターの方がスムーズに進むので、
通し作業の撮影すべてをトレーニングセンターで撮りました。

この通しの撮影は比較的スムーズに行って、
そこから新しい「スタジオ」に移動して、
作業の一つ一つの解説の部分を撮ることになっていましたが、
矢部選手が、
「さっきの作業はレジン2の部分がどうしても納得いきません。
気持が集中できなかった。すいません、もう一回お願いします。」
もちろん、OKで、
スタジオでダイヤの塗布からレジン2まで撮り足すことになった。
審査員的な目で見ても、
なにかおかしい作業ではなかったが、
たくさんの人にお手本として見ていただくビデオなので、
矢部選手も、妥協をしたくないのでしょう。

いーですねー。
私も仕事に妥協をしたくない気持ちは大好きです。

やっていることが遊びあるいは自分の趣味でしていることならば、
それはあくまでも自分の為なので、
適当にやっておいても、誰も何とも言わないし、自分が良ければそれでいい。
しかし、”仕事”はそうは行かない。
仕事は、人に為にやるから報酬がいただける訳で、
相手を納得させる必要があるから、自分の都合で妥協する訳には行きません。
そのピリッとした気持ちが大好きです。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2016年05月24日(火)

5.24.明日は全国チャンピオン矢部選手の「技」撮影の日です。

声が出なくなったのは、本当に、たまたま昨日だったのですが、
「声出さないようにしなさい。」と言われている今日は、
たまたま、何週間ぶりの「おやすみ」とスケジュールに書いてあった日でした。
だから、「最小限しか声を出せなくても一日を過ごせました。」が、
残念ながら、今日できなかったことは、
明日に持ち越されてしまったようですが、
いずれにしても、声が出ない危機は、無事に抜けられそうです。
喉も、もうすっかり痛みが無くなって、
しつこく痰は切れませんが、声を出さなければ、普通です。
声を出すと喉がひりひりするので、大人しくしていますが、
黙っていても、出来る仕事はあります。
明日になれば、声も出せるような予感がします。

明日は、いよいよ、新しいスタジオを初めて使って、
第三回KeePer技術コンテスト全国チャンピオン矢部正選手の、
「技」をビデオに撮って、
そのテクニックとノウハウを全国の皆さんに大公開するための撮影日です。

明日のために声を出さないために、矢部選手との夕食は欠席しました。
明日に万全を期します。

Posted   パーマリンク

2016年05月23日(月)

5.23.「声を出さないように」だって、笑っちゃうぜ。

午前中に、お越しいただいてのIRを1件やって、
短い会議をやって、
お昼はコンビニのおにぎりを食べながら、メールを返信して、
午後からの仕事まで少し時間があったので、
机でちょっと居眠りをして、
目が覚めたら、
なぜか、声が出なくなっていました。

ほとんど出ません。
居眠りで、変ないびきをかいたのでしょうか。
喉が枯れてスカスカして、
お茶を飲んだのですが、いっしょです。出ません。

しかし午後から、来年の新卒大学生の地方の人の面接が8名もあったので
声が出なくなっちゃったので悪いね、と謝りながら、面接して、
夕方ちょっと時間を作って、
近所の耳鼻咽喉科に行って診てもらいました。

先生
「声帯が腫れて真っ赤かですね。しばらく声を出さずにいれば、元に戻ります。」
私がかすっれ声で
「私は話をするのが仕事なので、声を出さない訳には行かないです。」
先生
「この状態で声を出すとポリープが出来ます。悪い物に成ったら大変ですよ。」

「・・・・・・」
先生
「そうです。声を出さずにいればいいのです。薬を出しておきます。」

「・・、・・・・・」

てなわけで、夕方から私はだんまりです。
「声を出すなってさ」とかすれ声でぶつぶつ言いながら、会社に行って、
今日以降の予定を、大幅に変えて、
ダンマリ生活に備えます。

何日間ダンマリなのか分りませんが、大したことはありません。
数日後のお酒を飲む約束は、勿体ないので変えません。

大丈夫です。絶対に大丈夫です。
別にたいして痛くもありません。声が出ないだけです。
笑っちゃいますね。

Posted   パーマリンク

5.23.上溝店、相模原店、八王子店、それから北関東に新店?

昨日はぜいたくな一日でした。
朝7時半の新幹線に乗って新横浜まで来て、
昨日のうちに新横浜に来てくれていた村藤君の車に乗って、
神奈川のキーパーLABO店舗を廻ったのです。
廻ったと言っても、上溝店、相模原店、八王子店の三軒だけ、
本当は世田谷店にも行く予定だったのですが、
北関東に確実なLABO新店物件があるということで、世田谷店に行かず、
その北関東の物件を見に行ってしまいました。
世田谷店は、近所まで行く機会がよくあるので、
その時に気を付けていて行くことにします。

私は村藤君の車に乗って北関東に行って、
そのまま、また東北新幹線に乗って帰ってしまいました。
村藤君は、そのまま名古屋まで車を運転して帰ってもらいます。
「車でタバコ吸っていいからさー。」と言って、一人で帰ってもらいました。

私は東北→東海道新幹線なので、午後6時12分名古屋駅到着ですが、
村藤君は、東北道→新東名で家に午後8時から9時くらいになるそうです。
時速300km近い新幹線に乗っても、
自動車との到着時間の差がわずかしかないのは、いつも不思議に思います。
ドアtoドアの強みでしょうか。

神奈川のLAO
まず、【キーパーLABO上溝店】

新人の斉藤君と菊壽店長。

画像(550x413)

新人の武田君。

画像(520x390)

槇北斗チーフと相澤チーフ。

画像(550x413)

上溝店は約200坪の倉庫型キーパーLABOです。

画像(550x413)

【キーパーLABO相模原店】

大活躍の三津原チーフと山下恭平店長。

画像(550x413)

新人の麓君と長谷川君。

画像(550x413)

小澤シニアスタッフと小林君。

画像(550x413)

相模原店のゲストルームはこじんまりしていますが、
なかなか居心地がいい場所です。

画像(550x413)

道路に向けて、作業パネルを立てるようになってから、
道路を歩く人から声を掛けられることが多くなったそうです。

画像(550x475)


【キーパーLABO八王子店】

とってもかわいい豊嶋スタッフと、違う意味でかわいい渡邊シニアスタッフ。

画像(560x420)

林田店長と、新人折戸スタッフ、安田スタッフ。

画像(570x428)

抜けるような青空です。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2016年05月22日(日)

5.22.ショッピングセンター(SC)にLABOを出して、学んだこと

最初にキーパーLABOを出店したショッピングセンター(SC)は、
「野田ショッピングセンター」というSCでした。

このSCは、本当はイオンタウンなのですが、
SC内にイオン直系の店舗が無かったので
「イオンタウン野田店」と称するのはおかしいと地元からクレームがついて、
イオンタウンの名前が消えてしまったのだそうですが、
一応、中途半端ですがイオンタウン株式会社が運営しているSCです。
このSCが新設で造られている時に、
SC内に一緒にキーパーLABO野田店を建てました。

オープン当初、SCとしてはまだ集客力はなかったのですが、
キーパーLABO野田店は、
最初から快調に売り上げを伸ばし、
さすがにSCの威力はすごいと感心したものです。

それで、次に、
すでに営業している滋賀県のイオンタウン彦根店と
三重県のイオンタウン芸濃店に
「空き店エリアがあるので、入りませんか。」という話に乗って、
昨年10月に「キーパーLABOイオンタウン彦根店」と
昨年11月に「キーパーLABOイオンタウン芸濃店」を、
続けて改装で造りました。

特にイオンタウン彦根店は、
年間来店客数280万人!という、
とてつもない集客力で、
キーパーLABO彦根店も、開店したらすぐにたくさんのお客様が来て
大繁盛するに違いないと思っていました

画像(550x263)

それで開店してから、
イオンタウン彦根店の”中”で、
キーパーLABO彦根店のパンフレットを、
イオンタウンに来てお買い物をしているお客様に配りました。

センターの通路でニコニコと挨拶しながらパンフレットを配りました。
しかし、お客様はほとんどキーパーLABOに来ません。
配っている姿が「ツナギ」だと相手に違和感を与えるかもしれないと思って、
パンフレット配りの時だけ「KeePerのポロシャツ」を着て配りもしました。
しかし、
ほとんどお客様の反応はなく、
イオンタウンの中にはお買い物客が溢れているのに、
キーパーLABOに車を持ってくる人はごくわずかで、
LABOはガラガラ、「変だなぁ」と、みんなで悩みました。

ショッピングセンター内でのLABOの宣伝は手ごたえがなく、
どうすればいいのか、長い時間、手探りが続いたのですが、

ふと気が付いたのです。

ショッピングセンターに来ている人は、
お買い物に来ている人であって、
乗ってきた車は、すでに駐車場に停めてある。
お買い物でいろんな商品を選んで買っている時に、
「車をきれいに・・」と、パンフレットをもらっても、
わざわざ車を駐車場に取りに行ってキーパーLABOに持って行く気になれない。
だいいち、ここイオンタウンに来た動機は”買い物”なのだから。
イオンタウンの”中”で、
もうイオンタウンに”来ている”人に、
いくらキーパーLABOを宣伝しても、良い反応が得られるわけがない。
「中の人に宣伝していてもダメなのだ。」
「お買い物のついでに洗車をしませんか」ではない。
そんな事に気が付きました。

宣伝はすべきは
イオンタウンに”これから来る”人であり、
イオンタウンの”外”に向かって、
キーパーLABOとキーパーコーティングの良さを宣伝して、
まず、キーパーLABO”に”来てもらって、
このLABOは、イオンタウンの中にあるので、
「洗車、キーパーコーティングを待つ間のついでに買い物が出来ます。」
と言うべきであることに気が付いたのです。

「お買い物のついでに洗車をしませんか」ではなく、
「洗車、キーパーコーティングを待つついでに買い物が出来ます。」なのですね。


イオンタウン彦根店は、集客力280万人/年で、
店舗も存在感があって、いい感じであり、
スタッフもLABOのエースを集めたようなメンバーで、申し分ないはずなのに、
お客様はあまり来ませんでした。
うまく行かないまま、がむしゃらに店舗数を追って造り続けるのは愚かな事です。
その原因が、
こちらの店舗メリットのスタンスが、
「お買い物のついでに洗車をしませんか」ではなく、
「洗車、キーパーコーティングを待つついでに買い物が出来ます。」だと
気が付いたので、たとえば、こんなチラシを作って、
チラシとして外へ配布し、精力的にポスティングをしています。
今のところいい感じの数字の推移に変わってきていますが、まだ判りません。

画像(550x389)
画像(550x389)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2016


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.