谷 好通コラム

2019年11月11日(月)

11.11.トヨタ ロイヤルセンチュリー オープン

今日は、年号が変わった時だけにやって来る不思議な日。
1年11月11日、又は、1/11/11、
また10年経つと11年11月11日がやって来るが、
それが終わると、また元号が変わるまでやって来ない。
だから、どうだと言うことではなく、
ただ、単に、そうだと言うことだ。

昨日の天皇陛下と皇后さまのパレードはすごかったですね。
あれだけ見事に権威を感じさせる演出があると、
みんなが天皇家を好きになるのでしょう。
特にあのパレードに使われた、
(トヨタ) ロイヤルセンチュリー・オープンは、
無茶苦茶カッコ良かった。
特に、あの黒の艶は絶品で、あの映り込みは、車のキレイに関わる者には
永遠のテーマになるでしょう。

昭和天皇の頃は、
天皇陛下が乗る専用車は「プリンス」が造っていた。
そのプリンスは日産に吸収され、
その日産は今では日本第5位の自動車メーカーに成ってしまった。
平成天皇の即位のパレードは、
ロールスロイスのオープンカーであった。
それが、
令和にはトヨタのセンチュリーロイヤルのオープンだ。
圧倒的な質感をしっとりとまき散らし、その存在はまさに圧倒的であった。

質において、トヨタが世界の自動車に圧倒的に勝ったのだ。間違いない。
時代の移り変わりを、劇的に感じます。

Posted   パーマリンク

11.11.計画を一歩ずつ進めること

何か大切な計画を立てた時、
その計画が困難であればあるほど、
大抵は、計画の困難さが判った時にあきらめてしまうものだが、
時が経つと、
その困難さに引換の結果の重要性も判って来て、
どうしてもその計画を進めようと改めて決心すると、
不思議なことに、
その困難さを克服する為の幸運が不意にやって来て、
あきらめた時の困難さを、
その幸運が、びっくりするぐらい軽くしてくれて、
実現不可能とあきらめた時には考えられない程実現できそうになる事がある。

あきらめないことだ。
あきらめずに、一つずつステップを踏んで、
足元を見て一歩ずつ歩くことだ。
たぶんそう言う事なのだろうと思う。
事業と同じことだった。
計画とは「夢」とか、「成果」とかの為にではなく、そんなものではなく、
そうすべき事で実現すべき事、
だから計画が果たされた時のことを夢見てとか、
その成果を楽しみにして計画を進めるのではなく、
計画そのものに
実現すべき結果があって、
実現すべきと決心したから実現するのであって、
別に実現したからって、何か楽しみの成果など無くても良い。
そうすべきと決心したから実現するのだ。
その事に意味があれば、実現するものだ。
その事に意味があれば、必ず幸運が舞い降りてくる。そういうものだ。泣けてくる。

Posted   パーマリンク

2019年11月10日(日)

11.10.世代交代を感じた日。Clean Base With、刈谷店、大府店

私と同世代のいとこが亡くなりました。
まだ61歳の彼は、何の兆候もなく突然倒れたのだそうです。
私の母のお姉さんの子供で、同じ世代だ。
自営業の水道工事業だったがリウマチが重くて、
作業がしづらくなって60才で引退していたという。

自分と同じ世代の、しかも年下の親戚が亡くなると、
(しかし、孫は5人もいて、孫二人の私は負けている。)
自分もいつ亡くなってもおかしくないと思えて、ちょっと神妙になり、
世代の交代を感じました。


刈谷市の家にお線香を上げに伺う時、
私達の二軒目の店舗「Clean Base With (地下タンクあり)」があるのだが、
機械倉庫になっていて、でも離れていて不便だったので
倉庫を壊し売却の予定で更地にする工事をやっていた。
その工事の現場がついでだったので、寄ってみたのです。
この「Clean Base With」は、
私達がガソリンスタンドから洗車・コーティング業に転換する為の
大きなきっかけになった思い出深い場所です。
刈谷市の南にあって132坪。
地場の不動産屋さんから買いました。
初めてその土地を見た時は、まだ畑で、おばあちゃんが野菜を造っていました。
それがどんな事情で売りに出ていたのか知りませんが、
50万円/坪で、6,600万円です。
独立して確か4年目の時だったので、
通行量のそんなに多くはない前面道路のその土地を、
よく買ったものだと感心します。今だったら絶対買いません。

今考えると、あの頃の苦労と災難の全てがあの土地にあったような気がします。
しかし、その反対に、あの苦労と災難とピンチがあったからこそ、
普通の経験からでは得られないチャンスを得たとも言えます。

30年も昔のその「Clean Base With」

画像(600x409)

その「Clean Base With」が、
初代のKeePerの研修スクールとして、一時期は、技術研修の中心で、
今の大府の中央トレセンが出来てからは、
機械類の倉庫として在りましたが、
不便であったと同時に、使わない地下タンクが埋まったままだったので、
確率的にはゼロに近かったとしても油漏れのリスクは、
私が社長を承継した時点で整理すべきリスクの一つとしていたのです。

KeePerが生まれる為の大きなきっかけの一つClean Base Withが、
無くなりました。しかし、その反面、リスクも消えました。
世代の交代を強く感じさせられる出来事でした。

画像(600x397)

帰りに私達の全ての意味での一号店「刈谷店」に行きました。
この店は3回全面改装しています。

画像(600x397)

一級技術資格石井スタッフと一級技術資格石田スタッフ。

画像(600x397)

頼りがいのある富上副店長

画像(550x364)

遅い昼食中の一級技術資格百合草シニアスタッフ。

画像(550x364)

すっかり店長らしくなった矢下田店長

画像(550x364)

ついでに、とっても若い【LABO大府店】に行きました。

貫録の大島チーフ、一級技術資格川上スタッフ、若手ナンバー1の出世頭桑鶴店長

画像(640x423)・拡大画像(650x430)

大府店は若手の宝庫ですね。
一級技術資格加古スタッフ、一級技術資格佐藤スタッフ。
若い彼らを見るとひしひしと世代交代を感じます。

画像(600x397)

Posted   パーマリンク

2019年11月08日(金)

11.08. 1.15*1.15*1.15*1.15*1.15‥か、0.85*0.85*…

これから先、何を求めて生きて行こうか。
そんなことを、ふと、考える時があります。
行動の目標は5年後、6年目に2倍。
とりあえず2倍
これは毎年120%目標でずっとやって来て、
でも最近は大体115%止まりなので、
1.15*1.15*1.15*1.15*1.15=2.011357となって、
意外と行ける。

毎年15%増加すれば、
5年間頑張って、6年目に2倍ならば本当にやれる。
今考えて、今やれる事を、毎年5年間実現するように具体的に行動すれば、
自動的にやれる事になっているのです。
本当にそう思っています。

人間の発想は、何かを実現しようと具体的に行動していると、
実際に115%の成長を果たすと共に、
その発想が115%大きくなるのか、
あるいは、見えるものが115%増えるのか、
不思議と前年より115%分も余分に成長する行動を目標としています。

しかし、ここまで会社の規模が大きくなってくると、
どうしても大企業病みたいな症状が出てきて、
成長が止まる危険性が出てきます。
特に「分業化」が目立ってきて、
それぞれが自分の目の前の仕事だけを見て、仕事としての全体を意識せず、
仕事が持っている本来の目的を見失って、
目的と反した結果を出すことも見受けられるようになっています。

いい気になって場合ではありません。

大企業”病”とはウィキペディアによると
「経営者と従業員の意思疎通が不十分となり、
組織内部に官僚主義、セクショナリズム、事なかれ主義、
縦割り主義などが蔓延し、組織の非活性をもたらす。
社員は不要な仕事を作り出し、
細分化された仕事を”こなす”ようになる傾向がある。」

まさに我が身の事ではないか。

今の115%成長を当たり前に思って、
「細分化された仕事をこなすようになる」と
その非生産性から、
逆に15%の衰退がはじまると、もう止まらず、
0.85*0.85*0.85*0.85=0.522006となって、
5年間で半分になって、たぶん倒産する。
+15%なのか、-15%なのか、
その時々の差は、小さいが、
5年後の結果は、実は、2倍なのか、半分になっているのか、
4倍もの差になっている。

Posted   パーマリンク

2019年11月07日(木)

11.07.突然の冬、空っ風で車が汚れます。11月も意外と・・・

ついこの間までスーパークールビズでノーネクタイだったのに、
11月に入って午後4時くらいになると
外が暗くなってしまうほどの陽の短さに驚いている内に、
あっという間に冬になってしまいました。
朝と夜の寒暖差が十数度もあって、
体調を崩している人もいます。
ぐっと冷える時に一枚着こむのが遅れてしまったりするといけません。
空気の乾燥も喉にきますね。
私も熱を計っても36度台で平熱なのですが、喉がむずむずして、
つい咳をしてしまいます。マスクを欠かせません。

空っ風が吹くこの時期、
コーティングマインドはあまり盛り上がっていませんが、
逆に洗車は多くなります。
KeePerコーティングは「汚れも弾いて キレイが続く」なので、
ちょっと強めの雨が降ると、
埃汚れが雨と一緒に弾かれて、流れ落ち、
かえってキレイになってしまうことは、
KeePerコーティングを掛けている多くの人は経験していますが、
逆に空気が乾燥している今の時期、砂埃がボンネットなどに乗って、
運転席から見るとひどく白く見えて「洗車したいな」と思うのです。
特にこれからは「黄砂」が飛んできて、車を汚します。
だから、
洗車の台数は結構多くなるのが普通です。

そして、もう来月は12月なので、
12月は平月の二倍のお客様と仕事量があるので、
「12月は混雑するので、
KeePerコーティングをやっておくなら、今の内がいいですよ。」
とは、
意外と説得力があるようで、
意外とやらせていただけます。
だから、11月のキーパー施工実績は意外と多いのです。

それに加えて、
新車を買われた時に
カーディーラーで新車コーティングを買っている人は、
「新車買った時にコーティングやっているから・・・」と、
すでにコーティングに大きなお金を払っているので、
頑として、キーパーコーティングは要らないとおっしゃいますが、
ほとんどすべての人が「水ハジキがもうかなり落ちてきている。」と思い、
「もう効いていないかも・・」と不安も持っています。
そんな方に、
こんな洗車用のパウチをお見せして、
「どんなコーティングでも、コーティングした最初の状態に戻せますよ。」
と、「ミネラルオフ(艶パック)」をご案内すると、
カーディーラーで新車コーティングをやったばかりに
いつまでも洗車だけで、
より大きなご満足を得られないままのユーザーに、喜んでいただけます。

乾燥でお車が意外と汚れる11月は。
意外と、KeePerコーティングも、ミネラルオフ(艶パック)も、
意外と需要のある月なのです。

画像(450x640)・拡大画像(563x800)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.