谷 好通コラム

2017年01月21日(土)

1.21.約束とは損をしても守ること

今朝の深夜というか早朝、午前2時から
トランプ新大統領の就任式がありました。
その式典の中に宣誓式があります。
宣誓するということは、
アメリカ国民に対しての忠誠と全力の努力を約束したという意味です。
その約束は多分に精神的な部分が多く、
具体的な行動の約束をする訳ではありませんが、
真剣な本気の約束なのでしょう。

つまり
約束というものは、
どんな理由があっても守るべきものであって、
約束を果たす時点で、事態が思わぬ変化をしていて、
約束をそのまま果たすと、
自分が大損をするような事態になったとしても、
あるいは逆に約束を果たさずにいれば、
大きな得をするようなことになって、約束を破ったとしたら、
この人は約束をしたことにならない。

約束を守って得をするならば約束を守るが、
約束を守ったら損をするので約束を破るとするならば、
その人は約束のあるなしにかかわらず、
得をする行動を選ぶのだから、
約束をしたことは最初の時点で全く意味がなく、
約束をしたことにはならない。
約束とは関係なく、
その人はただ単に自分の損得で自分の行動を決めるだけだ。
約束をしたとしても、それは最初から嘘であり、最初から裏切りである。

約束とは、その約束を守ると損をするとしても守るのが約束であるし、
約束を破った方が大きな利益が出るとしても、
約束は破らないからそれを約束と言える。

約束は、約束をしたのだから、その結果の損得にかかわらず、
約束通りの行動を取ることが約束をしたことであり約束を果たすことになる。

世の中には、信頼をもらって約束をしたのに、
その約束を破ると莫大な得があるので、
色々と屁理屈をこねて、
あたかも約束を破るのが正当であるかのような詭弁を弄して
恥知らずにも約束を破って大金を得、
涼しい顔をする厚顔無恥な悪人がいる。

自分の損得で約束を果たすか破るのかを決めるのならば、
それは約束とは言わず、ただの嘘であり、ペテンでしかない。

約束とは、
その約束を果たすことによって
損をするか得をするかに関わらず、
たとえ損をすると判っていても守るのが約束であって、
自分の損得で約束を守るか破るかを決める輩がいるとしたら、
それは恥知らずな詐欺師である。

トランプ新大統領が、そんな卑劣な奴でないことを切に祈ります。

今日は夜まで東京でした。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

Posted   パーマリンク

2017年01月20日(金)

1.20.幸運に身を任せて、とりあえず広島に行く

今日のテレビの星占いは「一番の幸運」でした。
星占いそのものはあまり気にはしないが、幸運の日には期待したくなります。

今日は午前にお客様を応対の後、昼ご飯を食べに行こうかと考えた時、
はたと思いつきました。「広島に行こう。」

何日か前に広島に出た新物件を見に行こうと思ったのが、
その日”雪”が愛知に降り、広島にも降ったので広島行きを中止したのですが、
いったん中止してしまうと、他の予定が次々に入ってきて、
なかなか次の日が出てこないものです。
しかし今日の昼2時からの予定をドタキャンさせてもらって、
今から広島に行けば、何とかまだ明るいうちに物件が確認できます。
これをのがすと、2月に入ってからのいつになるか分りません。
そう思い立ったら、すぐに行動です。
何しろ、今日の私は一番の幸運だったのですから、
少々の無理をしてもぜったいに大丈夫です。

予定をしていた先にドタキャンをお詫びして、次のアポイントを決めた上で、
連れ合いに付き合ってもらい、速攻で名古屋駅に走りました。
ところが、今日は金曜日だからなのか、
駅前の駐車場「クリスタル」が”満車”で、入れません。
少しイライラっときましたが、
100mくらい離れたもう一つの大きな駐車場「オオタケ」に行きましたが、
ここも混んでいて、4階まで上がっていって、
空いているスペースを見つけたのですが、
後ろから来た車がスッと入ってしまった。再びイライラっときます。
それでも、なんとか5階に停めることができましたが、
久しぶりの「オオタケ」は、駅からひとしきり遠くて、
かなりイラッイラッとしながら、
足を痛くしながら、名古屋駅のミドリの窓口までたどり着きました。
しかし、どういうことなのでしょうか。
ミドリの窓口に人がいっぱい並んでいます。
「あれっ?」と思うほど混んでいるのです。

たぶん、並んでいる皆さんは、
キーパーラボのスタッフと同じように、
年末が忙しいサービス業で、年末明けのヒマになってから、
たとえば一週間休みなどの休暇をもらって、
空いている観光地に遊びに行くところなのかな?
なんて思ったら、
嬉しくなってしまって、
先ほどまでイライラっとしていたのに、
すっかり普通に戻って、
今、気分よく広島行きの新幹線に乗っています。

今のシーズン、どこかに遊びに行く人は、
私たちの仲間と同じように、
年末に休まず、忙しかった人です。
そういう意味でみんな仲間です。
そう思ったらすごくうれしくなったのです。


広島は、前からずっとキーパーラボのための不動産物件を探していたのですが、
山に囲まれた地形の広島は平地が少なく、
物件がなかなか出てこず、困っていたところです。
だからこそ、何とかいい物件ならば活かしていきたいところなので、
今日の私の一番の幸運が利いたとしたら、最高です。


新幹線の中から関ヶ原から伊吹山。
ここは、雪雲の通り道なのか、冬の間、ずっと雪があるところです。
それに加えて、この間の大雪で真っ白です。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2017年01月19日(木)

1.19.MBOとか、もっと勉強しなきゃいかんのですね。

今日は、ある経営コンサルタント会社が主催するセミナーに参加しました。
そこで私の独立してからの話とか、
コーティングの話とか、
このビジネスがストックビジネスであることの意味とか、
なぜIPOしたのか、
IPOしてどうだったのか、など
いつもの仕事の話とは違い、IRとも違うストーリーで、
慣れない話を、それなりに一生懸命話をさせていただきました。

1時間あまりの話の後の質疑応答で、
いろいろとご質問をいただきました。
「敵対的買収に対する防衛策はどのようにされていますか?」とか、、
普段あまり聞かれないことを聞かれました。
敵対的買収? そんなことあまり考えたことがありませんでした。
しかし、上場したからには、
そういうこともきちんと考えて、
対抗策、防衛策を講じておかなくてはいけません。
というよりも、まず、
敵対的買収とか、M&Aとか、
MBO(management buyout)とかなんとかの、
金融用語というのか、
マネーゲームっぽいことのお勉強を、初心に帰って勉強しなくてはいけません。

正直言って苦手です。
私は損益計算書(PL)ゃ、貸借対照表(BS)もある程度読めますし、
キャッシュフロー(CF)は、昔、会社がまだ小さい時、
資金繰りがいつも厳しかったので、
お金の出入りは頭の中にレジスターがあるかのように、
直観的に資金繰りするような習慣が出来ていて得意です。
つい最近まで大体のキャッシュフローは頭の中に入っていたのですが、
IPOしてから経理課がそれまでとは違う忙しさになって
数字がこちらまで見えなくなったので、
私も頭の中のレジスターも見えなくなっています。
これは本来ならば逆でなくてはならないのに、これは問題です。

いずれにしても、
PL、BS、CFは、十分ではないながらも分っているつもりですが、
株式に絡むM&Aとか、MBOとか、
解らないことをいつまでも放置せず、
ちゃんと勉強していこうと、
質問にまともに答えられなかったことが恥ずかしかったと同時に、そう思いました。

Posted   パーマリンク

2017年01月18日(水)

1.18.東京トレーニングセンター、東京営業所、東日本支社

東京トレーニングセンター、東京営業所、東日本支社

3つの呼び名がありますが、
これ全部、新小岩の元カーディーラー跡を改造した一つの設備です。

「東京トレーニングセンター」とは、
文字通りKeePer施工技術のトレーニングセンターで、
普段は「東京トレセン」と呼んでいます。
関東と北関東のみなさんが研修に来られます。
東日本にあるキーパーラボに働く新入生もここで技術研修します。

画像(550x412)
画像(550x412)

「東京営業所」とは、神奈川を除く関東一円を担当する営業の拠点で、
営業スタッフはトレセンでのインストラクターを兼ねます。
IR的に言うと「KeePer製品等関連事業」の関東の拠点です。

画像(550x412)

「東日本支社」とは、北海道、東北、甲信越、関東における営業部門と、
静岡の大井川を境に日本の東側にあるキーパーラボを統括する拠点です。
つまりKeePer技研鰍フ東日本の全ての運営をつかさどる基幹的拠点です。
そんな大切な機関ですが、
東京営業所の中の机に支社長がいるだけです。
それが常務取締役の賀来支社長。

画像(500x375)

KeePer技研鰍熨g織が大きくなってきて、
全国にある10か所の営業所と49店舗のKeePerラボを、
東日本と西日本の二つの組織で直接部門を運営しているのですが、
総務、経理、管理などの間接部門を全部本社で一括してやっていくのは、
細部にわたる意思の疎通が欠けてくるので、これ以上は無理であると考え、
間接部門の支社への移設を検討し始めています。

それが出来ると、
名実ともに、東日本支社、西日本支社の名の通りの機能を持ってくるはずです。

そんなことを考えながら、
今日はとりあえず、何年ぶりかで、近所の居酒屋「初美」で、
若い子たちとみんなで飲みました。

画像(550x412)

Posted   パーマリンク

2017年01月17日(火)

1.17.久しぶりに東京に来て、やっとエンジンがかかりました。

先日、このブログで矯正靴のことを書き、
その奇跡のような靴を造ってくれたのが
「カースティン・リーヘ」というドイツのマイスターであると書きました。

彼の奥様からメールをいただきました。
彼のことを「マイスター・リーヒェ」と書いてあります。
お名前は電話で聞いたので「リーヒェ」を「リーヘ」と聞き間違えたのは
勘弁していただくとしても、
彼がマイスター称号を持っていることを知っていて、
「マイスター・・・・・・・」と書かなかったのはまったくの失礼でした。

SONAXのマンフレッド・ピッチ氏がドクター(博士号)なので、
私は彼のことをいつもドクター・ピッチと書いているように、
靴製作の名人カースティン・リーヒェ氏を、
私は今後、彼をマイスター・リーヒェと書くべきです。


お正月も終わって、もう半月も過ぎているのに、
私はまだ正月ボケから覚めていませんでした。
新年会で一度ビシっとしたつもりでしたが、
寒波が連れてきた雪で、私はまたコタツにもぐりこんで、
正月ボケに戻ってしまったようでした。

今日、新幹線に乗って東京に出張してきて、
やっと、仕事モードに戻ったようです。

でも大雪でふもとまで真っ白になっているかと思った富士山は、
意外と普通の富士山でした。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.