KeePerインストラクターブログ

2019年08月01日(木)

「敷かれたレール」 堀 [技術開発部]

「暑い!」と、つい、口をついてしまうのは、皆様一緒でしょうか?

鉄道会社に勤務されていたある人。今は、とても身近で、すごいバイタリティを見せてくれて、いつも元気をくれます。

その人に訊きました。

「何で、あの鉄道会社を辞めてしまったのですか?」

その人はすごくまじめな顔で、「敷かれたレールに乗るのが嫌だった!」と、言った後、これ見よがしの得意顔で「わははは!」
と、豪快に笑っていました。

冗談なのか、本気なのか、その時はわからなかったのですが、今のその人を見ると、「本気」だったことは容易にわかります。

敷かれたレールで安泰を感じる人。
敷かれたレールにつまらなさを感じる人。

自分だったら、その答えに即反応はできないと思う。

ただ、敷かれているレールのずっと先は、どうなっているのか見えないものです。






画像(550x550)・拡大画像(640x640)


あ、私はそもそも「レールに乗ったね」と、言われたことも、思ったこともありませんでした^0^



開発課 堀

Posted by 技術開発部 at 12時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月23日(火)

「車と人に関わり続けて」 堀 英明 [技術開発部]

天気予報に、待望の「晴」マークが連なり始めました。

今年は日本中、どんな業種の方も、この予報を待ちわびたことと思います。

やっと、「夏」が来る。

コーティングをして、夏の空を車にプリントです。


私は、10代の頃に勤めた車の鈑金塗装屋から始まり、ウインドウフィルム、ボディのへこみを復元させるデントリペア、車の買取販売、リペア補修など、車に関することを中心に、たくさんの会社にお世話になりました。

色んな知識と経験は、今でもしっかり役に立っていて、一つも無駄にはなりません。

中でも、鈑金塗装の経験は全てのことにプラスになっていて、いかに上手に直してあったとしても、小さなきっかけから、どこがどのように直されて、どのように破損していたのか、レントゲンやMRIでも使ったように、見えてきます。

そんな「目」を活かして、いろんなことをしてきましたが、「わぁ、すごく見違えた!今までと全然違う!」
「あれから、洗車が楽だし、きれいになるし、やってよかった」
と、とても喜んでいただけるのは、今携わらせていただいている「コーティング」だけでした。

もちろん、キズを直したり、へこみを直したりしても喜んでいただけますが、「元に戻った」までの、お客様の想像の範囲内での、安堵の喜びです。

マイナスを、0に戻したまでの喜び。

ところが、「コーティング」の場合、その0をプラスにまですることができ、その仕上がりはお客様の想像を超えて、どこまでもプラスになり、喜びも、驚きや感動、と、私たちまでうれしくなってしまうほどです。

私たちは「自信があります!」と、言います。技術、知識、経験、ケミカル。すべてそうです。

そして、それをジャッジしてくださった今日までのお客様の笑顔があるからこそ、「喜んでいただける」自信があります。

どんなことでも、どんな案件でも、是非、ご相談ください。


夢はでっかく、一度は施工してみたい巨大なボディの

画像(550x550)・拡大画像(640x640)

飛行機!!


画像(550x550)・拡大画像(640x640)
画像(550x550)・拡大画像(640x640)


まさかね・・、とは思いますが、飛行機といえど、「塗装」されている以上、チャンスはあるはず。

ふふふ、いつの日か!




Posted by 技術開発部 at 22時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年09月13日(木)

良い思い出って [技術開発部]

今、東京都の町田市にあるビジネスホテルにいます。

町田は、私増田の学生時代に住んでいた最寄駅と同じ小田急線が停まるので、
良く行く機会があった思い出の場所の1つです。

学生時代の思い出がたくさん蘇り、とてもなつかしく感じます。

楽しい思い出、感動した思い出、悲しい思いで、甘い思い出など
たくさんあります。
思い出すと、なつかしい気持ち、温かい気持ち、少し寂しい気持ち、
が混ざり合った、少し複雑な気分になります。


そんな中、ちょっと気付いたことがありました。
自分にとって、良い「思い出」って、
案外「一生懸命頑張ったこと」が一番強いかもしれません。

私は、中学、高校、大学と部活動をしてきました、
それぞれ比較的厳しい方で、練習やそれ以外のこともきつく、
辛く苦しかったことがたくさんあります。

でも、それは今では、とても良い思い出と感じています。
当時の仲間たちと会えば、そんな昔話で、話が盛り上がります。

きっと、自分なりにですが目標に向かって一生懸命努力したことで、
例え目標通りに完全に到達されないことがあっても、
得ることがたくさんあったのだと思います。
また、一人でなく、仲間たちと思い出ならさらに最高です。


逆に、悪い思い出は自分の弱さに負けた時の思い出かもしれません。


これから、もっとたくさんの仲間たちと良い思い出を多く重ねていけると
いいなって、ふと町田のホテルの中で思いました。

キーパーコーティングを通じて、よりたくさんの幸せと笑顔ができますよう、
より一層努めていきたいと思います。


増田

Posted by 技術開発部 at 01時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年06月28日(木)

SONAX訪問 [技術開発部]

ダイヤモンドキーパーケミカル等を共同開発しているSONAXへ
合同テストのため行かせて頂きました。
SONAX社はドイツ南部にあるノイブルグという街にあります。
(ノイブルグとは日本語で新城という意味で愛知県の新城市と世界の新城市を集めた新城サミットを6回開催しています。何を話し合われているかは不明です。)

画像(320x240)・拡大画像(490x368)

ドイツでは2日間テストを行い、
SONAX社のホフマン社長もテストを見学に来ていただき、
Dr.ピッチさんを含めて5名の方と一緒にテストを行いました。

画像(320x240)・拡大画像(490x368)

ホフマン社長は左から2番目の方です

SONAX社の工場内も見学させて頂きました。
とても広い工場でしたが、人が少なくほとんど機械で行われておりました。
世界でもほとんど導入されていない最新の機械もたくさんありました。

画像(320x240)・拡大画像(490x368)

続きはまた次回に書きたいと思います。


                                       尾形 嘉崇

Posted by 技術開発部 at 19時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.