KeePerインストラクターブログ

2020年09月04日(金)

磨くより、黄ばむ前がお勧め。 川添 椋 [大阪営業所]

皆さん、こんにちは。

9月に入り、今年も残り4か月ですね。
夏も、もうすぐ終わりです。

今年の夏は、1回も家で、嫌いなゴキブリが出ることは無く
平和に過ごしていたところ、先日、子供の頃、大好きだった
クワガタを家の前で見つけて、何年ぶりかに見るクワガタに
テンションが上がりました。

ゴキブリもクワガタも、見た目に大きな差はありませんが
何故ここまでも、違うんでしょうか。

さて、タイトルに書かれています
【磨くより、黄ばむ前がお勧め】とありますが
これは、お車のヘッドライトのレンズコーティングの事でして、施工店様の所で、アラカルト類の話をする際、フッ素ガラスコーティング・ホイールコーティング2は、任せて貰えるけど、ヘッドライトはと聞くと、あんまり無いと、よく聞きます。

お任せ頂けるパターンとしては、車検を受ける際に、ヘッドライトの黄ばみを取るというのが多い様です。

何層もの分厚く塗られた塗装に比べ、あとから手塗りされたコーティングよりも強いのは当然、と同じ様に、ヘッドライトのハードコートも後から手塗りする、コーティングよりも強いのは当然です。

紫外線等で、傷み黄ばんでしまったハードコートを磨き落とし、コーティングをしても、耐久性があるとはいえ、新品のヘッドライトの時に比べると、比較的早く、また黄ばみます。

だったら、その元々ある強くてクリアなハードコートを
コーティングして、1年に1度繰り返し行えば、黄ばむこともなく、磨く必要性が無くなります。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

施工方法は、コーティングの作業が同時に入っている場合は、爆ツヤ・爆白をボディに施工する際に、一緒にレンズ類も行います。

ボディの脱脂作業が入っていない場合は、アクアポリッシュでレンズのみを磨き、下地処理は終了です。

綺麗に下地処理剤を落とし、乾いた状態で施工します。
塗って拭いた後は、1時間の乾燥時間を置いて、完成です。

完成後は、ツルツルし、撥水も抜群です。

強いハードコートを守り、クリアな状態が保たれますので、まだ黄ばみが無いお車には、特にお勧めです。

自信を持って、お勧めして下さい!

Posted by 大阪営業所 at 19時31分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.sensya.com/keepre/tb.php?ID=4822

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

9

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.