KeePerインストラクターブログ

2019年11月22日(金)

相手のことを思う(想う)。(萩原) [東京営業所]

私の大切にしている言葉。
【相手のことを思う(想う)。】
この言葉は、私の人生において大切な場面で、とても大切な方からいただいた言葉です。

この言葉をもらった時のことは、今でも鮮明に覚えています。
ビジネスにおいても、夫婦生活においても、何においても相手の事を思った(想った)方が勝ち。
どこまできちんと真剣に、相手のことを考えられるのか?と言うところが勝負。

毎月たくさんの方々が、トレーニングセンターへKeePerコーティングの施工技術を、身に付けに来られます。
ご自身の大切な時間と、お金を掛けて。

どこまで真剣に相手のことを考えて、限られている時間の中で技術を伝えられるか。
ここが、大切な部分だと思います。
『このくらいだったら良いか。』とか『こんなもんで良いか。』と言ったような妥協した気持ちは、相手の為にならないので、できるようになるまで全力で伝え続けます。
それが、自分の時間とお金を使い、研修に来て下さっている方への、最低限のマナーだと思っているからです。

普段の生活の中でも、同じようなことが言えるのではないでしょうか。
相手にとって、直しておいた方が良いことは、伝え直してもらう。
それが、例えば自分とは全く関係ない人や、伝えても無駄だと思う人であれば、おそらく何も伝えずに黙って見過ごしてしまうと思います。
しかし、大切な人や、伝えることで素直に間違いを直してくれる人には、気付いたことは伝えるようにしています。

先日、長女と出掛けた際の写真です。
長女が着ていた上着が、裏表逆になっていました。

画像(309x550)・拡大画像(360x640)

ん‥??何でタグが、こんなところに付いてんだ。。

もし、これを伝えずにそのままにしていたら、この後色々な人から『あの子、裏表逆に着ているよ。』と思われ、恥ずかしい思いをするところだったので、もちろん伝えました。
長女は『もう!!早く言ってよ!!』と少し恥ずかしそうに怒っていましたが、すぐに上着の裏表を直していました。
これが、上着の裏表が逆と伝えても、一向に直さない娘だったら、どうだろうか。
おそらく、もう諦めて言わなくなるのだと思います。

以前、朝事務所を出発する際に、東京営業所のメンバーから『ちょっと待って下さい!上着の襟がめくれてしまっています。』と言われ、ササっと直してくれたことがありました。
その場では、少し恥ずかしかったですが、気付かずにそのまま外に出てしまっていたら、もっと恥ずかしい思いをしていたのだと、直してくれたメンバーに感謝したことがあります。

相手の為になるのであれば、嫌がられても怒られても、伝え続ける。
それが、相手のことを思う(想う)ことの1つではないのかと、感じたことがありました。

萩原 大介 No,168

Posted by 東京営業所 at 23時43分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.sensya.com/keepre/tb.php?ID=4723

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

11

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.