KeePerインストラクターブログ

2008年10月01日(水)

立場違えば otomeki [本社事務所]

当社は6月に16回目の決算をむかえ、9月には株主定時総会で株主さんたちに無事決算報告を終えることができました。

株主さんへの報告が済むと今度は銀行各社への決算報告です。
おかげ様で当社は多くの銀行さんにお声を掛けていただき、メイン銀行さんを除いては小額ですが各行さんに窓口を開いていただいている。

以前、ある金融関係の先輩から
「銀行へ金を借りに行くだけでなく、中間業績報告だとか決算報告にこちらから出向くと金利が安くなるぞ」といったような話を聞いたことがあるが、
当社もここ3年に亘って銀行さんから決算書の催促を受ける前に、出来るだけこちらからお声をお掛けしてお渡ししている。
今日は、そのような銀行さんが三行お見えになった。

一行目は都市銀行さん
都市銀行さんのお話は米国発信の金融不安の元となったサブプライムローンとか米国大手証券五社のうち三社が破たんや救済合併に追われている話に始終した。

日本の銀行さんも10年ほど前には、政府からの公的資金を受けて立ち直ったが、今の米国は同じ状態とのことのようである。

都市銀行さんの話はあまりにもグローバルすぎて、直接的には明日のアイ・タック技研と結びつく話は見当たらなかったが、近い将来、ジワジワとボデーブローのようにアイ・タック技研にも効いてくるかのような話だった。

二行目は第二地銀さんで愛知の銀行さん。
この銀行さんは開口一番「この頃は、あきません・・・」でした。

地元刈谷・大府市は、トヨタ自動車のお膝元豊田市にはおよばないが自動車産業に支えられている街です、この街がトヨタ自動車の減産を受けて大変な状況のようです。

銀行業務の一つが貸出ですが、この貸出がトヨタ自動車の減産で下請け各社の設備投資が無くなったようで、この春までの自動車産業業界の好況で精一杯の設備投資をした下請け会社も多くあり、米国の金融不安により北米向けの自動車の輸出が大きく落ち込んでいるのが原因のようです。
先程の「あきません」という言葉の真意がわかりました。

三行目は政府系の銀行さん
当社は愛知県の経営革新支援の認可を受けて快洗隊店舗の建築費用を政府系二行から低利で長期(10年〜20年)の借入が出来るようになり5年前からお世話になっている。

この政府系銀行も行政改革の一環で三行が10月1日より合併をすることになった。
合併といっても行名が変わったのとトップ三人が一人になっただけで業務、すなわち客先と制度融資は従前どおりで、本格的に合併するのは3年先くらい先のことのようです。

従って、この担当者は親方日の丸ということもあるでしょうが合併に対するアレルギーもなく、淡々と当社の業容を聞くにとどまった。

こうして、三行さんとお会いしてみると同じ銀行さんでも当面抱えていることに違いがありますが、聞く側としては不真面目ですがニュース解説を聞いているようで勉強になります。

Posted by 本社事務所 at 22時19分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.sensya.com/keepre/tb.php?ID=468

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

10

2008


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.